大好きな夫がいるのに浮気・不倫を繰り返してしまうのはなぜ?どうしたらいいんでしょう?



夫のことが大好きなのに浮気を繰り返すって一見矛盾しているように見えますが、心の世界ではふつうに起こりうることです。
そうした心理的背景をいくつか紹介してみたいと思います。

根本先生はじめまして。
いつも心がつらくなったとき、心の拠り所としてブログを拝見させていただいてます!
過去の記事をたくさん読み漁り自分に向き合っている途中です。
今回自分の中で大きな変化の時期にあり、迷いがあったのでぜひネタに使って頂けたらと思います!

大好きな主人がいますが20代の頃から浮気・不倫を繰り返してしまいます。
私は30代前半、主人は30代半ばで、10年付き合い2年前に入籍しました。子供は欲しいのですが、まだいません。
過干渉な母と無関心・能天気な父の元で育ちました。
母の過干渉は現在進行形で、大人になってからは連絡はあまりとっていません。
昔からよく働く母で、愛してもらいましたが寂しい時期もあったように思います。

主人は会社経営をしており、大きな会社ではないので私が経理の補助をしています。
時短勤務のようなもので自由な時間が多いです。

主人と付き合い初めの頃は、自分にハマってもらえるようかなり努力しましたが、主人が一途に思ってくれていることが分かると、いつの頃からか違う男性とも関係を持つようになってしまいました。
主人は私にとって最良のパートナーなので、恋愛をしたいという思いは無く浮気相手は基本、体の関係のみです。
特定の人といても1年程で相手からの束縛や嫉妬に疲れ連絡を取らなくなります。
主人と入籍するまでそのような関係の男性が何人かいました。

入籍したら浮気なんて辞めよう、と思っていましたがうまくいかず。
最近まで2年程関係のあった男性がいましたが、彼も今までの方と同様の理由でお別れしたばかりです。
結婚もして妻になったので、しっかりと主人と会社を支えていきたいと思う一方で、関係を持つ男性を私が癒したい、助けたいと思っている自分がいます。

直近の彼は、単身赴任で家族と離れて暮らし、仕事に忙殺されていました。
家庭もうまくいっていないようで、奥様の愚痴を聞くこともありました。
そんな彼を見て、わたしが癒してあげたい。ここで生活する元気を与えてあげたいと思ってしまうのです。

不倫は初めてで相手の奥様の立場になって考えると自己嫌悪に陥ることが多く、勝手な理由ですが不毛な関係に疲れてしまいました。
彼のことを愛しているわけではないし何度も離れようとしましたが、彼の離れたくない、いつでも待っているから というスタンスに甘えてしまいなかなか離れることができません。

いい妻になりたい、主人と会社にとって役に立つ社員でありたいと考えています。
不倫なんてしたくないし、ほかの有意義なことに時間を使って自分が理想とする妻になりたいのですが、すぐに彼のもとへ戻ってしまいます。
私はどうしたら自分とうまく付き合い、先へ進めるでしょうか。
(Mさん)

なんでそういうことになっちゃうんだろうね?という心理的原因を探るのが趣味みたいなものでして、「そうしたいわけじゃないのにそうなっちゃう」のも「そうなっちゃうだけの理由」が心の中にちゃんと存在しているものです。

旦那様のことが大好きなのに不倫・浮気を繰り返してしまうのって一見矛盾してるように思えるのですが、心の中を見ていくと「ああ、なるほどね~」と合点がいくポイントが分かってくるようになります。

例えば、こんなケースを扱ったことがあります(オンラインスクールの記事で有料ですが)。

>>>「“夫を失いたくないから浮気を繰り返す”という心理~罪悪感をカモフラージュに使って何から目を逸らしているの?~」

理屈が通らないのが心の世界なので、Mさんのお話についても「なんか根拠があるんだろうね~。それを探って行って、これからの方針を考えましょうね~」という風に進めていくでしょう。

ということで、私が目を付けたのは次の箇所です。

>主人と付き合い初めの頃は、自分にハマってもらえるようかなり努力しましたが、主人が一途に思ってくれていることが分かると、いつの頃からか違う男性とも関係を持つようになってしまいました。

もしかしてMさん、「釣った魚にエサをやらない」主義ですか???

かつてそれは男性がよくやるパターンだったのですが、最近は女性もその傾向がみられるようですね。

なので、男は、女は、というわけではなく、自立している人は、とひとくくりにした方が理解が早そうです。

ということで私からの質問は

「ご主人が一途に思ってくれてることが分かったとき、どんな感情が出てきたんでしょう?」

ということになります。

安心したのか、達成感があったのか、それともなぜか嫌悪感や罪悪感や無価値感が出てきたのか。

一つの感情というよりもいくつもの感情が入り混じっているとは思います。

で、Mさんのお話を読ませていただいていろんな理由が浮かぶようです。

なので、その辺をネチネチとお聞きする、、、というか、事情聴取したいなあ、と思うわけですね。

ご主人はMさんにとってどんな存在なのか?
二人の関係はどのようなものなのか?
性生活に不満はないのか?

また、過干渉なお母さんの存在がどのようにMさんに影響を与えているのか?
お母さんが原因で親密感への怖れが強くなっているのか?

女としての自分ってどう思っているのか?
浮気相手の男性はどんなタイプが多いのか?ご主人と似ているのか?違うタイプなのか?

浮気相手とのセックスはMさんに何を与えてくれているのか?また、Mさんは何を与えているのか?

さらにツッコミを入れるならば、浮気相手がいるのにご主人が最良のパートナーと感じられるのはなぜなのか?
浮気相手がいてこそ、ご主人が最良のパートナーになっている可能性はないのか?

想定できることが実はいっぱいあります。
これだけで1時間のカウンセリングの3分の2は経過できそうです。

けど、それが分かればその先に解決方法も見えてきます。

さて、今、頭の中にざっくりとあらゆる可能性を思い浮かべたところ、それだけで本を半分くらい書けそうなのですが、今日はちょっと的を絞ってお話ししたいと思います。

どうしてもなんとかしたいぜ!と思ったら個人セッションなりグループセッションなりワンデーワークなりリトリートセミナーなりをぜひご利用いただくか、お弟子どものカウンセリングなどを受けてみてください。

揚げ足取り業を長らくしている私からすると、

>関係を持つ男性を私が癒したい、助けたいと思っている自分がいます。

この一文に目が留まるんですね。

「もしかしてMさん、ご主人との関係で無力感、もしくは無価値感を大いに感じてませんか?」と。

ご主人が経営者として敏腕で、頭の回転もよく、ついでに見た目もかっこよく、性格も抜群に良かったりすると、その側にいるMさんは「あたしじゃなくてもいいのかしら?」という無力感、無価値感を感じやすいものです。

ご主人を振り向かせようとして頑張ってたときはそれが目的だったわけで、無価値感などを感じてる暇はなかったと思いますが、いざ手に入ってしまったときにその感情が強く出てくるわけです。

「あたしにこの人の妻が務まるだろうか?」と。

そうするとその自信のなさを補うために「自分を必要としてくれる人」「自分が助けられそうな人」を見繕い、その人に与えることによって自分の価値を感じるわけですね。

ご主人のことが大好きで失いたくないから、そこで感じる無価値感を別の人で癒そうとする試みです。

こうした心理は「保険」という風に捉えることも可能です。

プレイボーイ/プレイガールの心理のひとつですが、本命の人を失うのが怖いから、別の人を作っておいて保険にするんですね。

また、その無価値感や無力感というのはご主人と出会う前からずっとあったものかもしれず(たぶん、それは母との関係ですよね?)、ご主人を振り向かせるためにMさんが何をされたのかも興味があるところです。

*動画配信/DVD:「無価値感を癒して今の自分に自信を持つためのワークショップ」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/45220

つまりはご主人といるときにMさんが必ずしも幸せを感じておらず、何かしら心の中に不安なり自信のなさなりを抱えていることを表しています。

それを「無価値感や無力感」と見たわけですが、他にも「罪悪感」という見方も存在します。

それは先ほど紹介したオンラインスクールの記事にあります。若干、難しくてすぐには理解しづらい内容なので興味があればじっくり読み込んでください。動画もありますし。

そんな記事に課金するなんてアホらしいと思われる方のために簡単に言えば、ご主人の前で「良い妻」を演じれば演じるほど、心の中には「罪悪感」が募っていきます。

良い妻でありたい、と思う裏には、ほんとうのあたしは良い妻にはなれない、という思いがあるからですね。つまり、そのままではダメで、良い妻になるためには頑張らなきゃいけないと思っているんです。

で、良い妻ではないことを証明するために罪を犯すんです。
そうして、罪悪感が罪悪感を呼んで、浮気をやめられなくなっちゃうんです。

・・・やっぱり難しいでしょ?笑
けど、この罪悪感からこうした行動に至ることはよくあるんです。

「夫はとても良い人だからこそ、私は悪い妻にならざるを得ない」みたいな感じで。

夫婦はバランスの法則で成り立ちますからね。

「いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本」(ディスカバー21)
*セミナー動画:『私の幸せを阻む「罪悪感」を「愛」で癒して「私」を自由に解放するワークショップ』
*心理学講座動画:『罪悪感と癒着の心理』

別の見方を紹介しましょう。

「親密感への怖れ」の表れの一つです。

過干渉な母を持つと今まで幾度となく解説してきたように、誰かと親密になることを怖れるようになります。

母に支配されたように、夫に支配されるんじゃねえか?と怖れるわけですね。

だから、一定以上は近づかないようにします。

つまり「これ以上、好きになったらヤバい!近づきすぎてしまう!」みたいな怖れが出てくるわけです。

もちろん、その怖れを怖れとして感じられたらまだ良いのですが、多くの場合、そこでは怖れはなかなか感じられません。

それで「これ以上、夫のことを好きにならないように、これ以上、夫に近付かなくても済むように」という作戦を練るようになるんですね。

そこで罪悪感を作っちまえばいいじゃないか!という名案を思い付くわけです。

そうして自分が最も罪悪感を覚える方法である「浮気・不倫」という形を取るんですね。

つまり、Mさんが他に男を求めてしまうのは「これ以上、夫と親密にならないため」という説が浮かぶわけです。

親密感への怖れってのをキーワードにするのなら、他にも様々な理由が考えられます。

「夫ともっと親密になったら、大嫌いな自分が出てきてしまい、関係を壊してしまう」

「夫ともっと親密になったら、今まで抑えてきた感情が噴き出してきて、二人の関係がおかしくなる」

「夫ともっと親密になったら、もっと依存的になって夫から離れられなくなる」

こういう風に考えるといろいろと辻褄が合ってきませんか?

自立系武闘派女子のための恋愛講座「親密感への怖れを癒す」

他の可能性も考えてみれば、まあ、無価値感といえば無価値感なのですが、「夫のことが好き過ぎて、夫の前ですべてをさらけ出すことができない。でも、浮気相手の前なら嫌われても平気だからどんな自分でも出せる」という心理もあります。

アンダーグラウンド化する大きな理由の一つです。

例えば、かつてある奥様は「浮気相手といるときは甘えまくり、わがまま言いまくりで、セックスも思い切り欲求をぶつけて乱れられるけど、夫の前でそんなことしたら嫌われてしまうからできない」と語ってくれたものです。

とまあ、まだ分かりやすい背景をつらつらと書き連ねてみましたが、このうちのどれか一つが当てはまっているというよりも、いくつもの要因が重なっていると思うのですが、逆に言えば、今のMさんの状況も心理学を通してみればちゃんと理由が説明できるってことです。

そして、その理由が分かれば対処方法も分かりますよね。

「やっぱり親密感への怖れですよねー。ってことはやっぱりお母ちゃんと向き合っていくのがいいだろうね?」

「昔から無価値感を強く抱えて来たみたいだよね。ってことはアイデンティティの確立を目指して自分と向き合っていきたいよね。」

「なんだかセクシャリティを封印してしまって、夫の前ではほんとうの自分を出せてないみたいだよね。そこを徹底的に許していこうか?」

ということで、とりあえず糸口になりそうな話を散りばめてみましたので、どれかピンと来るものがあればなあ、と思う次第です。

◎大阪:9/11(日)11:00-18:00 問題解決のためのワンデーセミナー~慢性的な問題と向き合って突き抜ける!~
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/45911

◎【9/3大阪、10/29東京】女性性とセクシャリティとサレンダーとコミットメント~実習メインのグループセッション~
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/43397

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)
また、感想を送ってくださったり、SNSで感想をつぶやいてくださったりすると根本がめっちゃ喜びます!

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

また、お弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。
(こちらの方が圧倒的に採用率&回答率が高いです!!)


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
『(準備中)』
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 
 (準備中)
 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい