彼のNoを受け入れられるほどあなたは彼を愛せますか?~自分のニーズにハマって相手の気持ちをスルーしてませんか?~



彼のことが好きで、その思いが情熱的であるほど「彼の気持ちをスルーして、自分の思いだけで動いてしまう」という事件が起こりやすいものです。
それって相手の気持ちを冷ますことに効果は絶大で、自分にとっては何らメリットがないと思うんです。

以前、
「意地っ張り同士のパートナーシップを幸せに導く秘訣~勝ち負けや正しさよりも「幸せ」を選べる自分になる~」
の記事でお世話になりました。無事、その後彼の住む地域に移住を果たしました。

しかし、移住してはや数ヶ月、一度も彼に会えていません。

彼が以前美味しいと言っていたカレー屋に連れていってと言っても、「めんどくさい」の一言。
どうしたらめんどくさくなくなるのか尋ねてみると、「時間を作る理由があれば」。
会うことに関係のない内容にはそれなりに返信してくれるものの、お誘いにはスルー、日付を指定すれば仕事があると逃げられます。

今まで使用していた餌だけでは食いついてきてくれず、だからといって離れてもいかず。

初期の頃は、私がキレて半ば脅しに近い形で彼が私に会いにくるようなパターンがありました。
自分でも彼を好きな気持ちに自信がつき、私の好意を囮に脅すのはかわいそうだからと優しく母性でもって接するパターンに切り替えました。
彼が安心したのかそれで距離が近づきよかったのですが、物理的距離が近づいてからは優しくしたところで反抗期の子供のように強い言葉を返されます。

ちょっと趣向を変えてミニスカを購入し写真を送りつけてみたところ、1週間の未読スルー。ぜったい好きなはずなんですがちょっと刺激が強すぎたかもしれません。

私は彼と結婚して一生を添い遂げようと決めました。好きだと好意も伝えています(最後に会ったときに彼に止められたため直接伝えたことはありませんが…)。

私は彼に会いたいのです。
優しい女神さま作戦が効かないのなら、私の知る戦略はもう脅し作戦しかないのです。セクシー作戦もきかなかったし…

会いにきてくれないと好きでいられないと伝えて会うのは、作戦としてアリでしょうか?
短期的にはいいかもしれませんが、彼をコントロールする態度のようで少し気が引けてしまうのです。

それに会いに来てくれないというだけで別に嫌いにもならないので私の本心とも違います。

一方で、彼は理由がないと会えないと助けを求めているので、その理由を作ってあげるため演技も時に必要なのかとも思うのです。

根本先生、もしネタとして使えるようであればご助言よろしくお願いします。
(Yさん)

せっかく彼の元に移住したのに会ってくれないというのは寂しいし辛いしムカつくし彼は犯していらっしゃるわけですなー。

ネタを頂いて数か月過ぎますが今も悶々とされてるのでしょうか?

そうすると情熱系武闘派女子であるYさんは何とかその閉じられた扉をこじ開けようと奮発するんですけど、そんなとき、もしかしたら大切な何かを見落としているのかもしれないんです。

よくこんな話をします。

「返事がないのも返事のうち」

既読/未読スルー問題がけっこう話題によく上っていた頃、そんな記事を書いたり、カウンセリングで伝えたりしておりました。

そうするとYさんが今されていることは、自分のニーズから行動されてるのか、彼のことを考えて行動してるのか、自分の思いを一方的に押し付けようとしているのか、どうなんでしょう?

Yさんが彼をコントロールしないように意識されてることは素晴らしいと思います。

>会いにきてくれないと好きでいられないと伝えて会うのは、作戦としてアリでしょうか?

というやり方もおっしゃるように短期決戦では有効でも長期的には不毛でしょう。
つまり、脅さないと会ってくれないし、それで会えても自分としてもうれしくないでしょう。

自分が脅したから渋々会いに来てくれたとしても罪悪感ばかりが募りますし、今後彼との関係でずーっとコントロールし続けるのも辛いでしょう?

よくこうした問題を考えるときに「彼は親密感への怖れがあるから」という見解を持たれる方も多いかもしれません。

それは確かにそうかもしれないんだけど、今の彼は親密感に怖れを抱いてるんだからしょうがないですよね。

その彼を受け入れようとされてますか?

その彼の怖れすら何とかしようとコントロールしたい気持ちになっていませんか?

もし、彼の親密感への怖れを溶かしてあげたいのであればそれなりの長期戦を覚悟するのも必要です。

だから、例えばミニスカの写真を送りつけて1週間未読なだけで「この作戦は失敗した」と捉えるのは早計ですね。

かつて私のクライアントさんに海外の電波状況が悪い地域に赴任しているロックマン氏をショートメールだけで落としたツワモノがいるんですけど、彼女ははじめから1年はかかると腹を括って挑んでおりました。

実際はもうちょっとかかったんですけど、その後彼女は大手商社マンの妻の座を射止めました。

せっかく近くに引っ越してきたんだからもっと頻繁に会えるはず。
近くにいるのに会えないなんて自分が不憫すぎる。

そんな思いに至るのは無理ないことですし、それで焦りも出てくるかと思うのですが、そんなときこそ特に自分のニーズに引っ張られやすいんです。

彼はちゃんと返事をしてるじゃん!と言われたら意外に思われるでしょうか。

・カレー屋さんに連れて行くのはめんどくさい。
・カレー屋さんに行くにはそれだけの理由が必要。
・会うこと以外の会話をしたい。
・ミニスカ写真にもあまり興味はない。

その現実をYさんはどれくらい受け入れられているのでしょう?

賢い人や考えすぎるタイプの人が良くやりがちなことがあるんです。

〇相手の態度を自分の都合の良い方向に解釈する
〇相手の態度をスルーして自分の気持ちばかりを優先する。

例えば、こんな感じ。

「彼は親密感への怖れが強すぎるのよ。あたしがこうして関わってあげなかったら関係が終わっちゃうよ?」

「ほんとはあたしのこと好きなくせに。素直になれないんだね。」

「ほんとは会いたいけど何か理由が必要なんだよね。じゃあ、あたしが作ってあげる。」

「セクシーな写真に興味があるに決まってる!」

「彼は強い人だからどんな自分をぶつけても受け止めてくれるはず!」

「私は彼に決めたし、彼だって私を選んでくれてる!」

「私と彼は相性がいいんだから必ずうまく行くのよ!」

などなど、まあ、ほかにも“思い込み”はたくさんあるものですね。

そこで豪快なすれ違いが生じてしまい、相手の気持ちはどんどん冷めていくんです。

「めんどくさい」と伝えることも面倒になるんです。
脅したとしてもスルーされてしまうようになるんです。

でも、自分のニーズにとらわれていると、それがまさか自分の態度が作り出しているとは思えないので、その態度を加速させていき、どんどん取り返しが付かない状態になっちゃうことも少なくないのです。

そうすると、

>今まで使用していた餌だけでは食いついてきてくれず、だからといって離れてもいかず。

の「離れてもいかず」ということから分かるのは、彼の「今の距離感がちょうどいいんだよ」というメッセージなんじゃないでしょうか。

もちろん、Yさんとしては「それじゃ困るのよ!」と思うわけですが、でも、それが彼の本音だったとしたらどうします?

さらに、Yさんはしないと思いますけど、「彼ともっと一緒にいたくて移住までしたのに!」と彼を恨むのもお門違いですよね。それは自分で選択したことですから、

つまり

>私は彼に会いたいのです。

という自分のニーズに自分自身が取り込まれてしまっている状態なのかもしれません。

それに対する彼の態度は明確なのに、自分の思い通りに事が進まないのでどんどん焦り、不安になり、墓穴を掘っちゃわないことを願ってます。

コミュニケーションってキャッチボールみたいなものとよく言われますよね。

相手の投げたボールを上手に受け取ることも大事だし、相手が取りやすいボールを投げてあげるのも大事なことです。

それなのに「あたしの愛を受けてみやがれ!」と剛速球を投げてしまうとしたら、それは愛じゃなくてニーズなんです。

「それって彼が喜ぶことなの?」という疑問を持つことはすごく大事ですね。

自分が彼に対してしていることが愛ではなくニーズをぶつけてしまっていないか、チェックしてみてください。

カウンセリングでもよくお伝えするんですけれど、

「彼のNoを受け入れられるほど、あなたは彼を愛せますか?」

ということです。

かつて「手放せるくらい彼を愛せますか?」という記事を書いて反響をいただいたんですけど、その応用編ですね。

「あたしは彼と会いたい。けれど、彼があたしと会いたくない」という現実はとても辛いものだけど、愛する人のために、それを受け入れる覚悟はできますか?

私から見ると、彼の近くに移住し、何気ないやり取りなら返事が来るならば、まだまだ余裕(可能性)がある状態です。

むしろ、どっかり腰を据えてこれから難攻不落の彼をどう落としていこうか、舌なめずりしながらじっくり戦略を練ることができるでしょう。

私のセッションだったらこんな見方をしていくでしょう。

「なぜ、あなたはこの状況を作り出しているのか?」

親密感への怖れがあるのは自分ではないだろうか?
彼と幸せになると決めたのは良いことだけど、本当に決断できているのだろうか?

なぜ、そんなにも自分に自信が持てないのか?
なぜ、そんなにも不安になり、焦ってしまうのだろうか?
なぜ、女としての魅力をどうしてそんな低く見積もっているのか?

彼が今、喜ぶことは何なのか?
もし、それが今の距離感をキープすることであれば、それを喜んで引き受ける覚悟がなぜできないのか?

Yさんにとっての「幸せ」とは何なのか?
そんな態度を示す彼をそこまで求めたくなるのはなぜなのか?

そんな疑問点からYさんの心の中をあれこれ探っていくでしょう。

そして、こうしたシーンでの基本路線である「彼が自分に会いたくなるほど魅力的な女になってやる!」というプロジェクトを強力に押し進めるでしょう。

今、うまく行っていないということは、まだまだ今の自分が本来の魅力を解放できていないから、という風に捉えます。

だから、彼に対してあれこれ仕掛ける前に、自分自身を整えることも重要でしょう。

そうして一歩引いて彼の様子を伺うことができれば、今まで彼のことを研究してきたYさんなら「あ、ここが狙い目か!」というポイントを見つけることができるでしょう。

ということで、ちょっと厳しい内容になってしまったかもしれませんけれど、私としては一時退却の上、体制を整えてもう一度アタックするかを選択されるのがいいかと思うのです。

ということで、勇気は要りますが、一旦、手放してみることもお勧めです。

「もう傷つきたくない」あなたが執着を手放して「幸せ」になる本」(学研プラス)
*セミナーDVD『本気の手放しワーク』
*セミナー動画/DVD:「自立系武闘派女子のための恋愛講座~過去の恋を清算する、棚卸しと手放しセッション!~」
*セミナーDVD『手放す愛で夫婦関係に奇跡を起こす~愛で問題を解決するセミナー~』

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)
また、感想を送ってくださったり、SNSで感想をつぶやいてくださったりすると根本がめっちゃ喜びます!

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

またお弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
『(準備中)』
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 
 (準備中)
 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい