仕事を辞めてのんびりしていたら旦那にキレられた件~まず自分が楽になって彼を自分の器で休ませてあげること~



自分がしんどい思いして働いてるのに妻は家でのんびりごろごろしてる!と思ったらそりゃキレるのも無理ないですけど、それは旦那がキャパオーバーしているだけ。
その言葉を真に受けるのではなく、とことん自分を癒して楽になれば旦那さんを受け入れられる余裕が生まれてくるので彼のことも癒してあげられます。

根本先生

はじめまして。
blog追っかけ歴は1年半くらいのビギナーです。
きのうの「自分軸に移行して無気力」へのご回答読んですごく楽になりました。
私も疲れて仕事辞めてのんびりしてたのですが、当初協力的だった夫が最近「俺が支えるのが当たり前になってる!今日何してたの?まさか寝てないよね?」とキレ気味であわわわとなってます(笑)

これは投影の法則で言ったら私が私自身の無気力のんびりを否定して責めてる心があるから彼が抵抗勢力となっているのでしょうか?

私が心からまだゆっくりしたい!何ならもう今生は頑張りたくない!社会適応なんかしたない!とコミットしたら彼の態度が変わったり、私の何もしたくないという本音でもスムーズに回って行く新たな展開があるのでしょうか?

ちなみに夫は以前から独立を考えており、会社の仕事以外に外注をとってるのですがそれは生活出来るほどのものじゃありませんし、外注先に問題があったりと不安定です。

会社でのストレスが相当らしく出来ない部下へのディスりがなかなか激しいです(笑)
傾聴と共感を根本先生のblog参考に心がけていますが、私はディスられてる部下に共感して(その子も生きづらいだろうな~)と夫には寄り添えてないかもです。

でも彼は一方わたしに私が居てくれてほんと良かった大好き絶対離さないと言葉に出してよく言ってくれます。
ただ私がぼややんと社会から逃げて彼ばかりがお金稼ぎにせっせと身を削らせてる点は最近ムカつくみたいです。

理想を言えば頑張らない好きなことで、無理なく私がまた収入を得て彼に一旦休んでもらって今度は彼にぼんやりした時間をあげられたらと思います。
彼は私よりずっとサバけている悟り世代で私のように自失して頑張るような馬鹿なこと(私、団塊ジュニアジュニア)はしないのですが、流石に最近色々限界ぽいのかなと…休ませてあげたいけど、私もまだ休んでいたい!と葛藤中です。

また私も出来てないし彼も出来てないのは、仕事を楽しむということです。
私は楽しみたいと思って転職繰り返したり動けなくなったりして来たし、彼は仕事にそんなこと求めてないて感じです。
(Nさん)

1年半でビギナーと言われるようになった根本です。こんにちは。ほんまに!?笑

まあ、それだけハードに働いている夫氏からすれば、のんびりしていて自分の収入に頼ってくる奥さんにはイラっとしてしまいますよねー。

「なんで俺ばっかり頑張ってるんだ!」「俺がしんどいのにお前はのんびりしててズルいぞ!」と思っちゃったりね。

それはNさんがどうのこうのというよりも、自分のキャパを越える負担がかかっているから思うことなので、「あらあら、余裕がないのねえ」と生暖かい目で見てあげるのが正しい対処方法と思われます。

でも、Nさんにも「仕事辞めてのんびりしている」ということに罪悪感があるようで、そうすると彼にそう言われるとドキッとしたり、イラっとしたり、グサッときたり、ムカッとしたりするんですな。

>これは投影の法則で言ったら私が私自身の無気力のんびりを否定して責めてる心があるから彼が抵抗勢力となっているのでしょうか?

そうそう、そういうことっす。
Nさんがのんびりすることを自分に許可しきれていない(慣れていない)ので、旦那さんに対して罪悪感を覚えてしまうのですね。

こういう図式は夫婦関係はもちろん、職場でも習い事でもイベントでもあちこちに起きています。

旦那さんからすれば、早く独立したいのにそっちの仕事がうまく行ってなければ焦りも不安も出てくるでしょうしね。

独立したいってことは今の会社には当然不満があるわけで、その相乗効果でさらにイライラが溜まり、部下に当たり、嫁に当たり、自分にも当たるような状態が続いているのだと思います。

それってみんなしんどいっすよね、ほんま。
体とか壊さなきゃいいですけど。

>理想を言えば頑張らない好きなことで、無理なく私がまた収入を得て彼に一旦休んでもらって今度は彼にぼんやりした時間をあげられたらと思います。

これってどれくらい現実的な話なんでしょうか??
Nさんは働いて収入得ることに興味あるの?
旦那さんは休むということに関心あるの?

理屈で考えれば確かにそうかもしれないけれど、私は社会適応なんかしたくねぇ!頑張りたくなんかねぇ!という思いがあるなら、どこかに勤めることは犠牲にしかならないですし、そうすると夫婦関係はますます悪化しちゃうと思うんですよね。

ちなみにこういうケースでは、旦那さんは自分のキャパオーバーでキレてるので、Nさんが収入を得ようと働き出したりすると「そんな楽な仕事で」とか「その程度の収入で」なんて新たな文句を言い始めると思います。

要するにストレスのはけ口を探してるわけですからねー。

それにNさんが理屈で対抗したってモチベーション上がんないので、お互いストレスフルになって喧嘩が増える結果になるんです。

なので、「こういう男はさっさとベッド上でたくさん気持ちいい思いをしてもらってナニもアクも抜いたったらええで」というわけで、ゆえに、そんな奥さんには想定とは全く違う方向から「ベッドテクを磨け」という指令が出されたりします。

これはかなり効果的な方法なのでぜひともご検討くださいませ。

さて、要するにNさんが「のんびりすること」を満喫して、まずは心に余裕のある生活ができるようになったら解決するよねー、という話です。

だから、そんな罪悪感感じているヒマがあったら「どうしたらあたしはもっとほげーっとした日常を送れるのか?」を真剣に研究した方がいいっす。

温泉かなあ、エステかなあ、公園でハトにエサやるかなあ、筋トレかなあ、ヨガかなあ、料理かなあ、断捨離かなあ、紅茶を極めるかなあ、、、、やっぱり焚き火だよね!(個人的感想)て感じで、今まで散々戦ってきた傷跡を癒すことが最優先です。

そのとき忘れちゃいけないのは「あたしが楽になったら奴も楽になる!」という鉄則です。

Nさんがのんびりして、ほげーっとして、心に余裕ができて、ニヤニヤだかニコニコだかしながら毎日を過ごすとするでしょう?

そしたら、旦那さんをもっと癒してあげたい(はあと)という気持ちが出てくるし、今よりもっと話を聴いてあげられるし、応援してあげられますね。

ちなみにこういうとき、彼のように頑張りたい男性に伝える言葉は「無理しないでね!」とか「休んでいいんだよ!」じゃなくて、「あんたならできる!」「もっとデキる人でしょ!」とハッパをかけることですし、「あたしはあんたに付いてくから」「あなたと一心同体やねんで」と覚悟を見せることです。

そうすると自立系な男性はやる気になりますが、優しい女子ほど優しい言葉をかけてしまって彼のモチベーションを下げることになるので要注意っす。

承認する・・・頑張ってるね!すごいよね!尊敬しかないわ!
価値を見る・・・あんたすごいよね!そんなことできるなんて天才だわ!
感謝する・・・いつもありがとう!愛してくれてありがとう!
受け取る・・・あんたと一緒になってほんとよかったわ。あたし、幸せやわ。

この4つをローテーションしとけば大丈夫です。

で、イメージとしては、自分がのんびりすることで空いたスペースに彼を入れてあげて、そこで彼を休ませてあげる、という意味です。
読み方によっては淫靡な表現ですけど、そっちも確かに大事です。笑

彼が会社や独立のために男性性をとんがらせて頑張ってきた部分を、Nさんの女性性で柔らかく受け入れて癒してあげるのです。
これも読み方によっては淫靡に聞こえますが、そういう意味も含めてです。笑

そういう意味で究極のあげまんな妻は昼下がりに高級な紅茶とケーキをリビングでゆっくり味わいながら「あたしのために頑張ってくれる旦那さん、最高だわ~♪ありがたいわ~♪」とニヤニヤしてることかもしれません。

あ、もちろん、これには向き不向きがあって、うちの読者の中には「いや、あたしが稼ぐ!旦那を家に閉じ込めてでもあたしが食い扶持稼いでくる!」というツワモノも多いことは念のため書き添えておきたいと思います。

ですから、まさに、

>私が心からまだゆっくりしたい!何ならもう今生は頑張りたくない!社会適応なんかしたない!とコミットしたら彼の態度が変わったり、私の何もしたくないという本音でもスムーズに回って行く新たな展開があるのでしょうか?

ということですから、罪悪感なんか感じてないでとっととゆっくりして疲れを癒すのが先決っすよね?って話です。

で、改めてNさんに問うとするならば、ぶっちゃけNさんはこれからどうしていきたいの?という話です。

本来のNさんは専業主婦として家を守り、ゆったりした雰囲気を作り出して旦那さんを癒してあげる生き方がフィットしているのか、それとも、組織に属さず自分でビジネスを立ち上げてガンガン働くのが合ってるのか、あるいは、、、、どうなんでしょう?

ちなみに、こういう話を聴いているとよく出てくるのが「それって奥さんの方が経営能力高いから、奥さんがリードして、旦那さんが動き回る方がうまくいくんじゃね?」というケースです。Nさんところはどうか分かりませんけど、案外その可能性も低くないので、自分がどう生きたいか?何が自分に合ってるのか?を探り続けることはものすごく重要です。

会社を転々として仕事を変えてきて疲れちゃったNさんの場合、もしかしたら自分で商売するほうがうまくいくかもねー、なんて思ったりします。
仕事に対するマイナスイメージも強いですが、「仕事×楽しい」で何が生まれるかをおいおい考えていきましょう。

ということで、まず自分が休む→そのあと自分が何をしたいのかをがっつり向き合う→その未来の実現に向けて一歩踏み出す、という流れで見ていけば大丈夫と思いますー。

★罪悪感モノ

「いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本」(ディスカバー21)
*セミナー動画:『私の幸せを阻む「罪悪感」を「愛」で癒して「私」を自由に解放するワークショップ』
*心理学講座動画:『悪感と癒着の心理』

★ライフワーク本&セミナー動画

「つい「他人軸」になるあなたが7日間で自分らしい生き方を見つける方法」(あさ出版)

*セミナー動画:ライフワークをデザインするワークショップ~こんなご時世だからこそ、「自分らしい生き方」改めて見つめ直してみませんか?


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
まず自分が楽になる!そしたら相手をもっと癒してあげられる!
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『まず自分が楽になる!そしたら相手をもっと癒してあげられる!

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい