夫がハマっている趣味が生理的に無理なんです。


その趣味が問題ではなく、その趣味を通じて感じる感情が問題と捉えます。
なぜ、彼はそれにハマらなければならなかったのか?なぜ、奥さんはそれが嫌なのか?
そこから見えてくる夫婦や個人個人の問題と向き合っていきます。

今日もリクエストにお答えしたいと思います。
私もリクエストしたい!という方はこちらからどうぞ。

************
夫の趣味が生理的に無理です。

結婚してから夫はサバイバルゲームを始めました。
仕事のストレスが解消されるから、行かないわけにいかないそうです。
周りに反対されるのはわかっているため、夫の両親や私の両親も知りません。
付き合っていたころから興味があったけれど、私が嫌いだと思って言い出せなかったそうです。
正直、サバイバルゲームが好きだと知っていたら結婚しなかったかもしれません。
家にエアガンがあったり、試し撃ちをされたり、その度にすごく嫌な気持ちになります。
現状は、嫌だということのみ伝えて、やめてほしいとは言っていません。

夫のことを前のようにみることができません。
(H)
*************

サバイバルゲーム、ハマると抜け出せないんですよね。私の友人にもかつては相当ハマってる奴がいました。

さて、Hさんにとっては「夫のサバイバルゲーム」なのですが、他の方にとっても色々と当てはまるものがありそうですね。
「パチンコ」「競馬」などのギャンブル系。
「フィギュア」「アニメ」などのオタク系。
「鉄道模型」「撮り鉄」などの鉄系。
「オーディオ」「カメラ」などのお金のかかる趣味もあれば、「旦那のやってるスポーツが生理的にダメ」「旦那がずーっと集めてる何かがダメ」みたいなお話も聞いたことがあります。

Hさんにとっては「それならまだ家にフィギュア展示ケースがある方がマシ」と思われるかもしれませんね。

自分が嫌悪感を抱く趣味を旦那がやってるとなると・・・やはり愛情はどんどん薄れて行ってしまうでしょう。
実際に離婚も考えられますか?
さて、王道的な見方をまずはしていきましょう。

なぜ、彼は奥さんが嫌がっていることを知りながらも、その趣味を続けざるを得ないのでしょう?

または、彼がなぜその趣味にハマらざるを得ないのでしょう?

なぜ、その趣味がストレス解消になるのでしょう?

そもそも彼はなぜ、そんなにストレスを溜めこむのでしょう?
奥さんに嫌われることを知っていながらもやらなきゃいけないくらいのストレスって何なのでしょう?

少し見方を変えて、なぜ、Hさんはその趣味が嫌なのでしょう?

たくさん質問してしまってすいません。
カウンセリングやセミナーの個人セッションでは、こういう質問を投げかけて、じっくり考えてもらうんです。

単純に「ストレス解消でしょ?」で終わらずに、さらにその奥に意識を向けていきましょう。
もし、分からない、ということであれば、分からない、ということに問題意識を持ってみましょう。

心理学的な見方というのは「サバイバルゲームが悪いんじゃないですよね?そのサバイバルゲームというものに奥さん自身が感じている感情が嫌なんですよね?」という表現をするんですね。

例えば、「離婚したい」という気持ちも、「夫といるときの感情が嫌だから離婚」ってなるんです。夫が悪いんじゃないんです。夫といるときの感情が嫌なんです。

単に「生理的に嫌だから」で終わってしまうのではなく、なぜ?なぜ?と自分の心に問いかけていくことを私はお勧めしているんですね。
こうして、なぜ、ご主人がその趣味にハマらざるを得ないかを理解していくことは、これからの夫婦関係を考える上でものすごく重要です。

「奥さんが嫌がってることを知っていながらその趣味を辞めない」ということは重要なメッセージですよね。
普通、相手が嫌がることってしたくないものですからね。それでもしなきゃいけない理由って何だろう?って思うんです。
ご主人ってあまり自分の意見を言えない人なのでしょうか?
職場でも家庭でも相手に気を使って自分を表現しない人なのでしょうか?
感情を抑え込んでいて、あまり感情表現をしない方なのでしょうか?
あるクライアントさんのご主人はギャンブルにのめり込んでいます。しかし、そのご主人は職場ですごく慕われている、すごく“いい人”。そこで私は伝えたんです。
「ご主人のギャンブルを辞めさせたいと思ったら、それを作っている『いい人』をまずは辞めさせなきゃね。もし強引にギャンブルを辞めさせたとしても、女、買い物、酒、クスリ・・・何か他のモノでそのストレスを吐き出そうとするからね」
Hさんのご主人にも、そこまでしてハマらなければいけないココロの理由があると思うのです。
それを解消させてあげるのが実は一番の王道なんです。

※この辺のお話は「「ココロ(心)」が「現実」を創り出す。」という記事にも通じることなので、もし未読でしたらぜひ一度お読みくださいね。
もっとストレートに言えば、「結婚してからその趣味にハマった」「私が嫌がることを知っていながら・・・」という下りを読むと、お二人の間には見えない壁がずいぶんとあるのかな、と思うんです。
つまり、彼のストレスは仕事だけじゃないんじゃないかな?と。

Hさん自身にも思い当たるところはありますか?

ちゃんと彼の気持ちに寄り添ってあげたことはあるだろうか?
彼の意志を優先させたことがあるだろうか?
自分の意見ばかりを通していることはないだろうか?
彼に甘えて自分のことばかり話していないだろうか?
彼をちゃんと見て愛しているだろうか?
自分の思いを押し付けて来ていないだろうか?
セックスはお互い満足できる形でできているだろうか?

今回のことはご主人を理解し、2人の間の壁を取っ払い、ますますいい関係性を築くいいきっかけになります。
もし、彼が奥さんからちゃんと愛され、大切にされ、そこでストレスが解消されるとしたら、彼はエアガンを持つ必要はなくなります。

そのサバイバルゲームという結果ではなく、その内面に意識を向けてみるときっと突破口があるはず・・・。

そのために3か月ほど時間を取ってください。
今までの夫婦関係を見つめ直す時間。
自分自身やご主人のことをもっと理解する時間。

それを理解した上で、それでも無理、辞めない、続けられない、とすれば、Hさんのテーマは「離婚を覚悟する」ということになります。

以前、ある趣味にハマっている旦那さんに嫌悪感を抱いた奥さんが、数か月頑張って嫌々ながら彼を見つめ、自分を見つめ、向き合ってきたんですね。
それでも彼はその趣味を辞めなかったんで、離婚覚悟で「辞めてほしい」と伝えたんです。
それこそ、命がけ、本気の訴えでした。
彼はその時は何も言いませんでしたが、翌日、彼の部屋からはその趣味のものがすべて捨てられていたそうです。

「ちゃんと愛が伝わったんですよ。あなたへの愛のために、彼は自分の趣味を捨ててくれたんですね。」とその時彼女と話しました。

Hさんもぜひ、そんな体験をしてください。
応援してますね。

毎日使える心理学講座
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング
☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
「ドロドロ系人間関係をスカッと解消するために知っておきたい心理学講座」
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。
根本の著作


関連記事