(ご感想)早速、彼が愛情だけでなく苦しさも表現してくれるようになり驚いています。



Aさんからご感想をいただきました!ありがとうございますー!!
元ネタはこちら。
「女性性豊かな人はプロセスが大事で、男性性優位な人は結果を重視するので「決め方」にも違いが出てくるもの」

こんばんは。女性性と男性性の決め方についてブログで回答頂いたAです。
職場での昼食中に自分の投稿に気づき、興奮気味に隣の仲良しの後輩に自慢しました!!

先生にネタとして喜ばれた&決め方を肯定して頂けたことが嬉しすぎて、プレゼントをもらった気分です。ありがとうございます!
言われてみれば、決断力を褒められ貫く姿勢を支持されることが多いと思います。いま、それが私の魅力なのかと発見できた喜びを感じています。
加えて、それを長所と言ってくれる友人家族同僚に恵まれていることにも気づき、「自分の人生は自分でデザインする」ということを教えてくれたのは両親だったなと改めて感謝…今度両親にはお礼を伝えておこうと思います。

そして実は私、昨年離婚したのですが、元夫との結婚も離婚もその決断はわかるという感覚でスタートしたものでした。そうはいっても離婚は苦しみましたので、こうやって採用され1年を振り返るきっかけを与えて頂くと、自己肯定感があがっていることがわかり、なんとも言えない満足感です。

現在は、次なる幸せを感覚的に捉えたことにより、情熱の女らしく個性的な野良猫彼の餌付け真っ只中です。
モロ男性性優位な彼と、女性性優位な私。お互いに相手の男性性や女性性を愛おしいと思い、自分のそれで相手をサポートしようとする関係だと感じています(もしかしてこれが相互依存関係か?と書いてて思いました)。

1月14日の痛みを越えて愛するの記事を読んだ後、おかげさまで、彼を選ぶ自分への理由付けが完結したところがあり、自分の中の男性性の役割(最後の決断の部分)が果たせ、次はコミットメントの力で、一気に「女性性を解放して受け取る」ことに集中しています。
早速、彼が愛情だけでなく苦しさも表現してくれるようになり驚いています。
あとは自然とふさわしい結果がついてくると、相手を信頼して(つまりそんな自分を信頼して)過ごせばいいだけかなと思っています。

長くなりましたが、益々のご活躍をお祈りし今後も投資させて頂きます。笑
本当にありがとうございました。

(Aさん)

あわせて読みたい