パートナーシップはバランスを取り合うのでそのバランスを崩してあげると問題が解決しやすくなる~【私と母】vs【彼と妻】の絶妙なるバランスの法則~



パートナーシップの問題を解決するにあたり、私がよく持ち出すのはバランスの法則。
パートナーシップに限りませんが人間関係って無意識にバランスを取り合うことで成立することが多いんです。
そんな視点を持つと問題がどのように見えてくるか?というお話です。

根本さんこんにちは!いつも人生に漂流し始めるとしがみつくように、ブログや書籍やVoicyやらに助けられています!沈まずにいられるのは、根本さんのお陰です(涙)
アラフォーで3年前に離婚し現在実家寄生虫の私。離婚前に知り合った既婚彼と付き合って4年。
私の離婚前に、彼の方が先に奥様と別居し(不倫が原因ではない)、私の方も色々な不満から旦那さんと離婚(不倫はバレず)。
離婚当初は、罪悪感でいっぱいになり、とても苦しみましたが、根本さんの本やzoomでのセミナーワークを続け、3年経った今、ようやく「あの時の私には、あれが精一杯だったし、ダメだと分かっていても、私には必要だったんだ。」て思えるようになりました。
最近は、ダメな自分も受け入れて、彼と幸せになりたい!という思いが強くなっていました。が、いまだ別居中の奥様の言いなりな彼の態度や行動に、私が腹を立て喧嘩になったり、彼は彼で、私が同居中の母の目を気にし過ぎて身軽に行動しない事に不満で、別れたり戻ったりを繰り返しました。
が、先日とうとう私がブチ切れてしまい、「私はあなたと向き合いたいけど、このままだと無理だ!あなたが本当に私と向き合いたいと思うなら、籍を抜いてから私の元に来て下さい。もう不倫は嫌です」とLINEを送りました。
彼からは「嫌な思いばかりさせてごめんなさい」とだけ返信があり、それ以降連絡なしです。
見事自爆し、深い闇に沈みそうです。彼は私以上に常に大きな罪悪感を抱え、自分が嫌いだと言い、ハードワーカーでいつもギリギリまで頑張り続ける人です。
そんな彼の暗い部分に共感し、助けたい、いつも笑顔でいて欲しい、私との時間で癒されて欲しいと思っていたのに。彼が離婚すれば全てうまくいくのに!と思ってしまったんです。
でも本当にそうなのか?と最近疑問に思う様になりました。
私の母との癒着や罪悪感がネックなのかも、と思います。
ギクシャクしている時、彼が「もし俺が独身だとしても、Mがずっと好きでいてくれて付いてきてくれるとは思えない」と言われました。
その発言は、彼が自分に自信が無いからなのか、私の態度からそう感じていたのか…。確かに私は受け身が多く、彼はもっと自分から来て欲しい、求められたいと言っていました。
根本さん、私、しつこいんです。彼が好きです。
そんな私が今取り組む事は、何でしょうか?どうかアドバイスを!
(Mさん)

まあ、罪悪感vs罪悪感の関係は自爆することが多いよね!という話ですね。
不倫関係じゃなくても、アラフォーの恋ともなればお互い脛が傷だらけだと思いますし、叩けば埃がいっぱり出ちゃうと思うので、こういう自爆テロもしくは敵前逃亡もしくはバトルが起こるもんですよね~。
みんな、ほんま好きねえ(^^)と思ってますが、それだけ情熱の女ってことで、これはサガですわな。

ということで、いただいてからしばらく時間が経ってしまいましたがその後はいかがでしょうか?

※根本へのリクエストは現在ストックが100件ほどありまして(!)、今ネタをお送りいただいても採用されるのは早くて1、2か月後くらいになります。採用率は3割程度かな。
お急ぎの方、確実に返信が欲しい方は弟子どもが回答させていただくオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」にネタをお送りください!こっちは採用率も返信率も高めです。私の方と両方送ってもらっても可です!

さて、パートナーシップと言うのはある角度から見ると絶妙なるバランスの上に成り立っているものです。

だからそのバランスを敢えて崩すことで、お互いの関係性をより自然な方に持って行こうという方針を立てることが多いもんです。

Mさんのお話もそんな風に読み取ることができて、ある部分では「罪悪感vs罪悪感」というバランスで成り立っており、Mさんがその罪悪感を癒すことで彼も楽になるし、お互いの関係が自然なものになる可能性が高いと思います。

ちなみに「お互いの関係が自然なものになる」という表現をしていますが、私って「二人の関係がうまく行くようにサポートする」というカウンセラーではなく、「二人の関係がうまく行くのはたまたまで、それは自分がより自然体になった結果である。」という立場を取ります。

不自然(=自分らしくない)な形でうまく行ったとしても幸せじゃないし、長続きしないと思うので、自分らしくある(=自然体)状態になることを優先して、その結果、彼が付いてくるか、そうじゃないかは天に任せましょう!ということです。

すなわち「なるようになるし、自分が幸せなことが大事よね~」というスタンスです。

ということで、まずは罪悪感に着目してみると良いでしょう。

とはいえ、罪悪感ってのはねっとりみっちりしており、かつ、潜在意識の奥深くに潜んでることも多いので、しばらくは腰を据えて向き合っていくことが肝心です。

「いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本」(ディスカバー21)
*セミナー動画:『私の幸せを阻む「罪悪感」を「愛」で癒して「私」を自由に解放するワークショップ』
*心理学講座動画:『罪悪感と癒着の心理』

ええ、お約束の本と動画のお知らせですけど、別にこれを伝えたくて書いてるわけじゃないからね!!!!(強調)

で、Mさんのお話をまた違う角度で見れば「ほほー、だから彼は離婚せえへんねんな」ということがよく分かります。

というのも、「彼と奥さんの関係」と「Mさんとおかんの関係」というのがこれまた絶妙なバランスで成り立ってるんだなあ、ということです。

そして、お互いにそのことを気にされている点でもうまくバランスが取れてますね。

Mさんは「実家寄生虫」で母親との癒着が疑われてます。
彼は彼で、「別居中の奥様の言いなりな彼の態度や行動」ということで、もしかしたら彼も奥様と癒着されてるのかもしれません。

すなわち、

【実家(母)】-【Mさん】vs【彼】-【奥様】

というバランスが成り立っていると見ることができます。

で、そこで人はけっこう頑固なところがあるし、自分を変えたくないので、「あんたが何とかしなさいよ!」「お前の方が何とかしろよ!」という不毛な会話が成り立つことになります。

もちろん、そこでは不満もたんまり溜まるので「我慢大会」が催されることになり、我慢の限界に達した方が自爆テロを起こす流れとなります。

ま、サウナみたいなもんですね。同じタイミングで入室した相手をライバルと見極め、お互いに「「あいつには負けん!!」」と頑張るわけですが、さんざん暑さを我慢した結果、「やっぱもう無理!」と思った方がサウナルームを飛び出すわけです。

ただ、サウナルームの先には水風呂という天国があるわけですが、パートナーシップにおける我慢大会は「別れ話」という地獄が待ってるので、必ずしも同じじゃないんですけど。

そういうわけで、彼にも

>ギクシャクしている時、彼が「もし俺が独身だとしても、Mがずっと好きでいてくれて付いてきてくれるとは思えない」と言われました。

という点でその癒着がバレてるわけですが、私が思うに、その一方でMさんも「離婚してくれたからといって私たちがうまく行くとは限らない」と思っている可能性もありますね。

そういう見方をすれば、Mさんが彼に送ったLINE、

>「私はあなたと向き合いたいけど、このままだと無理だ!あなたが本当に私と向き合いたいと思うなら、籍を抜いてから私の元に来て下さい。もう不倫は嫌です」

これも彼側としては「俺はMと向き合いたいけど、実家(お母さん)との関係を改善してくれなきゃ無理だ」と思っているかもしれません。

つまり、ここではお互いにお互いの問題を押し付け合ってるわけです。

そして、

>確かに私は受け身が多く、彼はもっと自分から来て欲しい、求められたいと言っていました。

という風に依存というか他人軸(彼軸)になっていると関係性が常に受身になるので我慢し続けるか爆発するかのどちらかにならざるを得ないと思います。

「まあ、それはあんたのキャラだもんねえ~」と受け取ることもできるんですけど、ずっと待ちの姿勢ではなかなか辛いかもしれません。

さて、そんな視点で見るとちょっと気がかりなのは「Mさんにとって大事なのはお母さんなの?それとも彼なの?」という点です。

もちろん、そんな風に聞かれたら即座に「彼に決まってんじゃないの!!」と主張されるかと思うんですけど、それって本音でしょうか?それは態度に現れてますか?だったら、すぐに実家を出て一人暮らしを始められますか?という嫌な質問が続くことになります。

意識レベルでは彼を選んでいるつもりでも、潜在意識(=言動)はお母さんを選んでるケースってめちゃくちゃ多いんです。ほんまに多いんです。

例えば、彼とのデートの間にもお母さんからの連絡を気にしちゃう人がいます。
例えば、言葉の端々に彼の言葉よりもお母さんの言葉を優先する人がいます。
例えば、なんだかんだお母さんの言いつけを守って彼を阻害してる人がいます。

こういうのって無意識でやってることなので自分ではなかなか気付きにくいんですね。

だから、彼との関係はもとより、今後ラブラブなパートナーシップを築いていくためにはお母さんとの距離感をちゃんと取れるようになった方がいいよね~♪という課題が提示されるわけです。

それってどうなんでしょう?
Mさんにしてはやりたいことなんでしょうか?
それとも、それができない言い訳が次々浮かんで気乗りしない状態なんでしょうか?

ということでお母さんを手放す覚悟が少しでも決まったらこちらの本や動画で手放しワークに取り組んでみましょう。

「もう傷つきたくない」あなたが執着を手放して「幸せ」になる本」(学研プラス)
*セミナーDVD『本気の手放しワーク』

ということで、もうずいぶん楽になったようですが、離婚に至った経緯などもちょっと気になるところですね。

もしかしたらその心理的な背景にも母の影響が少なくないかもしれませんので。

私たちってけっこう同じパターンを繰り返すことが多いので、今回もそうなら以前もそうだったんじゃない?なんて見方を良くするものです。

さて、パートナーシップというのは不思議なもので、Mさんだけでなく、お互いにバランスを取り合うものなんですね。

だから、一方のバランスを崩してみると(というか自然な形に戻してみると)、相手も自然な形になって、お互いが自然に結びつくか、自然に縁が終わっていくということになります。

終わっていくと悲しいかもしれませんが、お互いに納得できるし、自分の気持ちが変わっているので言うほど辛いことではありません。

ここから応用してみると、様々なケースに当てはまることができます。

(ケース1)彼(夫)との関係がぎくしゃくしてる!うまくいかない!

【子ども】+【私】vs【夫】+【実家】

【元彼】+【私】vs【彼】+【仕事】

(ケース2)彼の浮気問題

【母】+【私】vs【彼】+【女】

(ケース3)なんで既婚者とばかり出会うの!?

【実家】+【私】vs【彼】+【妻】

(ケース4)ロクな男と出会えない!!

【母】+【私】vs【男】+【仕事】

この式は分かりやすく【X】+【Y】で書いてますが、実際は【X】+【Y」+【Z】みたいなこともよくありまして、このバランスという側面で見ていくと自分がどこに意識を向ければ良いかが分かってくるものです。

※参考
バランスの法則~バランスを崩してお互いを統合することで問題は解決する~

バランスの法則再び~なぜ、彼は浮気をするのか?私は不倫をしてしまうのか?~

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)
また、感想を送ってくださったり、SNSで感想をつぶやいてくださったりすると根本がめっちゃ喜びます!

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

また、お弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。
(こちらの方が圧倒的に採用率&回答率が高いです!!)


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
バランスの法則~こじれた人間関係を改善するには敢えてバランスを崩してみるとうまく行く~
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『バランスの法則~こじれた人間関係を改善するには敢えてバランスを崩してみるとうまく行く~

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい