仕事、夫婦関係。ライフワークを生きるには何から向き合えばいいのでしょうか?


あれこれ考えると何もできなくなるのが私たち。
「どうしたいの?」「今できることは何?」と問いかけつつ、自分らしさを追求していくことが大切だと思っています。

根本さん

こんにちは。
根本さんのメルマガを毎日楽しみにしているMです!
去年12月には、やりたいことやろうセミナーでお世話になりました。
2ヶ月経っての状況、心境の変化をお伝え&ネタを送らせていただきます。

私は今教員をしていますが、3月で辞めます。12月の時は決まった直後で、4月からフリーになってやりたいことやるぞ!と息巻いていたのですが、いざ、この3ヶ月で何をやろうかと思ったところ、何も浮かばなくなってしまいました。

今は無理矢理動いてもと思い、4月からゆっくり過ごしてみて、それから考えようかなと思っています。

でも、たまにふと不安にかられることがあります。

主人は昨年から独立して事業をやっているのですが、赤字こそありませんが、うちには全く生活費が入って来ません。
この1年は私が生活を支えてきました。

私には少し貯金がありますが、切り崩し始めたら止まらないような気がして怖さがあります。

そこに、私の退職。

なんでこのタイミングなんですか?と言われてもおかしくないのですが、異動年限とも重なり、辞めるなら今だと思ってしまったんです。

しかも、フリーで根本さんみたいに、本書いたり全国回りながらセミナーやりたい!と思っていたのですが、何でセミナーやるのかと考えると、何もないことに気づいてしまいました。
同じような人たくさんいますよね。
ちょっと教育かじってますくらいの人山のようにいるだろうし、私に入る余地があるのか疑問です。

なんで、ここまでを辞めるって言う前に考えなかったのか不思議なくらいです。

12月のセミナーで、自分には価値があり、私いけるんじゃない?と思っていて、今もなんとなくそう思っている節はあるんですが、いかんせん目の前に立ちふさがる問題が転がり過ぎていて、ちょっと萎縮してしまいます。

さらに、夫婦関係も絡み、生活費未納問題だけでなく、レスもあり、私はなんとなく他の人と浮気をしてみたいなと思ってしまい、出会い系に登録しちゃったりしました。まだ誰かと会ってはいませんが、やりたいようにやってみたら?なんて言われちゃったら、会ってしまい、そして恐ろしく後悔しそうな感じです。

とっちらかっててすみません。
ひとつひとつを丁寧に見ていって、自分と向き合うための「神様のテスト」なんだと、今日のメルマガをみたら納得はしますが、何から手をつけていいのかわかりません。

自分で問題を大きくしちゃうあたりは、一人SMごっこなんですけど、いつか「あんとき、こんなことで悩んでたよね~、懐かしい~。」なんて思える時が来るのでしょうか?

何から向き合えばいいのでしょうか?

もし、ネタとして取り扱っていただけたら嬉しいです。

また、セミナー行きます!
(Mさん)

ま、要するにエネルギーが有り余ってるって状態なんですな。
檻から放たれたらふんふんふんふん鼻息荒く突っ走ってしまいそうなんですから!(笑)
一人SMごっこをきゃあきゃあ楽しんでらっしゃるんですから(笑)

ちなみにMさんがおっしゃる「今日のメルマガ」とは多分これのことですね。

『ライフワークを生きようと思ったら、おかんから爆弾が落とされたんですけど。』
https://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/23224

ライフワークの本をまさに今書いている最中なのですが、いいネタを頂いたような気がします!(笑)

もう4月なので、お仕事は辞められた後だと思うのですが、いかがでしょうか?

自立系武闘派情熱女子の場合、思い立ったが吉日とばかりどどどどどーっ!と動いてしまうのはそういうスペックなんだから仕方がありません!

ふつうに考えればその状況で仕事を辞めるなんて・・・と思われるかもしれないところ、「ふつうってなんじゃい?あたしゃ、ふつうの女じゃないんだから仕方がないだろ!!」と突っぱねるわけですからね。

私のセミナー参加者にはよく見られる傾向でございます。

「考えて行動しなさい」と学校では教えられてると思うのですが、それは思考が感情を制御できるタイプの人で、情熱系、直感系、芸術家系、武闘派女子系の皆さんにそれは釈迦に説法みたいなもんで、あまり効果はありません。

>なんでこのタイミングなんですか?と言われてもおかしくないのですが、異動年限とも重なり、辞めるなら今だと思ってしまったんです。

そう思ったんなら、Mさん的にはそれが正解なわけです。
こういうのって一般論はあれど、正解ってないんです。

だから、それが私らしさだったのならば、全然OKなんです。
いや、むしろ、そうした方がうまくいくのです。

ここでものすごく大切なのは「うまくいく」ということ。

一般的には「経済的にも心配のない状態で仕事を辞め、それまでの間に次の仕事の目星をつけてきちんと収入が入る確証を得ておくこと」が「うまくいく」という定義に当てはまると思うのですが、それもまた一般論なわけです。

自立系武闘派女子の中でも情熱を滾らせて生きる部族の皆さんは、

「平坦な道?そんなの面白くねーだろ?けものみち?そりゃあ、誰かが通ったあとだろ?あたしは道なき道を進むのが好きなんじゃ、ボケ!」

と啖呵を切って茨の道に突き進むことが「うまくいく」ことだったりするわけです。

安定して心配のない生活をすることが「うまくいく」のは、それが好きな人で、それが自分らしい人たちに限られていて、「人生とは冒険である」という方々にとってそれは「退屈極まりない人生」になるのです。

私もそうしたふつうの人が望む幸せを提案していた時代もあるのですが、なぜ私の周りには退屈を鬼ほど嫌うドラマ好きな方々が多く集まってらっしゃいます。
そうすると、そりゃあ、もう、「好きにしなさいよ。自分らしくするしかないっすよ」としか言えないわけでね。

皆さんもよく目にするでしょ?「なんでその男に行くの?もっとあなたなら幸せになれる男子がたくさんいるのに・・・」という方々の話。

しょうがないんですよねえ・・・野良猫でロックマンでダメンズじゃないと興奮しないんですから・・・。

Mさんのように情熱滾る方の場合もしょうがないわけです。
そういう人生の方が好きなんですから。

旦那さんとも「安定」は面白くないから、出会い系に登録するわけでしょう?
もちろん、それまでの不満をたくさん抱えてのことですが。

>しかも、フリーで根本さんみたいに、本書いたり全国回りながらセミナーやりたい!と思っていたのですが、何でセミナーやるのかと考えると、何もないことに気づいてしまいました。
>同じような人たくさんいますよね。
>ちょっと教育かじってますくらいの人山のようにいるだろうし、私に入る余地があるのか疑問です。

「私が入る余地」というのは、市場がすでに飽和状態になっている業界に対して言われることだと思います。
でも、そんな業界にも飛び込んでいく勇者もいますよね。
例えば、携帯電話事業に進出する楽天さんとかね。

セミナー業界なんて、そもそも飽和状態になるのか?ってくらいなものですし、むしろ、ガラガラだと思っています。

私がやってるセミナーが飽和してしまうのは、みんなが自分のこと大好きで、すべての夫婦が仲良しで、どこの企業もイキイキと夢を語ってるような状態になったときであって、まだまだ余裕ありありですよね。

本書いたり、セミナーしたりしたいのならば、商品は「私自身」です。
色んなセミナーに参加してみると、どの先生も言ってることに大した違いはないし、究極は「愛」について語ってるわけですから、みんな同じこと言うてるようなもんです。

それでも違いが出るのは、お客さんがその講師のことを好きかどうか?興味があるかどうか?だけなんですよね。

だから、Mさんがセミナーをすれば、Mさんと波長の一致する人たちが集まって来るわけですから、心配無用なんです。

それで私はいつも「その商品を磨いてあげましょうね」と言うんです。

商品を磨く=自分を磨く、です。

自分を磨くってことは好きなことをして、楽しんで、自分らしくいられるように日々意識を向けることです。

そして、やはり「セックスしてえええええ!!!」という情熱と同じように、「セミナーしてええええ!全国飛び回ってうまいもん食いてええええええ!!!」と叫び続けることです(笑)

具体的なアドバイスをするならば、本を書いたり、セミナーをしたい、と思うのであれば、書きたい本を書いてる人の本を読み、自分が参加したいセミナーに出まくってみることです。

目標とする人を何人も見つけてその人のセミナーに出まくって、本を読みまくることです。
本を書きたいなら、ブログで自分の思いを発信することも始めてみましょう。すでに作家になったつもりで。

そして、今から半年以内に「勉強会」という名のセミナーを企画しましょう。

よく「準備が整ってからセミナーをしよう」という方がいらっしゃるのですが、それはすでに形が決まっているものに対してのみ有効だと思っています。
セミナーのように真っ白なキャンパスに自由に絵を描くような仕事をする場合は、まずはキャンパスを用意した上で、「何を描こうか?」を考える方が向いてます。

準備ができてから、なんて、ほんと棺桶に足を突っ込んじゃいますから。

実践が一番学びになり成長になります。

>私はなんとなく他の人と浮気をしてみたいなと思ってしまい、出会い系に登録しちゃったりしました。まだ誰かと会ってはいませんが、やりたいようにやってみたら?なんて言われちゃったら、会ってしまい、そして恐ろしく後悔しそうな感じです。

そう思っちゃうことは悪いことでもないし、実際「やっちゃいました~!!てへっ!」て報告も頂く根本先生ですけれど、Mさんがほんとに欲しいものって何でしょうね?

同じような悩みを持つ方をこの間もセッションしていきました。
何が欲しいの?
ほんとうに欲しいものは何?
ほんとうにしたいことは何?

そういうところを掘り下げていくんですね。

旦那さんへの不満が溜まってる・・・
何も考えずにセックスしてみたい・・・
誰かに求められたい・・・
寂しい・・・

そうした本音に気付くと、それを解消する方法が浮気だけじゃないことに気付けることもありますし、「離婚だ!離婚!」となることもあります。

ちなみに先ほど紹介した女性は、自分をもっと性的に解放したい、という本音がありました。
気を使い過ぎていたんですね。
だから、「気を使う」という枠を外して、ほんとうの自分を表現する、というテーマで取り組んでいくことにしました。

ということで、私からのお勧めは、自分の気持ちに素直になるべく思いを掘り下げていくこと。

自分がなりたい憧れの人を一人でもたくさん見つけて、その人を「師匠」として、会いに行ったり、文章を読んだりすること。

今の自分ができる範囲で作家兼セミナー講師としての活動を始めること。

この3つですね~。

参考になれば幸いです~!!

ライフワークを生きるならばこれらのセミナー。

大阪:5/20(日)13:00-17:00
ワークショップ「好きなことをして自由な人生を生きる2~ライフワークを生きることを自分に許可する~」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/23021

東京:4/28(土)13:00-17:00
大阪:6/24(日)13:00-17:00
ワークショップ「好きなことをして自由な人生を生きる3~ライフワークを見つける~」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/23467

自分と向き合って自分らしさと巡り合うならばこれ。

東京:5/27(日)10:00-18:00
大阪:8/4(土)10:00-18:00
「根本裕幸の1DAYセミナー~問題を解決して幸せな自分になる~」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/23795


あなたにオススメ