体の相性が合う、自分のセクシュアリティや過去のトラウマも含めて受容してくれるような、そんな関係性を求めています。



トラウマなどが原因で性的な興味を封印してしまっている状態から、本来の自分が求めているセックスができるようになるまでのプロセスを描いてみました。
まずは「自分に許可する」ということを目標にするのですが、できることは山ほどあるものです。

根本先生のブログを読み、自分も自武女なのでは?と気づいたアラフォーのシングルマザーです。
前夫とは結婚前からレスでした。これまで付き合ってきた彼氏とも、なかなか良いセックスの思い出がありません(痛かったり、自分本位だったり)。
女性がエロくてはいけないという思い込みもあり、必要以上に恥じらったり、清純を装ったりしてしまいます。
自分の育った家庭環境に思いを巡らせれば、母親と父親が不仲で、両親のセックスを目撃してしまったことが複数ありました(母親は嫌々やっていた)。
セックス=汚らわしいもの、というイメージが脳裏に焼き付いて、母親や父親そのものも汚らわしいと思っていた時期もあります。
また、幼いころから、痴漢やセクハラに遭うことが多く、それも性に対するネガティブなイメージにつながっています。
自分の中のブロックがあるのか、距離のある相手に惹かれやすく、女に興味がない人が私にだけ好意を寄せる、というシチュエーションが好きで、以前思いを寄せていたのも遠距離で仕事的な関係にあるロックマンでした。
一度は性を忘れて仕事や子育てに邁進していけばいいと思った時期もありましたが、根本先生のブログやワークなどを通して、本当は、セックスをとても重要視していると気づき、心がつながるようなパートナー、そして、体の相性が合う、自分のセクシュアリティや過去のトラウマも含めて受容してくれるような、そんな関係性を求めています。
日常生活ではなかなか新しい出会いがなく、セフレを探すのも違うし(体だけの関係がほしいわけではない)、婚活にも興味がない(婚姻関係がほしいわけではない)。女性用風俗も視野に入れていますが、一時しのぎにしかならないかもと感じます。どのように動いていけばいいか途方に暮れています。
長くなりましたが、ネタにしていただければありがたいです。
(Mさん)

「もしかして自分も自武女?」という気づき、素晴らしいです。
うちは「自立系武闘派女子とその被害者な男子」にしか響かないブログですので、「面白い!」と思われた方はもれなく自武女と思っていただいて大丈夫です!安心してくださいねっ!笑

さて、先日、とてもよく似たカウンセリングをさせていただきまして「もしかしてデジャヴ?」と思ってしまいました。その方も「性的興味は強い方だと思うがそれを出せない。このままで人生を終えるのはイヤ」という主張をなさっていました。

まあ、両親が不仲で、そのセックスを何度も目撃し、かつ、痴漢やセクハラによく遭っていなら性的なものに対する嫌悪感は相当強くなりますよねー。

ただ、そういう経験をするということはもしかしたらセクシャリティは元々豊かなのでは?と推測を立ててしまうのんですけれど、職業病ですよね、きっと。

過去記事でもけっこう出てきますけれど、セクシャリティが豊かな人って悲しいかな、そうした性的な被害に遭いやすい傾向にあって、逆に抑圧したり、嫌悪したり、封印しちゃったりするものが多いんですね。

参考)「問題と才能の現れ方~例えば豊かなセクシャリティを持つ女性はヒーラーであり、それがゆえに傷ついてしまう~」

まあ、まさに問題の陰に才能あり、という状態になるわけです。

けれど、こうした性の問題は社会的にもまだまだタブーだし、「恥」もあるし、誰かに相談することがはばかられたり、怖かったりするものですよね。(だからカウンセリングではこういうテーマが非常に多くなるのかもしれません。)

そして、実際にも性的なことを避けて生きることも可能ですから、その才能に気付かないまま年齢を重ねていくこともよくあります。

それで幸せなら全然問題ないと思うのですが、「あれ?もしかして?」と気づいちゃったりするとほんとどうしていいのか分からなくなります。

最近は女性用風俗も一般的になりつつあり、うちのクライアントさんでもヘビーユーザーな方もいらっしゃいますし、いわゆる「セフレ」がいる方とお話しする機会もありますけれど、気持ちが割り切れずに「心と心のつながりがほしい」と思い始めると、一気に虚しくなるものです。

そういう思いをすると「体目的の関係はいらん!」となりますが、「じゃあ、出会いを求めてアプリでもやる?でも、なんかやだ。」と思ったりもするわけです。

「どうしたら“ちょうどいい相手”と出会えるんでしょうか?」という相談はもしかしたら私が過去最もご相談いただいたテーマなのかもしれませんが、相も変わらずその相談が続くということは決定的にこれぞ!という方法がまだ見つかっていないんですよね。

で、中にはうまくいく人たちもいて、そういう方々に「なんでうまく行ったの?」と聞いてみるんですね。

そうするとほどんどの方が「なんでか分からん。何が良かったのか分からん。たまたまじゃね?・・・。・・・。あ!もちろん根本さんのお陰ですよ!(棒読み)」という感じの回答を返してくるので、まったくもって役に立たんのです!!

いや、方法論は無限にあるんです。
しかし、方法論ってのは心の状態(マインド)や自分のキャラにフィットしたときに力を発揮するものなので、アプリのシステムに合わない人が無理にアプリを頑張ると疲労感・徒労感ばかりが募るんです。

だから、カウンセリングではねちねちとお話を伺って「あなたの場合は・・・」という感じでいつもお話をさせていただくのですが、ブログでは少々一般論になることをご了承くださいませ。

性的なトラウマを癒す、というのも効果的な方法に違いなく、性的嫌悪感を緩和させてハードルを低くしていくアプローチです。

私がよく使う方法は「性的被害に遭ったときの自分を今の自分が抱きしめてあげる」的なもので、そうしてそのときに感じたネガティブな感情を解放していきます。

同時に「あたしがあたしを守る」という意識も芽生え、いい意味で自立することもできます。

性的なものに限らず、幼少期~思春期のトラウマの多くは「誰も私を守ってくれない」という背景があるものです。

そのとき、「誰も守ってくれねえんだったら自分で自分を守るしかねえ」と思って大いに自立した方々が後に「自立系武闘派女子」という称号を得ることになるのですが、ただ、そう思って自立を果たしたとしても「誰も自分を守ってくれない」という孤独感や寂しさが心の中に潜んでいることも少なくないんです。

特に性的なトラウマに関しては封印・抑圧・禁止することで自分を守ろうとすることが多く、自分でもそのトラウマをどう扱っていいか分からないまま、結果的に放置されてることもよくあります。

つまり、「無防備な状態で傷ついてしまい、その傷が手当てされることなく今に至っている」ということです。

中には記憶そのものを封印してしまうこともあって、カウンセリングを重ねていくうちに「え?そんなひどいことがあったの?」と思い出された方もいらっしゃいました。

だから、改めてその傷を癒すべく、大人になった自分が当時の自分を愛し、守り、慈しむ、ということをやっていくわけです。

また、「自分が自分に許可していないものは手に入らない」という法則もあります。

これは何に対しても言えることで、お金持ちになるにはお金持ちになる許可を出す必要があるわけですし、ライフワークを生きる許可を自分に下さなければいつまで経ってもライフワークを生きられないのです。

逆に言えば、今手に入れているものは、手に入れることを自分に許可したものだけ、と言えるんです。

「お金持ちになってもいいんだぞ!」ということを自分に教えてあげるのです。

だから、単純に「あたしが望む感じのちょうどいい男と出会う」ということをMさんが自分に許可してあげることがひとつの目標です。

でも、そういう話をすると「え?十分許可してると思いますけど?」と食い気味にツッコミを入れてくる武闘派女子が多いものでして、この辺の見極めってすごく難しいんです。(つまり、ああ言えばこう言う、という状態になってしまう。)

つまり、Mさんの場合、

>セックスをとても重要視していると気づき、心がつながるようなパートナー、そして、体の相性が合う、自分のセクシュアリティや過去のトラウマも含めて受容してくれるような、そんな関係性を求めています。

という状態なのですが、それに気づいたことはまず素晴らしいことです。

で、じゃあ、そういう関係性を自分に許せばいいんだよ!ということになるのですが、例えば、こんな風な思いって出てきません?

「そんな男、どこにおんねん。おらへんやろ?」
「そんな都合のいい相手を求めるなんてわがまますぎひんか?」
「今さらそんな人とどうやって出会えばええねん!無理やろ?」
「もしそんな男がおったとしてもうちのことなんて好きになってくれへんのと違う?」
「そんな男に誘われてもあたしは素直に受け入れられへんかもしれん」

こうした思いが出てくるってことはまだまだそれを自分に許してない状態です。

それを自分に許せたならばそういう思いは全部ひっくり返って「絶対おるわ。」という思いが出てきます。

しかし、Mさんの場合は様々な性的嫌悪感につながるできごとに遭遇してきましたから、それがハードルになっちゃうんです。

例えば「今の彼とのセックスでいざ挿入となると、昔のイヤな思い出がよみがえってきて一気に冷めてしまう」というクライアントさんがいらっしゃいましたが、ずいぶん昔のことで相手も違うと頭では分かっているのに「体は忘れてない」んですね。

だから、「あたしはきっと性に奔放でセックスが大好きで性を充実させたいのじゃ!」と思っていても、なかなか自分にその許可が出せなくなるのです。

で、そうなるとトラウマを癒すってさっきの話に戻るんですが、それだけでなく自分でできることも山ほどあるものです。

例えばイメージ戦略なるものがありまして、最近だと女性用のアダルト動画もたくさんあるそうですから、「愛し合うカップルのセックス」を動画を通じて知ることもできます。

そうして「ああ、そういう世界があるんだな」ということを自分の潜在意識に教えてあげるわけです。

その上で、妄想になっちゃっても全然いいので「素敵な彼とつながるシーン」を想像してみます。

たぶん、そうすると体に反応が起こると思うので、その感覚をただ味わいます。(そこでネガティブな思いが出てきたら、そんな自分を「大丈夫よー」と抱きしめて安心させてあげてください。)

また、セルフプレジャーというか自主トレというかセルフラブというか要するにオナニーを丁寧に行います。
そのときは「理想の男性を受け入れられる準備をする」という意味付けをすると抵抗も少なくなるかもしれません。

よくカウンセリングでも提案しているのですが「自分の体を自分が愛してあげる」ということもすごく大事です。

特に胸だったり、お尻だったり、デリケートゾーンだったりってのは女性のシンボルと言える場所であると同時に、ふだんは表に出さない箇所ですよね。

そこをちゃんと愛してあげる(優しく手で触れてあげる)などは、自分が大人の女性であることを受け入れる大切なレッスンなんです。(デリケートゾーン専用のクリームとかあるんでしょう?)

表に出る箇所(顔とか手とか脚とか)は人目を気にしてちゃんとしているのに、隠れている場所は放置プレイをしてる女子も意外と多いですから、ちゃんとそこに意識を向けてあげるんです。

さらに、理想のセックスを言語化して文章に起こしてみるのも効果的です。
頭の中でイメージするだけでも効果がありますが、それが目に見える文章として現れると視覚効果も手伝ってさらにリアリティを感じることができます。

要するに「官能小説を書いてみる」ということになるのですが、がっつりと小説風にしなくてもプロットを描き出すだけでも構いません。

絵が描ける方はそのシーンを描いてみるのもいいですね。

「じゃあ、そういう彼ができたときってさ、どんな服を着て、どんな下着を着け、どんなメイクをしてると思う?」って想像してみてください。

そして、そこで浮かんだイメージに沿った服、下着、メイクを日常にしてみましょう。

これも案外効果抜群だったりします。

トラウマを癒すのはカウンセリングなどの場でいいと思うんです。
辛い記憶を一人で扱う必要はありませんから。

だから、ふだんはこうした「性的な喜びを自分に許可する」ということに取り組んでいれば大丈夫です。

そして、Mさんが求めてる関係を“手に触れられるくらい”リアルに感じていくようにするんですね。

そうするとまず日常が楽しくなってくるし、表情や雰囲気も変わっていきます。
どんどん「女であること」が面白くなってくるんです。

そしたらまた世界が変わるので見える景色も変わるし、出会いだって変わってくると思うのです。

◎女性性とセクシャリティとサレンダーとコミットメント~実習メインのグループセッション~
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/43397

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)
また、感想を送ってくださったり、SNSで感想をつぶやいてくださったりすると根本がめっちゃ喜びます!

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

また、お弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。
(こちらの方が圧倒的に採用率&回答率が高いです!!)


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!

『(準備中)』


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)

(準備中)


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

1か月通じて一つのテーマにてお届けする講座スタイルのオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい