30過ぎて未だセックスが怖いのですが、セックスを好きになるにはどうすれば良いのでしょうか?



怖いには怖いなりの理由がありますし、好きじゃないモノを好きになろうとする必要もありません。
その怖れがどこからやってきているのか?なぜそれが出てくるのか?にフォーカスを当てていきましょう。
そのカギは多く、思春期にあることが多いものですが・・・。

根本さん、こんにちは。
いつもブログ、書籍、voicyなど、楽しみにしています。
私はずっと長い間自己肯定感が低く、3年ほど前から根本さん始め様々な書籍を読んだりして、だいぶ上がってきたように思います。

でも、女性の自分というところだけ、自己肯定感が上がりません。
30過ぎて、未だセックスが怖いのです。
キスやハグはできるし、大好きです。でも、セックスとなると急に怖くなります。
セックスをしている自分を想像したり、セックスしたいと思う自分がとても気持ち悪く感じてしまいます。自分の体もすごく嫌いで、汚く感じてしまいます。
また、好きな男性でも、性欲が高まっていよいよって時のあの獣のような目をされると、途端に怯んでしまいます。「結局お前もそういうクチか」って言いたくなっちゃうんです。だから、なんか男の人自体が気持ち悪く感じてしまいます。

なので、まだセックスは1回もしたことがありません。性的なことに興味を持ったのは周りの友達よりすごく早かったのですが(父親の持っていたグラビアや性的な本などを盗み見していました笑)、経験は一番遅い状態です。
結婚してる友達などを見ると、「すごいなぁ。大人だなぁ」と思い、自分だけどんどん置いていかれるような気持ちになります。

セックスを好きになるにはどうすれば良いか、アドバイスいただけると幸いです。
よろしくお願いします。
(Aさん)

昨日に引き続きセックスの話題。
続きときは続くものです。

Aさんと同じようなご相談もやっぱり多いものでして、「ほんとうの問題って何なのか?」ってところを見極めようと思うものです。

例えば、、、

「女性としての自信がもてない」ということが問題の本質なのか?

「他の人は経験しているのに、自分だけ取り残されている」ということが気になっているのか?

「経験がないことが劣等感になっていて強く自分を責めている」ということがパターンになっていないのか?

「ほんとうはセックスが好きなはずなのに嫌悪感があって先に進めないこと」がほんとうの問題なのか?

あるいはここには現れていない問題があるのか?

>セックスをしている自分を想像したり、セックスしたいと思う自分がとても気持ち悪く感じてしまいます。自分の体もすごく嫌いで、汚く感じてしまいます。

たぶん何らかの強い自己嫌悪があるんですよね。
それが「セックス」というものに映し出されているのかもしれません。

そもそも自分のことを「汚い、けがらわしい」と思っているとするじゃないですか。

この思いは思春期頃に非常に強くなり、それゆえ潔癖になってしまうこともよくあるものですが、その正体はセクシャルエネルギー(セクシャリティ)です。

思春期に女性は体に変化が現れ、生理も始まります。
どうなっていくのか分からない変化に怖れも感じますし、生理に対して汚い!気持ち悪い!という感覚も芽生えます。

その結果、自分はけがれている、汚い、臭い、気持ち悪い、というセルフイメージを持つことがあるんですね。

この大人の体への変化は「子どものままでいたい」という気持ちと激しく対立することも多く、情緒が不安定になりますし、自己嫌悪も強くなっていくのです。

性的なものに興味はあれど、怖いし、汚いし、けがらわしいと思うわけです。

それを男の人に投影すると「男の人は怖い、汚い、けがらわしい」と感じます。

でも、それくらい強い嫌悪感を持つってことは裏を返せばそれくらいセクシャリティが強いという証拠でもあるんです。

Aさんの場合は、やはり自己嫌悪からセックスへの嫌悪感が生まれてるのかな?という風に推測されます。

この性に関して、お母さんはどんなタイプなのでしょうか?
お母さんもまた性的嫌悪感が強い人なのでしょうか?

けっこう、この部分は一番身近な存在である母親の影響を受けるものですから、セックスの話題なのにお母さんについて詳しく聞いちゃうこともよくあります。

自分のことをすごく汚くて大嫌いと思っているとするでしょう?

そんな汚くて嫌いなものを、好きな人に与えたいと思いますか?

それがセックスを拒否する理由になることがよくあるものです。

Aさんと同じ悩みを持っている方がカウンセリングに来られたときの話です。

彼女もまた性の目覚めは早く、幼稚園くらいからそうと知らずオナニーをしてましたし、思春期には早くセックスをしたいと思うようになっていました。

しかし、習い事の先生に性的ないたずらをされたり、女子に変な噂を流されたり、痴漢に遭ったりしたのですが、母親が非常に性に否定的だったために一人で抱え込むようになります。

そして、彼女はなかなか大きくならない胸や童顔、そして、毛深いことにコンプレックスを感じるようになり、高校生くらいには自分の顔や体に強い嫌悪感を持つようになっていました。

ダイエットに異様に執着してみたり、メイクをめちゃくちゃ頑張ってみたり、ファッションで自分を可愛く見せようとしたりするくらい、自分のことを醜く感じていたのです。

好きになる人もいるし、好きになられたこともあるのですが、彼女はそんな風に自分のことを嫌っていたのでなかなか心を許せません。

何度かお付き合いした人もいるのですが、Aさんと違ってキスもハグも気持ちが悪いと感じてしまっていました。

それが20代に入ってどんどん悪化して、好きになることも好きになられることも気持ち悪い!と感じるようになったんです。

とはいえ、話してみると明るくて可愛らしい女子なので「モテそうだし、彼氏いそう」と周りから見られますし、「大人っぽい、色気がある」という風に感じる人も多いようです。

「まあ、詐欺師だわねえ~」と思わず言ってしまいました。笑

だから、Aさんと同じく強烈な自己嫌悪を癒していくことを目標としました。

この本や動画の中に「浄化の瞑想」と呼んでいるワークを紹介しています。

「いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本」(ディスカバー21)
*セミナー動画:『私の幸せを阻む「罪悪感」を「愛」で癒して「私」を自由に解放するワークショップ』

浄化系のイメージワークはけっこうたくさん持っていまして、そのワークを何度も繰り返し、自分でも自宅等でやってみることをお勧めしました。

また、自己肯定感をあげるべく、やっぱりいろんな宿題に取り組んでもらいましたし、母親との葛藤(←これがけっこう強かったんですね)を解消していくことをしていきました。

そうして「自分=汚い」というイメージを「自分=きれい」に変えていったんですね。

それで当初の問題は解決していきました。

心理的に見ると、そうした自己嫌悪というのは、思春期の頃に一番強くなり、それが収まる20歳頃には解消されていくことが多いのですが、母親との葛藤だったり、肉体的なコンプレックスだったり、何らかのトラウマがあったりすると、思春期のマインドのままとどまってしまうことがあります。

「いい大人なんだけど、その部分に関しては14歳で成長を止めちゃってるみたいだよね。14歳の女の子だったら結婚に憧れはあるけど現実的ではないでしょう?だから14歳の女の子を大人の女の子に成長させてあげることを目標にしましょう。」

パートナーシップに関する相談でよくそんな提案をするんです。

もちろん成長を止めるにはそれだけの強い理由があるはずなので、決して悪いことではありません。

問題の陰に才能あり、といつも申してますけれど、それくらい性的嫌悪感が強いってことは、たぶん、本質的にはセクシャリティが強いわけで、それを怖れて嫌悪感を使い、封印しているのかもしれません。

だから、セックスが怖い、気持ち悪い、と感じてしまうのは、そうした自己嫌悪が本質的な問題じゃないかと思ったわけです。

>セックスを好きになるにはどうすれば良いか、アドバイスいただけると幸いです。

好きじゃないものを好きになろうとする必要はありません。

例えば、子どもの頃、嫌いだった食べ物はありませんか?ピーマンとかニンジンとか。

それ、大人になって好きになりました?

それとも好きにならずとも「まあ、食べれんことはない」という感じでしょうか?

あるいは、いまだに嫌いなままでしょうか?

好き、嫌いって気持ちは感情なので、好きになろうとして好きになれるもんでもないんですな。

だから、そこはあまり触れなくても問題ありません。

「好きにならないように嫌っている」という状態もあるんですけれど、まずは、そうした自己嫌悪や劣等感と向き合うことから始めましょう。

ヴィジョンを描いておくのも有効なので、いくつか質問を残しておきますので自分なりに考えてみてください。

〇Aさんにとって「大人の女性」とはどんな女性でしょうか?

〇Aさんが憧れる女性ってどんな女性でしょうか?

答えがかぶっても構いませんので、頭の中に思い浮かべ、自由に描き出していただければと思います。

それを目標にしようと思わなくても構いません。

なぜならば、そこで出てくる女性像というのが「本来の私」の一部を表しているからです。それをただ感じているだけで良いのです。

「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)

自己肯定感を高める100の法則 ありのままの自分をすきになる最もシンプルな方法

◎女性性とセクシャリティとサレンダーとコミットメント~実習メインのグループセッション~
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/43397

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)
また、感想を送ってくださったり、SNSで感想をつぶやいてくださったりすると根本がめっちゃ喜びます!

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

また、お弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。
(こちらの方が圧倒的に採用率&回答率が高いです!!)


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!

『(準備中)』


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)

(準備中)


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

1か月通じて一つのテーマにてお届けする講座スタイルのオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい