いきなりシャッターを下ろしてきたロックマン氏に自立系武闘派女子はどう挑むべきか?(ちょっと上級編)~男性性で戦うな!女王様マインドを発揮せよ!~



自立系武闘派女子の皆さんは困難な道を好むが如く、ついつい難しい男に手を出し勝ちですね!
それは趣味趣向だから全然いいんですけど、そんなときついやっちまいがちなのが男性性同士の競争です。
大事なのは自らが持つ豊かな女性性を活かすことなんですよ。

根本先生、はじめまして。
だいぶ昔に、なにかしらのキーワードで先生のブログに出会って、目から鱗が落ち、それ以来の大ファンでございます。
色々拗らせている自立系武闘派女子なので、なにかと救われております。

さて、この度、ついにみつけた!ヘラクレス君!と飛びついた彼が、純度100%のロックマンであることが判明し、教科書通りの、仲良くなったあとの未読スルーをくらっております。
狼狽しつつも、勝手にロケットランチャーに手が伸びていますが、一応彼が大好きなので、引き金を引かないまま、構えの姿勢で静止(というか放置という自分的拷問)に挑んでいます。余計逃げますかね笑
とりあえず息止めて、音出さないように武器を装備。

それまでクソみたいなオレ様野郎ばかりと付き合ってすっかり荒んでいた私の目の前に、オアシスの泉のように現れた今の彼。
最初人当たりがいい紳士なもんだから、すっかり心酔し、お付き合いになったところロックマンであることが判明。付き合って4ヶ月目、だいぶ仲良くなったとたんシャッターがおりました。砂漠のオアシスにもシャッターあったのか…と絶望。
泉の底におぼれつつ、水中で細い筒を咥えて息をしながら、ロックマン攻略のために、水面下でその生態を改めて研究しているところです。
自武女なので、諦めるのはやること全部やってからだ、という、意味不明なテーマのもと、攻略研究中に、私自身がなかなかの純度のロックウーマンであることに気付きました。(遅い?)

そこで、根本先生に質問です。
お互いが親密というものに恐怖を抱く状況で、彼と仲良くなり、私が自分の岩を砕いて泉の前にたつ女神になるためには、まずなにからはじめたら良いのでしょうか?

過去の教科書を開け。全て書いてあると言われるかもしれませんが、結構パニクっているので、頭冷やすのに、冷水浴びさせてください。

(Aさん)

ということで、昨日に引き続き筋金入りの自立系武闘派女子様からの嘆きをお届けしております。

彼のようなロックマン氏は一般的に「心理的距離があるところではとても紳士だけど、ある一定の距離まで近づくと前触れもなくいきなりシャッターが下りる」という習性を持っているもんです。

そういう意味では「騙されたー!!」って思うかもしれませんが、シャッターが下りた時点ではけっこう好きになっちまってるので「さて、どのようにして敵の包囲網を突破しようか?」を考えるようになるんですよね。

しかし、それまでがクソみたいなオレ様野郎とばかり付き合ってきて、今回が超一流のロックマン氏ということで、Aさんはよほど人生にドラマと刺激を求めていらっしゃるのだろうと感心せざるを得ません。

めちゃくちゃやる気満々でこの世に生まれてきたのでしょうねー。すばらしい(棒読み)

そんな刺激的かつ過酷な恋を選び続けるということは、Aさん自身がめちゃくちゃ成長意欲が高いということで、自分がめちゃくちゃいい女であることを知っているってことですな。

いい女だからこそ、もっといい女になるべく、強硬な研磨剤で自分を磨き続けようとされているのでしょう。

そういうときには彼のことをうんちゃらかんちゃらするよりも自分自身の方にエネルギーを向けるのが基本中の基本です。

私がAさんのお話を読んで興味を持つのは次のような点です。

(1)なんでそういう男たちに惹かれるのだろう?失恋の影響?家族の影響?
(2)大失恋の経験だけでなく、その後の男遍歴について棚卸ししてみたい。
(3)女としての自己評価はどうなってる?自信ある?それともおっしゃるように無価値感が強くて過小評価しちゃってるの?
(4)優等生かつハードワーカーの陰に隠れやすい女性性やセクシャリティってどの程度開いてる?

この辺を切り口にあれこれ攻めていきたいわけですな。

ちなみに(2)に関してはセミナー動画が発売されておりますので、そちらをチャレンジしていただくことができます。

自立系武闘派女子のための恋愛講座~過去の恋を清算する、棚卸しと手放しセッション!~

親密感への怖れがあるってことは疑いもないわけですが、それに関してはまずは自分自身がオープンになることが最優先ですね。

自立系武闘派女子のための恋愛講座「親密感への怖れを癒す」

せーの!で一緒に心を開けたら平和なんですけどそんなことはなく、まずは自分が鎧を脱いで裸になった上で、彼を待つ、ということが大事なんです。

しかし、そこで「自分が先に鎧を脱ぐ」「彼を信頼して待つ」というところが自立系な方々にとっては大変怖いものです。

だから、その内側を強化していくことをやっていくんです。
それが自分自身にエネルギーを向けるってことです。

ここからは自分の魅力や才能を見ていくことになるわけですね。

例えば、彼のような傷ついた男を好きになったり、オレ様でお子様な男に振り回されたりするのって、「男を癒したい。助けたい。支えたい。」という女性性の強いエネルギーが内側にあることを表しています。

今までの彼だって困ったちゃんたちだと思うので、そんな彼の力になりたい、彼の安息地になりたい、彼を喜ばせたい、などと思っていたはずです。

無価値感や罪悪感があると、その女性性の強いエネルギーを逆に自分を傷つける方向に使ってしまいます。

犠牲、我慢、遠慮であり、自分が傷つくようなセックスばかりをしたり、女として自信を失わせるような言動を目の当たりにしたり。

個人セッションやグループセッションなどでは、そんな穢れを流すようなイメージワークをよくやっておりまして、セルフイメージを変えていくことを重視します。

ほんとは女神様であり、女王様であるのに、まるで自分を娼婦のような、洗濯女のような、奴隷のような扱いをしてしまっているんです。

また、Aさんは関係ないかもしれませんが、そうしたセクシャリティの抑圧から修道女になっている方も少なくありません。

だから、自らが持つ豊かで強い女性性とセクシャリティをちゃんと認めて自信に変えていくこと、そして、そのエネルギーが男性を癒す才能をもたらしてくれることを受け入れていくわけです。

・・・ここまでくどくどと書いてきましたけど、要するに「女としての自己肯定感をもっとあげるべし!」という毎度おなじみのことしか言ってないのかもしれません。(苦笑)

なので、とりあえず女を楽しみ、女としての自信をより高め、そして、自分自身を輝かせるべく好きなこと、楽しいことをいっぱいやっていきましょう。

そうして女の自分に自信を持つプロセスを進めながら同時にやっておきたいのが、彼に「愛」を贈り続けることです。

この愛を贈るという行為は具体的には次のようなことです。

・怖れが強い彼を信頼して待つ。
・コントロールを手放して、流れに身を任せる。
・女の魅力を解放し続ける。(恥ずかしさと向き合う=セクシャリティの解放)
・傷ついた彼を受け容れられるくらいの慈愛と女神性を自分に許す。
・思考ではなく直感と感覚に身を委ねていく。
・彼の中の光を見続ける。
・彼の痛みを癒してあげられる女になる。

・・・全然具体的じゃねえじゃん!と思われたかもしれませんが、書きながら私もそう思いました。笑

こういうのをひっくるめて私は「女王様マインド」と呼んでおります。

Aさんはじめ、同志の皆さまの恋愛が困難を極めるのは、なんだかんだ彼に合わせる依存側の立ち位置を取りやすいからかもしれないんです。

ちょっと受身で、彼の意志を尊重し、彼に合わせ、彼の意図を読み、彼が喜ぶように振る舞い、彼のプライドを守り、彼を立ててあげる、といった所業を好みませんか?

それは決して間違いではなく素晴らしいことなのですし、豊かな女性性がもたらす恩恵でもあるんですがが、これらの技を繰り出すのは彼が見事ロックマン氏を卒業し、晴れてヘラクレスオオカブト君に昇格してからで良く、自らをガードで固めまくってるロックマン氏やお子様のオレ様くんたちにはまだ早いんです。

むしろ、そんな彼らにその技を披露してしまうとつけあがっちゃうことが多いと思うんですけど、そんなことない?

ということで、そんな男たちを追いかけてる武闘派な女子の皆さんは「立てるのはちんちんだけでいい」と肝に銘じといてくださいませ。

つまり、彼の下に入ろうとするのではなく、彼を引っ張る立場に自分を置くことが重要なんですよ。

とはいえ、この彼を引っ張る立場というのは「競争に打ち勝つ」ということではありません。

時には5歳児な彼らの保育士さんになってあげることだし、時には優しくリードしてあげるお姉さんになってあげることだし、時には彼を然り、応援してあげる先輩になってあげることだし、時には自分に尽くさせてあげる女になってあげることです。

よく「私を愛させてあげる」という言葉を推奨している私ですが、「愛してもらう」という立場に立つと、ロックマン氏にせよ、野良猫君にせよ、相手の都合に振り回されるようになるんですよね。

だから、ちょっと上から目線で「私を愛させてあげる」という意識がとても役立ちます。

で、ここで今日のポイントの一つなんですけど、ハードワーカーでもあるAさんや同志の皆さまは、知らず知らずの上に「男性性優位な思考」にハマっています。

特に旧式の組織で働く方は男性社会そのものの中で生きているので、どうしたってそうなりやすいんですね。

だから、よくブログで触れているように強い女性性のエネルギーを使って男性性を鍛え上げるってことをしちゃうんです。

そうすると自分の魅力や強みを男性性の中に見出そうとしちゃうし、男性と男性性で競争しちゃったりするんですね。

そんな苦手分野で勝負してるわけですから、そりゃあ、無価値感も強くなりまっせ。

特にロックマン氏くらいになれば男性性がめちゃくちゃ強いはずですから敵うはずもなく、どうしても下に入ってしまうでしょう。

でも、元々それくらい豊かな女性性を持っていることをちゃんと認め、そこに価値を感じることで立場は一変するわけです。

すなわち、知識、情報、仕事、腕力などの男性性要素の強い部分では彼らに敵わないかもしれませんが、感受性、コミュ力、直感、安心感などの女性性は圧倒的に皆さんの方が優位に立っています。

その強みを活かして彼をちゃんと見てあげることで、彼を導くことは不可能ではなくなるんです。

「男性性で勝負すんな。女性性で勝負せよ。」

まあ、女性性の世界には勝負って言葉はないわけですが、そこは大目に見てください。

そこでもし、男性性で勝負してあなたが勝ってしまったら彼は自信をとことん失い、ダメンズに仕立て上げてしまうでしょう。(そして、そういうケースも多発していますね!)

でも、あなたが女性性を活かし、強みとすれば、彼はますます男性性を成長させることができます。

そして、女性性が豊かなあなたと、男性性が豊かな彼がバランスよくつながってパートナーシップが完成します。

つまり、女王様マインドとは彼の男性性を育て、ヘラクレスオオカブトに進化させる力を持つのです。

ここまで長々と書いてきてようやくAさんのご質問に答えるのですが、

>お互いが親密というものに恐怖を抱く状況で、彼と仲良くなり、私が自分の岩を砕いて泉の前にたつ女神になるためには、まずなにからはじめたら良いのでしょうか?

目標としては、Aさん自身が彼にとっての癒しである泉になることです。

そのためにはすでにお話してきた「女性性に意識を向けること」「自分自身を解放し、輝くこと」「女王様マインドを会得して彼を導いてあげること」の3本柱を意識してみてください。

まず、自分がもっと自由になり、日々を楽しみ、「女で良かった!」という体験をたくさんします。そして、どんどん自分を認めてあげて自信を持ち、その上で彼を導いてあげるわけですね。

そうした意識をまずは自分自身に許すことで何かが変わり始めると思うのです。

彼に対して何かアクションを起こす必要は今はないと思います。
何かしら偵察隊を飛ばして何らかのアクションがあればいいし、なければしばらく待ってまた偵察隊を出してください。

そうしながら自分自身にエネルギーを向けることで次に彼と会ったときに「あれ?なんか前と違うなあ!」という体験ができると思います。

つまり、彼との距離がなんか縮まったような気がするし、彼の態度が前と違うように感じるし、なんか親密感が高まるような気がするし、前よりセックスが深い感じがするし、なんかお互いがぴったり合ってるような気がするようになるでしょう。

その直後はまた距離が空くかもしれませんが、その繰り返しで彼がいきなり鎧を脱いでありのままの自分を見せてくれるようになるものです。

ということで、ちょっと気長なプロセスかもしれませんが、腰を据えて参りましょう。

こんなグループセッションやセミナーもあるので俄然注目してみると良いですぞ。

◎【4月大阪・東京・名古屋】:女性性とセクシャリティとサレンダーとコミットメント~実習メインのグループセッション~
大阪:4/2(土)14:00-17:00
東京:4/5(火)14:00-17:00
名古屋:4/16(土)13:00-16:00
https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/43397

◎東京/オンライン:3/21(月祝)13:00-17:00 ワークショップ「女王様マインドとお姫様マインドを学び、会得する4時間」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/43881

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)
また、感想を送ってくださったり、SNSで感想をつぶやいてくださったりすると根本がめっちゃ喜びます!

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

またお弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
シャッターを下ろしたロックマンにできること(上級編)
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい