夫婦の距離感をどう縮めたら良いのか?


それぞれに心地よい距離感があって、そのちょうどいい距離を見つけていくのがパートナーシップの面白さとも言えます。
我慢するのでも、相手をコントロールするのでもなく、win-winの関係性を見つけていくプロセスは「ゲーム」です。
つまりは遊び感覚でやる方がずっとうまくいくと思います。

根本さん、こんにちは

結婚して5年「夫婦間て、どうしてそんなにギスギスするんだろう?うちは子供がいないから穏やかなのかな」とのほほんほんとしていました 幸せでした
ちょっと「ん?」と思うことはあったのですが、そういうこともあるでしょう、と良いところだけを見てきたのです が。
だんだん気になってきてしまったので、こちらでご相談させてもらおうかと思いました

ん? と思うのは、距離感です
夫は、休日人と会いません
ひとりで家でいるのが好きで、私とどこかに出かけるのも面倒。一緒になにかをするのが面倒らしく、ひとりでテレビを見たりネットをしたいようです
会社がくれた新婚旅行休暇、私ひとりで旅行行きましたし。

そんなふうに私がひとりで新婚旅行に行けるタイプなので距離感についてもそんなに気にしていなく、この人、本当に出不精なんだな、と思っていたのですが、先日ちょっと「距離感」の話をしたときに
「実は俺、誰とも距離をちぢめたくない」という発言を聞き、びっくりしてしまったんです
私とも、絶妙に距離を保ちつつ接している、とのことでした

私にも、私の家族にも優しい夫。
作ったごはんには「おいしい」といつも言ってくれ、仕事も好きなだけやらせてくれ、なんでも相談にのってくれます
しかしこれは、私から文句が出ない方法のひとつでもあるのだな?と思いました
もちろん愛情もあると思いますけれど

ひとは変えられないし、たとえば私がほかのひとを見ちゃっても良いしってことは頭では思うんですが…
とても優しい素敵なひとなので、なんとかお互いに気持ち良いかたちで溝を埋められたらいいなと思っています
向こうは埋めたくないのでしょうが、わたし我慢したくないな、もう、と思って。

夫は、寂しいという感情が、分からないそうです。
退屈して私がいなくなったら、すごく寂しいと思うのですが…
このような夫を持つケースに関してどう考えていけば良いでしょうか
(Sさん)

距離感ってのは人それぞれあるものでして、お互いにちょうど心地よい距離(落としどころとも言う)を見つけていくのが難しいようで、パートナーシップの醍醐味かもしれません。

Sさんは羨ましくなるかもしれませんが、この間、「私はあんまり近づいて欲しくないタイプなのに、夫がべたべたしたがる人で困る」というご相談を受けておりました。

難しいですよねえ・・・って笑ってごまかしましたけど(笑)

一人で旅行にも行けるSさんですから、いつも一緒、いつもくっ付いてるってのは苦手なのかもしれませんね。
Sさんにとってちょうどいい距離感ってどれくらいなんでしょうか?

それ、意識化、言語化できます?

私と奥さんは基本距離が近い方だと思うのですが、ずっと一緒にいるのはダメなので、「出張族じゃなかったら別れてたかもね~」なんて話をしています。

自分軸に絡めて「まずは自分」って話をこのブログでも、セミナーでもよくしていると思うのですが、距離感に対しても同じですね。

Sさんの旦那さんが距離を縮めたくないタイプで、それを不満に感じられてるのも分かるんですけど、Sさんはどれくらいの距離感がいいんでしょうね。

私たちは自分の距離感が基準なので、それを「ふつう」だと思ってます。
たぶん、旦那さんも「距離を縮めたくない」というのが「ふつう」なんだと思います。
そこに問題意識って持ってないでしょう?

こういう当たり前に持ってる「ふつう」の感覚でよくパートナーと揉めるんです。
金銭感覚も、
部屋の散らかり具合も、
実家の親との距離感も、
飲みに行く頻度も、
子どもの教育についても、私たちは「ふつう」だと思ってる基準があります。

それが違うと「あんたはおかしい」という見方をして、相手を否定してしまうこともよくあるわけです。

そうするとお互いがお互いを否定し合うことになるので、そりゃあ、揉めますわなー。

Sさんは溝を埋めたいと思っているけれど、
ご主人は溝があるとも思っていないのかもしれません。

この本に書いた話なのですが、

「敏感すぎるあなたが人付き合いで疲れない方法」(フォレスト出版)

自分軸での人間関係を

1.まず自分
2.次に相手
3.そして2人の関係性

という順番で考えることをお勧めしています。

先ほどの「Sさんはどれくらいの距離感がいいの?」というのが「1」に当てはまるわけです。

で、「2」についてはSさんの文からもある程度読み取れますね。

その上で「3」です。どうしたいのか?

だいたい私たちは我田引水なところがありまして、「2」の彼の考え方を改めさせて、できるだけ「1」にしたい、と思うものです。

そこで綱引きをするわけですね。
この状態をパワーストラグルと言います。

この綱引きは勝ち負けを争うもので、勝ったら勝ったで良かったと思いきや罪悪感を抱えることになりますし、負けたら負けたで恨みを持ちますから、二人の関係性は悪化することが予測されます。

もちろん、これは表面的なケンカだけでなく、水面下での罵りあいも含みます。

「うちの夫、そんな距離を保つ関係がいいなんておかしいんじゃない?」ってわけです。

だから、まずは「1」に続く「2」が重要で、どちらも「肯定する」ことが肝心です。
その上でwin-winな「3」を考えられるようになるのです。

この辺はSさんもよく理解されていると思います。

さて、私も彼も幸せになれる距離感ってどれくらいなのでしょう?
もちろん、距離感ってのは常に移り変わります。
気分によっても変わるものです。

その上で、どういう風にしたら私が幸せで、夫も幸せなんだろう?という“戦略”を考えるんです。

これはしばし熟考が必要ですよね。

溝を埋めるってどういうことだろう?
何があったら私は溝が埋まったと感じられるのだろう?

その答えを彼が理解できる言葉で伝える必要があります。

これを難しく考えちゃうともう嫌になっちゃうと思います。
だから、ゲーム感覚が必要です。

遊びなんですね。

そうして、先ほどの順番に則って話をしていくんです。

主語は「私は」ですよね。自分軸、自分軸。

「私はもっとあなたと距離が近い方が心地よくて、具体的には○○もしたいし、○○になりたいし、○○な関係がいいんだよね。
でも、あなたはそういうのは嫌なんだよね?距離が空いてる方が心地いいんだよね?
そこで考えたんだけど、時々でいいから一緒に買い物に付き合って欲しいんだよね。月に1回でもいいので。たまにはあなたと腕を組んで歩きたいの。
だって、私はあなたのことがとても好きで、愛しているんですもの」

最後の1文はとても大事です。
自立的な人は、この1文がないと自分を否定されてるように受け取ってしまいがちですから。

それで、「あなたはどう思う?」って伝えます。

また、「私は」という主語を明確にしたうえで、自分の気持ちを伝えることもとっても大事です。

「私は寂しくなるときがある」
「私はもう我慢したくない」
「それでも私はあなたのことを愛している」

その場合は、「ただ、話を聞いてくれるだけでいいんだけど」とか「だからってあなたに変わって欲しいとは思ってないんだけど」などと前置きしてあげると、彼は安全にSさんの話に耳を傾けられます。

我慢して彼に合わせていたり、不満だけを抱えていたりしても、それは彼に通じないこともよくあります。
だから、少々耳の痛い話かもしれないけれど、一人で我慢するのではなく、言葉で伝えることは大切なんです。

彼が距離感を保つ理由を理解してみるのも一つの方法です。

彼の優しさや彼が与えてくれる自由さも、彼がある程度、距離を保とうとしてくれるからこそ、得られるメリットかもしれません。

距離が縮まるとそのメリットがなくなってしまう可能性もあるんですよね。

また、彼の家族や友人関係、過去の恋愛を通じて、彼がその距離感が一番いいと思っているのです。

それを否定せず受け入れることも効果的です。

さて、そうした試行錯誤をしながらも「彼を愛する」ということにコミットすることは忘れたくはないですね。
他の人の目移りしてもいいんだけど、ほんとうは彼がいいんでしょう?

彼を愛するってどういうことなのか?を考えていきましょう。

先ほどの理解する、というのも愛する方法の一つです。
彼の考えを受け入れる、というのもそうです。

でも、もちろん、自分を愛せなければ彼を愛することはできないわけで、寂しい思いをしている自分の気持ちももちろん大切にしてあげます。

そうしていくうちに「人は変わらないけれど、私が変わる」ということが起きてきます。
案外、今の距離でも楽しめるようになるかもしれないし、気が付けば溝が埋まってグッと距離が縮まっていることもあります。

これは私たちがずっと学び続けていくことですから、ゴールはありません。

自分を喜ばせ、彼を喜ばせ、そして、二人で幸せになることを目指しましょうね。

やれるだけのことをやって離婚を選ぶならば後悔も少ないでしょう。

だから、今できることをしよう!と思えば、寂しさも実は紛れるのです。

少なくても彼は幸せ者でしょう?
こんなにSさんに愛されているわけですから。

それには自信を持って欲しいな、と思います。

男女関係に特化したセミナーはこれだ!

大阪:8/25(土)18:00-20:00 根本裕幸×右京みさほ presents リアル交換書簡 セクシャリティを開くトークライブ

大阪:8/25(土)18:00-20:00 根本裕幸 × 右京みさほ presents リアル交換書簡 セクシャリティを開くトークライブ

東京:9/8(土)14:00-18:00 真島あみ&根本裕幸の『あなたの秘められた女性性が目覚める1dayセッション』

東京:9/8(土)14:00-18:00 真島あみ&根本裕幸の『あなたの秘められた女性性が目覚める1dayセッション』

『自立系武闘派女子(男子)のための恋愛講座~なぜ、幸せな恋や結婚を選べないの?~』
東京:9/22、大阪:9/29、名古屋:9/30、福岡:10/27、広島:10/28

東京・大阪・名古屋・福岡・広島:自立系武闘派女子(男子)のための恋愛講座~なぜ、幸せな恋や結婚を選べないの?~


あなたにオススメ