いよいよ、今週開催です!>大阪:5/20(日)ワークショップ「好きなことをして自由な人生を生きる2~ライフワークを生きることを自分に許可する~」

・3/24東京開催分の懇親会の参加受付を終了しました。
・テキストができました。実習中心のかなり本格的なものです。自分と向き合ういいきっかけになると思います!筆記用具は必須です!
・5/20の大阪開催は懇親会会場が未定のため懇親会費は当日現金でお支払い頂くことにしました。
・受付を開始しました!(1/24)

「好きなことをして自由に自分を人生を生きていきませんか?」

このテーマで最近ブログを書いたり、セミナーをしたり、セッションをしたりしています。
どうしたら、そんな人生(ライフワーク)を生きられるのか?をずっと考えています。

それでまずは「才能、価値、資質、魅力を徹底的に知る」というテーマを昨年12/23に東京、2/18に大阪で開催しました(大阪はまだだけど)。
ワークショップ「好きなことをして自由な人生を生きる~才能、価値、資質、魅力を徹底的に知る~」
その時のレポはこちら。
「好きなことをして自由な人生を生きる~才能、価値、資質、魅力を徹底的に知る~」ワークショップのレポ。2/18は大阪で!

そのセミナーの中だけでなく、また、その他の方々からも色々なお話を耳にする機会が増えました。
その中で皆さんの中に「ライフワークを生きていい、という許可が降りていない」方々がけっこういるのでは?と思うに至りました。

この「許可が下りていない」というのはいくつかの傾向に分かれるようです。

1.本当に自分の好きなことをして生きていいのか自信がない。
2.自分が好きなことをして本当に生きていけるのだろうか?
3.自分のしたいこと、好きなことをやっているつもりだけどイマイチうまく行っていない。
4.そもそも自分が一生続けていきたいほど好きなものが見つかっていない。

そこで今回はそうした不安や迷いや疑いを解消すべく、「ライフワークを生きることを自分にちゃんと許可をする」というテーマで4時間のワークショップを開催します。

※続きもののセミナーではありませんので、もちろん、前回参加されていない方でも全然問題ありません!!

第1章 自分にとってのライフワークとはどんなものか?を改めて考えてみよう。

ライフワークというのは「自分らしい人生」であり、「好きなことをして生きる生き方」であり、「楽しみや喜びや感謝、愛と共に生きる」であり、究極は「幸せな生き方」だと思っています。
かつてはライフワークというのは「職業」や「仕事」を指していました。もちろん、今でもそうですが、私は「仕事」だけでなく、「家族、パートナーシップ」「趣味」「友人・仲間」そして「住む場所、家」まで含めた「生活スタイル全体」をイメージしています。

仕事に成功していても家庭が冷え切って居場所がない人は果たして幸せでしょうか?
仕事も家庭もうまく行っているけれど、趣味や仲間がいなくて定年後に何をしていいのか分からなくなってしまったような人、ご存じありませんか?
趣味や仲間との付き合いは充実しているけれど、仕事がうまく行かず悶々としていたら、やっぱり充実感は足りないんじゃないでしょうか?

だから、ライフワークというのは「自分らしい人生」であり、「好きなことをして生きる生き方」であり、「楽しみや喜びや感謝、愛と共に生きる」であり、究極は「幸せな生き方」だと思っています。

それでライフワークは様々な形態をとります。

ある人は週の半分を仕事し、残りは家の近くで農業や釣りをして生活しています。
ある人はパートナーのサポートを得て、大好きなデザインの仕事をしています。
ある人は専業主婦がライフワークで家事を心から楽しんで生活しています。
ある人はあちこちを旅しながら好きな講演活動をして生きています。
ある人は好きなことをブログに書いていたら書籍化もされ、それがきっかけでブログセミナーを開催しています。
ある人はネットで仕事ができるので田舎に移住してのんびり過ごしています。
ある人は仕事用の家と家族用の家を分け、週末婚スタイルにて充実した生活を実現しています。

そんなライフワークを生きている人のお話をしながら、改めてライフワークについて考えていきます。

そうすると「4.そもそも自分が一生続けていきたいほど好きなものが見つかっていない。」の問題が消えていくでしょう。
なぜならば、「その時々で自分が楽しいと思うこと、やりたいと思うことをやっていくこと」がライフワークだからです。

私たちはかつては「既存の仕事」や「既存の社会システム」に「自分を合わせていくこと」が能力として求められました。順応性という奴です。
会社のやり方に合わなければそこで生きていくことはできなかったのです。

しかし、インターネットの発達や様々なサービスが登場することで「お金を得る方法」が爆発的に増えました。

数年前まではYouTuberという職業は見たことも聞いたこともありませんでした。
皆さんが学生時代、就活をしているときに「アフィリエイター」「ブロガー」という就職先はありましたか?
そもそも私が就職をした20年前には「カウンセラーで食っていく」ということはむしろ嘲笑の的でした。
また、クラウドファンディングはじめ、志を持っている方ならば資金がなくてもやりたいことをやれる環境が整ってきています。

すなわち、そうしたテクノロジーの助けもあって、私たちは「自分に合わせた生き方」を自由に選べる時代になってきたのです。
これは素晴らしいことですよね!ほんと。
自分が社会に合わせるのではなく、社会の方から合わせに来てくれてる感すらあります!

それはメニューがあらかじめ決まっている定食屋さんから、自由に食べたいものを好きなだけ選べるブッフェスタイルに時代が変わってきているのです。

しかし、そんな時代になると困るのが「自分軸」が定まらず、自己肯定感が低い人たち。
自分のしたいことが分からなかったり、周りに流されたりしてしまうと、「自分で自由に選べる」という環境が返ってマイナスになります。

私はそうした方々(もちろん、彼らは能力は十分あります!)のお話を伺いながら、どうしたら私たちが自らのライフワークを構築できるのか?について考えるようになったのです。

そして、私がそうした方々とお話をしてきた中で気付いたことがあります。
「ライフワークというのは特定の仕事を指すものではない」というお話は先ほどしました。
「仕事」を指すものではなく「生き方そのもの」を指すものだと。

もう一つ、大切なことをお客様から教えられました。

それはライフワークとは必ずしも「形」を持っているとは限らない、ということ。

ライフワークにも「感覚派」というものが存在するのです。

例えば、「あちこち旅をして、いろんな人と出会い、好きな心の話をして、美味しいものを食べる」という形(スタイル)は私のライフワークです。
だから、それらを総括した「リトリートセミナー」は私にとってのライフワークを具現化したものです。

しかし、そうした目に見える形でライフワークを表現することが苦手な方もいるのです。
女性に多いのですが、男性にも意外にたくさんいらっしゃいます。

例えば「心地よい空間の中で、大好きな人と一緒にただ時が過ぎるのを楽しみ、その瞬間を幸せだなあと感じること」。

この表現には、どこで、何をして、どんな風に過ごすのか?は一言も含まれていません。
逆に、それを感じるのであれば、地下室でもラグジュアリーなホテルでも南の島でも雪国でもどこでも構わないってことです。

実はこれも「ライフワーク」なのです。
その感覚を追求していくものだから。
いや、むしろ、こちらの方が本当のライフワークのような気すらしてきます。

そこでこの章では改めて「自分にとってのライフワークとは何か?」を考えてみたいと思います。

第2章 ライフワークに期待し過ぎない。

ライフワークというのは「これぞ、俺がしたいことだーーー!!!!!」と感動と共に発見されるケースもありますし、それはとても分かりやすいものなのですが、どちらかというと私はもう少しネガティブな見方をしています。

「ああ、これか・・・確かに嫌じゃないし、好きと言えば好きだし、、、長年やってることだから、、、まあ、そうだよなあ・・・うん。これか・・・」のような気付き方をすることも多いと思います。

「え?これがライフワークですか???じゃあ、私、もう、ライフワークを生きてるかもしれません!」とおっしゃったクライアントさんを私は複数知っています。

多くライフワークを生きている方はメディア等で大々的に報じられる「特別なケース」がすべてだと思い込みやすいものです。
事業に成功し、経済的に豊かになり、多くの人に憧れられるような、そういう生き方をして初めてライフワークなんだ、という風に。

しかし、何度も触れますがライフワークというのは「私らしい生活スタイル」のことだと思っています。
つまり、自分が「楽しい、幸せ、自分らしい」と感じられる生き方なのです。
だから、非正規雇用だって、主婦だって、時には無職であったとしても、それが自分のライフワークである可能性もあるんですね。

だから、ライフワークに期待し過ぎていて、それでライフワークを生きられないという方も多いんじゃないかな?と思っているのです。

そこでまずはこの章ではライフワークに対する期待を手放し、より「自分らしさ」にフォーカスしていこうと思います。

しかも、ライフワークってある日突然降ってわいたように現れるとは限りません。むしろ、その方がレア中のレアケースでしょう。
むしろ、ライフワークを手繰り寄せる糸は意外とすぐ近くにあるのかもしれないのです。

「あ、もしかしたら私、ライフワークの入口に実は立っているのかも」
「もしかしたら、そこが僕にとってのライフワークに続く道なのかも」

そんな気付きを目的としてこの章をお届けしたいと思います。

第3章 ライフワークに生きるための心理ブロックを外し、ライフワークを生きることを自分に許す。

自分らしい生き方をする。
そんなテーマでセミナーを企画した時、一部の人から意外な声が多数寄せられました。
私にとっては「めっちゃワクワクする!!」というくらいのモチベーションだったので、そんなネガティブな声がとても意外なものだったのです。

「今の生活が180度変わってしまったらどうしよう」
「自分に大きな変化が訪れそうですごく怖い」
「今の仕事を辞めなきゃいけなくなったら困るかもしれない」
「本当に自分がしたいことを見つけるのは実はとても怖いし不安だ」
「ライフワークを見つけてもそれを本当に実現できるのか自信がない」
「自分がしたいことをしたら周りに迷惑をかけてしまうのではないか?」
「きっと家族には反対されると思うし、理解されないと思うから不安だ」
「経済的な不安があってライフワークに打ち込めるかどうか自信がない」

実は私たちの過去の経験や思い込みからは様々な心理ブロックが生まれてきます。
幸せなパートナーシップを築くことにも、豊かになることも、成功することにも私たちは潜在的な怖れを抱きます。
いわば「幸せになる怖れ」というものです。

この心理ブロックがあると、ライフワークを見つけたとしても、それを現実世界に落とし込むことができずに、いわゆる「ファンタジー」のようにしてしまいます。
いわば「夢見る夢子ちゃん」の状態になりやすいのです。

また、その怖れが抵抗を作るので、ライフワークを受け取りたいのに、それとは逆の方向に自分の意識を向けてしまうのです。
そうした心理ブロックを見つけ出し、できるだけそのハードルを下げることによって、自分自身がライフワークにスムーズに移行しやすいように準備していくのが、この章の狙いです。

また、この心理ブロックを外すことは、より自分にフィットしたライフワークを見つけ出すことにつながるのです。

この心理ブロックは自分でもある程度想定できる「顕在意識」にあるものと、自分ではあると思っていない「潜在意識」にあるものとがあります。
それぞれをいくつかの質問やワークによって導き出し、手放していくことにしたいと思います。

第4章 ライフワークを生きるために「今」の自分と向き合う。

さて、ライフワークを生きる許可が下りたら、今度は「今」と向き合うことにしましょう。
いわば、心の断捨離と言えるものに取り組んでみたいと思います。

あなたの今の生活において、好きなこと/嫌いなこと、得意なこと/苦手なことなどを表現してみます。
また、したいこと/しなければいけないこと、楽しい/つまらないことなどにも分類してみましょう。

こうした見方をすることで、ある人は「いかに自分がしたくないことにエネルギーを割いているのかが分かった」と気付き、「したいこと」にフォーカスするようにしました。その結果、いつしか、自分が本当にしたいことがはっきりと見えて来たと言います。

また、ある人は「自分が得意だと思っていることと好きなことが乖離していることに気付いた。人に好かれたいと思って頑張って来た自分がいかに大きいかが分かってしまった」とおっしゃっていました。そして自分軸で自分が好きなことに意識を向けていくことで、職場は変わらないのに人間関係がすごく楽になった、という報告をしてくれました。

ライフワークを生きるとき、他人軸で人の顔色を窺っている自分のままだと、それが障害となってなかなか自分らしい道を選ぶことができません。

そのために、今の生活スタイルを見直し、「すでにライフワークを生きている時に近い状態に自分を持っていく」ことを今回提案したいのです。

そこで、自分の今を振り返るいくつかのワークを通して、自分自身と向き合い、すでに今、ライフワークを生きているかのうような毎日を実現することをここでは目指します。

こうしたプロセスを経て、自分自身がライフワークを生きる覚悟をし、その準備をしていきたいと思います。
これにより冒頭にご紹介した4つの大きな不安は解消されていくでしょう。

そして、ライフワークを生きる許可が下りたとき、もしかすると自らのライフワークがすでに見えて来る方もいらっしゃるかもしれません。

「そうか・・・もしかするとこういう生き方かもしれないな・・・」

そんな感覚を得て家路に着いていただけるよう、サポートさせていただきます。

詳細とセミナー料金とお申込み

【東京】
日時:2018/3/24(土)13:00-17:00
会場:神楽坂・アイフィールド
住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-48 TOMOSビル6階
交通:東西線神楽坂駅徒歩1分。大江戸線・牛込神楽坂駅徒歩5分。飯田橋駅12~15分。
地図:https://ai-field.com/access/

【大阪】
日時:2018/5/20(日)13:00-17:00
会場:北堀江・ル・プラン・ド・ルミエール
住所:大阪市西区北堀江1丁目1番10号 アークビルディング101
交通:四ツ橋線四ツ橋駅3番出口より南へすぐ、御堂筋線心斎橋駅7番出口より徒歩5分
アクセス:https://goo.gl/maps/pN6YotQcFiP2

【料金】
22,000円(税込み)
 ※事前払い制です。銀行振込、もしくは、Paypalにてお願いします。
 ※お申込み頂くと(自動返信メール)がお手元に届きます。そのメール内に振込先が記載されておりますので、1週間以内にお振込みください。
 ※振込確認後、申込確定となります。
 ※振込手数料はご負担下さい。
 ※領収書は振込票にて代理ください。

【懇親会を開催します!】
終了後、近隣のレストランで懇親会を開催します。だいたいおひとり様5,000円を見込んでおります。
ご参加希望の方はあらかじめ懇親会費(5,000円)を合わせてお支払い頂きますので、お申込みの際に「懇親会参加」の方をお選びください。
キャンセル規定はセミナー同様に適用されますのでどうぞ、ご注意ください。

※5/20大阪は懇親会会場が未定のため、懇親会費は当日現金をご用意ください。

【キャンセル規定】
キャンセル料:セミナーの1週間前~3日前までのキャンセルは50%、2日前、前日は80%、当日は100%となります。
返金の際の振込手数料はご負担ください。

お申し込みはこちらからどうぞ!!
(「ライフワークセミナー2」をお選びください)


関連記事