ハグ以上は距離を縮めてこない彼の処遇をどうしたらいいでしょう?



嫌なものはイヤでいいし、欲しいものは欲しいでいいし、そこは素直になった方がいいところです。
それがなかなか言えないのも、やっぱり自分に自信がなく、自己肯定感が低いからかなあ?といういつも通りの話になっているんですけれど。。。

根本先生こんばんは!
以前「好きだけど付き合えない」という彼の心理と…で取り上げて頂いたSです。
先生って本当に存在したんだ!と好きな芸能人を初めて見た時の様に胸がいっぱいになりました。本当にありがとうございました。
泣きながら繰り返し読んだ私は自分軸と向き合い先生の本を読む日々ですが、なかなか彼軸から抜け出せないでいます。
そんな彼とは特に進展はなく…強いて言えば遊ぶ回数が増えて、遠出したり手を繋いだり抱きしめ合う回数が増えました。
もう『彼女』って看板はないけど、みたいなもんだよねって開き直ったりしてます。

しかし最近彼が上司に連れられ通うハードなキャバクラの話を聞かされ続けて心がバキバキです。笑
お店の名前を自ら検索し、こんなこともできるのかよ!と思っては私には何もしないのにあんなことやこんなことをしているの…と妄想を膨らませては眠れなくなったりしてます。ほんと何してんだか。

思ったのですが、どうしてそういうお店に行く男性は気持ちがなくてもそういうことできるんでしょう?『だってお金払ってるから勿体無いじゃん』と彼は言いますが、なるほどそういう感覚か!と思う反面やはり嫌なものは嫌です。
だって女性が同じことしてたら大半の男性はドン引きするでしょう?なぜ男性は良くて女性はダメなのか。男だからしょうがないって許してくれという顔をされるのか…

でも本当は『また行ったのね』って笑ってあげたいんです。そう思えたら私も楽だから。
でもそう思えないのは、どうして私には抱きしめる以上のことしてくれないの?そうなったらめんどくさい存在だから?それとも女としてあかん的な話…?って思って許せないんです。

先生、私欲求不満なだけですか。笑
(Sさん)

あ、そうなんですよ。ほんとに存在してるんですよ。AIじゃないのでご安心くださいませ(笑)

さて、欲求不満なSさんとしましては(!?)、ハードなキャバクラには行くのに、あたしにはハグ以上のことはせえへん!なんちゅう男や!!!とお怒りの件、ともっともだと思います。はい。

でも、「そんな男のことはさっさとゴミ箱に捨てて、次の男を狩りに行こうぜ!!」なんて気分にもなれないんですよね?

で、Sさんとしては、

>でもそう思えないのは、どうして私には抱きしめる以上のことしてくれないの?そうなったらめんどくさい存在だから?それとも女としてあかん的な話…?って思って許せないんです。

ここにその思いが集約されていると思うんですけど、ね。

女として興味がないならわざわざデートしたり、手を繋いだり、ハグしたりってことはないと思うんですよね。
それ以上に進まないのは、要するに、怖いから、と思ってもらったいいかもしれません。

怖いってそりゃあ、武闘派で鳴らすSさんの存在そのものが怖いってこともあるかもしれませんが、それよりも親密になることが怖いってことだと思っていいでしょう。

親密になること。
Sさんのことを今以上に好きになること。
特定の人と付き合うと自由がなくなっちゃうような気がすること。
あれこれとめんどくさいやり取りが生まれること。

Sさんのその彼は「抱きしめる以上のことはしない」ですが、中には「セックスはするけど彼女とは認めない」というセフレ状態な関係も珍しくないわけで、やっぱりそういう人たちも、ここに言ったような怖れをたんまり抱えてることが少なくないんですね。

もっと具体的に言えばこんな感じです。

「彼女作ったら、やっぱり彼女を優先せな、あかんやろ?デートしたり、Hしたりするのはいいけれど、将来の話がでてきたり、週末はどうするの?みたいな話になったりしたら、全然自由じゃないやん?それに、ご飯食べてるときにスマホ見るのは嫌、とか、買い物に付き合って、とか、ラインの返事が遅いとか、いろいろ文句言われるのも嫌だし。」

他にも仕事に支障が出て集中できなくなったら嫌だ、とか、責任感じるのが嫌、とか、いろんな理由があるでしょう。

で、キャバクラってそういう心配ないでしょ?

「同伴してるときにスマホ見てたってキャバ嬢は何も言わないし、次いつ来てくれる?ってラインとか来ても「私のことなんてどうでもいいんでしょ?」とかめんどくさいこと言って来ないし、イヤになったら行かなきゃいいだけだし、お金払っているのはこっちだから自由だよね」ってな感じでしょうか。

要するに、彼女にしてしまうと色々と面倒なことが起きるけれど、キャバ嬢だったらそんなことはならない、だから、キャバクラの方が楽しい!という結論なんだと思います。

でも、どうなんでしょう?
風俗やキャバクラに行く彼を心から許せる人ってどれくらいいるんでしょう?
もちろん、いないわけじゃないことは知っていますが、たいていの人は嫌なんじゃないかと思います。

それに他人と比べる必要もなく、「あたしが嫌なもんは嫌なんだよ!!」と思っていいんですよ。

あたしが嫌だから、嫌。

これ、ほんと大事なことですから。

で、やっぱり同じ話になっちゃうと思うんですが、「なんで、そういう彼が好きなんだろうね?」ということ。

Sさん自身の内側に何があるのでしょうか?
前回、ご相談くださってから今日までの間にどんな変化がありましたか?
以前よりは自分に自信持てるようになりましたか?

やっぱりじわじわと獲物を追いつめていくのが好きなのかなあ。
それとも、水や肥料をやりながらすくすくと育てて収穫するのが好きなのかなあ。
それとも???

好きな彼に親密感への怖れがある場合、その彼を好きな私にもまた親密感への怖れがあるケースがものすごく多いです。

好きな彼が男して自信がない場合、その彼を好きな私もまた女としての自信がないケースもすごく多いです。

自分軸を取り戻すためにも、そこが大事なんですよね。

彼がキャバクラでしてることを知って妄想して悶々としてムキっとなったり、欲求不満!?と思ったりするってことは、Sさん自身はハグ以上のことをめちゃくちゃ望んでいるんですよね?
それを彼に伝えたことはありますか?
それを彼は知っているんでしょうか?

あるいは、そこでSさんはしおらしく「待つ女」になっちまってるようなことってありませんか?

もしくは、そもそもそっち系に全然自信がねえ!とか。

そもそも、女っ気を消して生きてる!?

「彼が求めてくれたら、それに応えるのに」と思っていいのは24歳までってこの間法律で定められたの知ってます???(笑)
25歳以上は「彼が求めてくれなければ、押し倒すべし」という通達が経産省から出されたそうですよ!!!!(笑)

まあ、だからって彼を手篭めにしたら彼女になれる、というわけではないんですけど、ね。。。

だから、やっぱり「自信を持ちましょう!」という話になるんです。
そのためにも、自分を女としてもっと認めてあげましょう。

こんな意識を持って生活してみてはどう?

1.ファッションやメイクはより女らしさ(自分らしさ)を心がける
2.下着は常に勝負をかけるつもりで
3.毎日、そんな自分を褒めたたえる時間を作ります。
4.自分の魅力やいいところをいろんな方法で知ります。
5.オナニーは基本1日1回。自分で自分を愛する、ということと、彼に捧げるプレゼントを磨き上げるつもりで。あと女性にとってのオナニーは自己受容にも繋がります。
6.カラオケでも皇居ランでも筋トレでもいいので、体を動かしてストレスを発散する習慣をつける
7.女子力をさらに上げるためのセミナーに出かける

これだけでも相当忙しくなっちゃいますけどね。
どれも大事なことです。

女性としての自分を意識し、認め、魅力を感じ、磨く時間。
自己肯定感をあげて、自分の価値を認めて、人として自信をつける時間。

シンプルなことを継続するとより効果的です。

あとはもう少し専門的な話。

・両親やきょうだいとの関係はどうだったの?
・中高生時代はどんな女子だった?
・今までの恋愛ってどんなパターンが多かった?

セッションならその辺をネチネチとツッコんで聞くと思います。

「彼軸」になっちゃうと、自分の成長機会を失っちゃうのでもったいないんです。

そうなる時間もいいけれど、そうじゃない、自分と向き合う時間もより意識的に作っていきましょうねー!!という話です。

★女性としての魅力をあげるにも欠かせない「自己肯定感」を学びつくす3日間!

『自己肯定感をあげる3daysプログラム』

名古屋:10/19(土)、11/16(土)、12/15(日)
大阪:10/20(日)、11/17(日)、12/14(土)

※東京は来年早々を予定しています。

https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/31475

★自立系武闘派女子のための恋愛講座~幸せになる覚悟とは?~

東京:11/10(日)13:00-16:00
大阪:12/1(日)13:00-16:00

https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/32453

★カウンセラーに話を聴いてもらうのも、寂しさを紛らわせる一つの手。
http://cocoronooffice.jp/#counselor

 ☆オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
 >https://cocoro-marche.com/

★メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール。月額3,240円で毎週月曜日配信。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい