自分の魅力を十分受け取ってない自立系武闘派女子が野良猫男子を大量生産しているという現実。



自分がいい女だと自覚がない女子は自分の魅力を過小評価して男に近付いた結果、彼の無価値感や自信のなさを思い切り刺激してしまい、拒否られる、逃げられる、という憂き目に遭うんですが、それって自作自演というか身から出たサビであり、自業自得だったりするってお話です。

こんにちは!何度かネタにしてもらってるHです!
ブログ、note、Youtubeいつも見ております!
そしていつも応援しております!

さて、今回のご相談と言いますか、ネタですが。。

こちらのブログに共感しております。
同じことが起こってます。

「人生は急には変わらない~一見同じパターンでもかつてとは違うところに目を向けてみる~」

片想いの恋の手放し途中に、会社の「飲みーティング」が行われ、数軒はしご。
メンバーは上司、2歳年下の後輩くん、私といつも通りのメンバー。
そしていつも通り終電はなく(笑)、上司と別れたあと、始発を待つ後輩くんと私はカラオケへ。
私も彼に対する警戒心が全くなかったことを反省してますが。。。境界線がなさすぎたせいか彼に迫られてしまい、でも受け流すことができないまま。。。しっかり受け入れてしまいました(笑)
事件というか未遂というか。
アクシデントでしかない事態が起こってしまった。
うん、ワンナイト。(笑)

気まずいのもあれなので、後日ご飯に誘いましたが、そこでの彼は見事な悪態ぶりでした。
こんなにも人って変わるんか?っていうぐらいに。
彼の素のドロドロした部分が出てるんですよね。
野良猫ならではのあーいえばこー言う現象も起きてきて。
何を聞いても、はぐらかす彼に苛立ちを覚えたので、(元)自立系武道派女子ならではの奇襲を彼にかけました。
それもレベルアップしたたっぷりのエロス満載で。

やはり彼は抵抗できず、私にしっかりと食べられちゃうわけですね、彼に食べられたフリをしてる私に。

翌朝は、シャッターを思いっきり締められ、キスもハグも全て拒否。笑
前回が甘々な彼だっただけに私も寂しくなり、おねだり攻撃を仕掛けまくりましたが、
「ハマらないようにしなきゃ」とポツリつぶやいておりました。笑

今までと違うのは言うまでもないですが、でも同じように野良猫を引き当ててしましいました。
ただ彼は母性をくすぐってくるのでそれはそれで楽しいのと癒やされるのと自己肯定感が上がったおかげで彼を上手く手玉にコロコロしたい自分もいます。

けれど、そんな私もアラサー。
どうしたいのか迷ってるので、それを聞きたいのですが、「したいようにしたらいい」って言われるのがオチ!(笑)
ネタとして使ってもらえたらなと思っております!
(Hさん)

さて、とりあえず(元)はいらないんじゃねえかなあ、と思った私です。
現役バリバリじゃないですかー。そのまま自立系武闘派女子(自武女)を極めて女王様になっていただきたい所存です。

さて、好きにすりゃええやん、という答えはすでに分かっていらっしゃるようなので、いくつかのポイントをお伝えしようと思います。

よく自武女の皆さんはあれこれ気が回るし、手も早いし、器用だし、頭の回転も早いために、男を砂糖漬けにして「ダメンズ」を次々生産することで有名なわけですけれど、野良猫男子くんを「製造する」ということにも長けていることは案外知られていないかもしれません。

読者の皆様が血相変えて追いかけている野良猫君を思い出してみてください。

彼は元々そんな奴だったのでしょうか?
それともあなたと出会って野良猫化したのでしょうか?

ちょうどHさんが「野良猫男子の正しい作り方」をレクチャーしてくださっておりますので、ぜひ参考にしていただければと思う次第です。

ほんと一晩で野良猫男子に仕立て上げるなんて、超一流の野良猫メーカーさんでいらっしゃいますね。

たぶん、Hさんはまだまだ自分の魅力を受け取り切れていないというか、魅力を垂れ流しにしているというか、まあ、そんな感じのテーマが今日の主題になると思います。

彼のこの言葉にそれがすべて集約されていると思います。

>「ハマらないようにしなきゃ」とポツリつぶやいておりました。笑

その言葉を私が聞いたなら「ああ、もう手遅れだねー。すっかりハマってしまったね。かわいそうに。」と同情を禁じ得ないと思いますが、どうやら彼はHさんの魅力にすっかり取りつかれてしまったのかもしれません。

まあ、それはセックスのテクというか体の関係を主としてなのかもしれませんけれど。

Hさんが誘われたのか、誘わせたのかは分かりませんけど、彼は“安易に”Hさんに迫ったがゆえに人生を狂わすことになるのでしょう。やはり同情を禁じえません。(2回目)

彼から見ればその夜はとても素晴らしいものになったのでしょう。

でも、そこで葛藤が生まれるわけです。

「きっと僕は遊ばれている。この人に本気になってもきっとスルーされる。きっとこの人はいつもそういうことをしていてたくさん男がいて、モテモテな人に違いない。だって、すごく気持ちよかったもん。」

そこではHさんの魅力なのかテクなのか分かりませんが、すっかりHさんに心を奪われている彼がいるのですが、その気持ちに素直に従ってしまうと「たぶん、僕は傷つくと思います。」という結果になることが分かっているんだと思います。

だから、彼は人が変わったようにHさんを拒絶するようになるんです。

これ以上ハマったらやヤバいし、本気になってしまったらHさんに嗤われるし、傷ついちゃうからです。

そうして「何もなかったこと」にしようと思うんですね。

でも、おそらく彼は毎晩Hさんとのプレイをオカズにして自主トレに励んでいらっしゃると思います。

そんな中、可愛そうに彼はHさんの奇襲に遭うわけです。

彼からすれば、これ以上近づいたらハマってしまう、だから拒否しなければ、と思うのですが、手練手管のHさんにうまく誘導されてあっさり食べられてしまうわけですね。

しかも、前回と同様かそれ以上の快楽を得てしまい、さらにドハマりしてしまうのです。

もちろん、葛藤はさらに大きくなります。

このままでは絶対ダメだ。拒否しなければ。でも、すごく良かったし、魅力的だし、素敵な女性だし、けど、自分なんてH先輩に相応しくない、きっと遊ばれて東京湾に沈められるに決まってる、と思うわけです。

それで賢者タイムを経て迎えた翌朝、彼は必至の抵抗を試みてHさんを拒絶するわけです。

そして、Hさんから見れば「野良猫男子」な態度をとるようになるんですけど、その原因が自分にあることをどれくらい自覚されているでしょうか?え?どうなの?分かってる?

すなわち、こういう問題はHさんが魅力的過ぎるからこそ起こることなんですよねー。

彼からすればドン引きしちゃうほどの魅力をHさんは持っているわけです。

そこでそういう点では無神経な自武女の皆さまは「そんなん、もっとあたしにハマればいいじゃん。」とあっさり言い放つのですが、そんなことは無理な相談です。

だって彼は自信がないんですもの。

自信がない自分はすぐに飽きられて捨てられると思ってます。
Hさんとお付き合いしても「自分は釣り合わない」と感じています。
きっと都合のいい男扱いされて振り回されて苦しい思いをすると思ってます。
こんな素敵な女性と一緒にいたら惨めな気持ちになります。

つまり、自分の自信のなさ、無価値感を刺激されちゃうのです。

だから、ブレーキを踏んで野良猫化するほかないわけです。かわいそうな後輩くん。

これはHさんや同志のみなさまがどれだけ否定されても、彼がそう思っちまったんだからしゃあないんですよねー。

なので自分がそういう上級レベルの女であることを受け取らず、まるで娼婦のような振る舞いをしてしまうと、こうした不均衡を起こすことになるんです。

「いい女はいい女らしく振舞え」とカウンセリングでは口を酸っぱくしてお伝えすることがあるんですけど、それはHさんが幸せになるためでもありますが、「これ以上、可愛そうな被害者を出さないでください」という切なるお願いでもあるのです。

話を一気に広げるのですが、Hさん始め、肉食系武闘派女子の皆さんは手っ取り早く既成事実を作って恋を始めようとします。

自分から積極的に誘う場合もあれば、彼が好むエサをばらまいて誘わせる場合もありますが、きっと後者の方が圧倒的に得意でしょう。

狙った相手が見た目に弱いな、と思えば、チラリズムを積極的に出したり、彼を上目遣いで見つめたり、雰囲気のいいお店などでさりげなく寂しげな表情を作ったりして、彼をその気にさせます。

また、その相手が言葉責めが好きなMだと見抜けば、ビッチな女のふりして彼を刺激する言葉を投げかけたり、話をプレイ内容に転じて彼をその気にさせます。

さらに、その相手が自分に警戒心を持ち、ちょっと引いてるな、と思えば、彼に相談事を持ちかけたりして「弱い私」を演出しますよね?そうして、彼の気持ちを引っ張ろうとするわけです。

まあ、そんな風に本能的に知ってるのか、計算づくなのか、その両方なのか分かりませんが、うまいこと彼をその気にさせてベッドに引きずり込もうと作戦を立てるわけですね。

そして「彼に誘われた」という形を作って一夜を過ごせば、その色気とテクと彼が喜ぶ甘え方等を駆使してそのハートを鷲掴みにするんです。

ええ、みなさま。そろそろ自らが犯した罪を認めませんか?証拠は挙がってんだよっ!!

ところが、本能的なのか計算づくなのか分かりませんが、そうしてハメた彼はHさんの後輩君のように警戒心をめっちゃ出してきます。

すっごく甘い夜を過ごしたのに翌日から連絡が取れなくなったり、素っ気ない態度を取られたり、ダメだしされたり、拒否されたりするんですね。

そこで「うわーん。また野良猫男子をひっかけちゃったー。なんでー?どうして?あたしは普通の恋がしたいだけなのにー。根本さん、どうしたらいい?」と駆け込んで来られるのですが、私から言わせたら「お前のせい」ということになるのですね。

もちろんカウンセリングの現場ではもう少し丁寧に「自作自演だわな」とお伝えするのですが。

で、問題なのは本能的にそれをやっちまってるのか、計算づくなのか分かりませんが、自分の価値や魅力を低く見積もりすぎているがゆえに、相手の無価値感や自信のなさを刺激しちゃってることに気付かない、という点にあります。

でも、そんな話をしてもHさんや同志のみなさまは「えー、そんなことないよー。あたしだって自分に自信がないし、必死なだけだし、一生懸命やってるだけだもん」とおっしゃるんですけど、それが間違ってるって話ですよ。

自分をもっといい女として扱え、ということなんですよ。

もし、Hさんが自分が上級レベルの女であり、自分が今思っているよりも数段いい女だということを自覚されたら、何がどう変わるのかを想像してみてください。

もしかしたら「ああ、彼とあたしは釣り合わないな」と思って手を出さないかもしれませんよね。

逆に元々彼に目を付けていたのであれば、彼の無価値感や自信のなさをフォローするように振る舞うと思いません?だから、彼のその部分を刺激しないように、もっと時間をかけたと思います。

それで私はよく「あんたはヴィトンのバッグぐらいの価値があるにもかかわらず、自分をなんかの付録についてきたエコバッグのように扱っている」と忠告を申し上げているわけです。

たぶん、この記事をお読みの方のほとんどの方は近所のスーパーに買い物に行く際にヴィトンは使わないでしょう?

ちゃんと特別扱いして、しかるべき場所で使うと思うんです。

そんな風に自分を扱ってますかー?

もし、Hさんが、

>ただ彼は母性をくすぐってくるのでそれはそれで楽しいのと癒やされるのと自己肯定感が上がったおかげで彼を上手く手玉にコロコロしたい自分もいます。

という戦略を取るのであれば、ちゃんと彼を説得しなきゃいけないわけです。

「あなたももうヴィトンのバッグぐらい持ってもいい年ごろだし、意外とあなたはシュッとしてるからもうヴィトンが似合うと思うし、そろそろノーブランドのバッグは卒業した方がいい時期だと思うの。ヴィトンは仕立てがすごく良くて丈夫だし、アフターフォローもしっかりしてるから長くいい付き合いができるのよ。」という風に。

それを「あたしはエコバッグかノーブランドのバッグなのよー」と最初に彼に教えちゃったわけですから、彼からすれば「100均で売ってるバッグだと思ったのに、実はヴィトンだった?え?マジ?無理無理無理。そんなんまだ似合わんし、いらんし、釣り合わん」と引くのも無理はないと思いません?

ちゃんと自分の価値を分かってないとあとでえらい目に遭うんですよね、という話です。

その彼とどうするかはHさんの自由ですが、私からすれば「ちゃんと身の丈に合ったいい男をちゃんと狙いなさい。」という提案をしたいところです。

もちろん後輩君が「そういう男です」と言うことであれば応援しますし、「いやあ、確かにちょっと釣り合わないっすね」と言うことであればちゃんと自分に自信をもって男を漁ることをお勧めしたいのです。

ということで、今日の記事が刺さった方はぜひ反省の意味を込めて次の課題に取り組んでみてください。

「あたしがいい女である証拠を100個以上見つける。」

「あたしに相応しい男の条件を100個以上見つける。」

そして、今日からいい女であることを隠さないように、本気で自分をいい女だとして扱ってあげてください。

そしたらきっと見える世界が変わり始めますから。

★自分の価値を知り、受け取るシリーズ

ワークショップ「自分の価値を見つけて、ちゃんと受け取る会。」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/35015

自立系武闘派女子のための恋愛講座~自分の魅力と強みを自分で見つけて自信にする!~
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/37327

心理学講座「自己価値を簡単にあげる方法」
https://nemotohiroyuki.jp/podcast/32642

心理学講座「愛される価値とは?~無価値感について~」
https://nemotohiroyuki.jp/podcast/33533

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)
また、感想を送ってくださったり、SNSで感想をつぶやいてくださったりすると根本がめっちゃ喜びます!

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

またお弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
魅力を受け取ってないことで相手を傷つけてしまう!?
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『魅力を受け取ってないことで相手を傷つけてしまう!?

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい