なぜその男に惹かれるの?のワケ~元々持っているセクシュアリティと日常生活での不均衡問題~



「なんでその男がいいんだろうね?」というのは私のカウンセリングでよく出てくる嘆きというか質問なのですが、そうなってしまう心理には様々なパターンがあります。
そして、自分が持ってるエネルギーを封印してる分だけ、そういう男に惹かれやすくなるものです。

根本先生

いつも愛読しています、Aです。

今片思い中なのですが、なぜその男なの?っていう人を好きになっています。

1ネットで出会い、会ったこともないし顔を知らない
2遠距離
3彼は恋愛に興味がないと言っている
4彼はかなりの捻くれ者で、人生を斜に構えており、プライド高い
5私の傷つくことも言ってくる

何でこの人が好きなんだろう?と自分で考えてみたところ、声や喋り方がセクシーだからでした。
私自身がセクシーだと思う人に、愛をもってエロいことされたい、という欲望があることに気づきました。

過去好きになった人を振り返ると、性格や状況に難あり(不倫、セックスフレンド、遊び人)ですが、どこかしら自分にとって色気がある人だったと思います。

ただ、一時期、好きでもない人と寂しさからワンナイトをしてしまい、自分は気持ちよくなれないので、まるで仕事のように自分を犠牲にして相手を気持ち良くさせようとしてきた(友達には、娼婦マインドになってると指摘されました)時期がありました。
そのため挿入行為が痛くてできなくなったことと、メンタル不調で体調を崩していたことから、一年ほどオナニーのみで過ごしておりました(オナニーの回数自体も減り、性欲自体が減少してました)。

そのため、セックスだけが純粋に好きっていうわけではないと思うのですが、今回の人に関しては、エロいことされたい、、という欲望があることに気づき、自分の矛盾した心理に動揺しております。

どういう心理状態なの?
わたしのセクシュアリティどうなってるの?
セクシーな人に愛のあるエロいことされるにはどんなマインドを目指していけばいいの?

という疑問でいっぱいなので、根本先生、どうぞアドバイスいただけますと幸いです。
(Aさん)

最近もめっちゃ似たような事例をカウンセリングしたのでデジャヴかと思ったんですけど、たぶん、これ(↓)って誰でもあるんじゃないかしら?と思うのです。

>私自身がセクシーだと思う人に、愛をもってエロいことされたい、という欲望があることに気づきました。

この「欲望」に気付いたことってめっちゃ大きいし、素直だし、大事なことだなあ、と思う次第です。

で、やはりいろいろとツッコミどころが満載なのですが(シモな意味ではなく!)、ひとつひとつ紐解いていこうと思います(同上)。

よく武闘派女子というかセクシャリティが豊かな女子というか「やっぱりドMなのね?」という方々は「なんでそういう人を好きになるの?」という男をロックオンすることが多いようですね。やはり人生にはドラマが必要だからですかね?笑

さて、人が「この人はセクシーだ」と感じるツボはいろいろとあって、以前あるクライアントさんは「きれいな指の男の人を見るとぞくぞくする」と言ってました。その指が自分体に触れることを想像するだけでイっちゃいそうになるらしいです。

みなさんはどんなところに男のセクシーさを感じますか?

筋肉だとか顔とかもそうですけど、声とか話し方という人も多いんじゃないでしょうか?

かつての私の師匠の一人は「声」に大変定評のある方で、電話カウンセリングのクライアントさんをきゅんきゅんさせまくっていたそうです。しかし、実物は車椅子に乗ったダルマさんなので、会った瞬間「違う!この人じゃない!」と指をさされた経験があるそうです。それもすごい話だなあ、と思うんですけど。

で、それはいわば性感帯みたいなものなので、その声が好き、と思えば、それだけで体が熱くなるもので、良いも悪いもありません。

でも、いつも言うてますが自分の性感帯を知っておくことってすごく大事ですから、覚えておくとよいと思いますー。

で、Aさんのように1~5の条件を見てみると「AさんってやっぱりMなのかなあ?」と思わざるを得ないわけですけど、でも、やはり刺激物が好きなので、うちの読者のみなさんは品行方正、誠実、マジメ、優しい、穏やか、平和な男というのはつまんないですよね?

やっぱり「障害物」がないと面白くないですもんね。

遠距離。いいねえ、あたしの情熱を燃やすには距離は遠ければ遠い方が燃えるわ。

恋愛に興味がないだと?その考え、あたしが変えてやるわ!

ひねくれ者でプライドが高い?ふふふ、あたし男のプライドをへし折るの好きなの。どうやって料理してやろうかしら。

私の傷つくことを言ってくる?そういう刺激がなきゃね。やっぱ柚子胡椒や辣油がなきゃ鍋は美味しくないもんねえ。うふふ。

一般的に言っても思春期の頃って「ちょっと悪い人」に惹かれたりしませんでしたか?

クラスのちょっと不良っぽい子になんか惹かれたり、ちょっと遊んでる風の子に興味持ったり、何となく影がある子が気になっちゃったり。

私たちってみんな「自己嫌悪」があります。
自分の中に嫌いな部分があるんですね。

だから、私たちは「誰かから愛されたい」と思います。しかも、「私を丸ごと全部受け止めて欲しい」と思います。

自己嫌悪が強い人ほど、その思いは強くなるものです。

「自分では自分を許せないし、受け入れられない。だから、誰かに自分を許してほしい、丸ごと受け入れて欲しい。そのままのお前でいいって言って欲しい」という欲求を持つわけですね。

もちろん、それは親が自分を愛してくれなかった分だけ強くなる傾向にもあります。

で、ちょっと悪い子って、悪いことをしてるから、自分の悪いところも許してくれそうな気がするんです。

また、思春期になるといろんな世界に興味が出てくる一方で、その世界に恐怖心も抱くようになります。

そんな悪い子や遊んでる子って自分を知らない世界に連れて行ってくれそうな気がして、そこにトキメキを覚えるわけです。

それは自分が自分を抑えている分だけ強くなります。
いい子になろうと頑張ってる人ほど、ひそかにヤンチャな子に惹かれるんです。

それに思春期になって女という意識が出てきて、モテたいし、チヤホヤされたいと思えば、遊んでる子に見初められたらなんか自分の存在が承認されたような気がするじゃない?

あ、あたしってこんな子に好かれるんだからきっとかわいいんだ、と思えるんです。

この辺までの心理は何となく理解できません?
自分に照らし合わせても心当たりありません?

でも、ここまで書いてきてお分かりかと思うのですが、思春期と言うのは「依存→自立」に精神的に移り変わる段階にあって、基本「依存的」です。

だから、かなり受け身言葉だし、ニーズが強いものです。
でも、それもまた成長段階では必要なことなので悪いことじゃありません。

ただ、そうした一面は大人になっても引き継がれることが多いのですね。

「大人になり切れない」というか「お姫様のままでいようする」などの話題が私のブログにもちょくちょく出てきますけど、そういう話なんですね。

この子どもから大人、依存から自立への変遷というのは自然に起こるものなのですが、様々な要因が重なって封じられており、「大人になりたくないわけじゃないんだけど、大人になるのが怖い」とか「十分自立しているんだけど、それが分からなくて、もっと自立しようとしてしまう」などの問題につながることもあるものです。

で、話が逸れちゃったように思えるので本筋に戻しますと、Aさんのように「性格や状況に難あり」という男に色気を感じる武闘派女子はとても多いのですが、そうした思春期のマインドを引きずっている部分ってないっすかね?という問いかけができるのです。

「なんでそういう男を好きになるんだろうね?」という問いかけは私のカウンセリングではよく出てくるものの一つなわけで、そこにはちゃんと心理的な理由があるんですね。

親密感への怖れがあるから「性格や状況に難あり」に惹かれてる。
自己嫌悪や罪悪感が強くあるから「性格や状況に難あり」が好き。
今の日常生活に退屈しているから「性格や状況に難あり」という刺激を求めてる。
幸せになることに怖れがあるから「性格や状況に難あり」をとりあえず選んでる。

例えば、Aさんはふだんの日常生活で「隠している」「出していない」自分っていませんか?

ある女性は少しぽっちゃりしていて普段は全然女を出してません。それは女としてコンプレックスがあっていじめられたこともあるので、自分が女であることを思い切り隠してます。

「あんたってあんまり男に興味なさそうだよね」と周りから言われるような雰囲気を纏うんです。

でも、実はとてもセクシャリティが強く、性欲も旺盛なので、彼女はこっそり風俗でバイトをしています。そして、何人もセフレを作り、アンダーグラウンドで自分の性欲を解放しています。

また、ある女性は誰が見てもお嬢様みたいな雰囲気で、素直でピュアだと思われるように“処女性”を演じています。

けれど、彼女はもう10年以上も不倫を続けています。あ、相手は変わるけど。
既婚者にしか惹かれない彼女は、彼と会えば何時間もずーっとセックスをします。

また、ある女性はマジメそうで堅そうな雰囲気を演じながら、いつも男関係では苦労を重ねます。身体だけの男も何人もいたし、何かと問題のある人と付き合うことがクセになっていました。

それはまるで「表に出ている自分」を打ち砕くように、アンダーグラウンドにて自分を解放しようとするんです。

これは潜在的な欲求のなすもので「表の社会ではいい子の自分を崩せなくてそれが苦しい。だから、刺激的な恋をすることで、そんな自分を解放したい」という心理です。

Aさんが「性格や状況に難あり」な男ばかりを見繕ってしまうところに、何かふだんは出しきれていない何かがあるのかなあ?と思うのです。

そもそもAさんやうちの読者の多くの武闘派女子がそうであるように、セクシュアリティ(セクシャリティ、セクシャルエネルギー)がとても豊かな女性ってめっちゃ多いんですね。

ところが、それをそのまま素直に出すと社会的にぶっ叩かれるので、どうしたってそれを封印しなきゃいけなくなります。

ところが、そのエネルギーが強い人ほどそれを封印するのにエネルギーがいる上に、抑え込んでいるものですから、常にストレスを感じ、モヤモヤします。

そういうときに訳ありな男に出会うと強烈に惹かれてしまうんです。

ある奥様が言ってました。
「旦那もとてもいい人だし、子どもたちも元気に育ってくれてすごくいい子たち。でも、あたしは時々狂うほどに刺激的なセックスをしたいと思ってしまうんです。」

なんでこんな男に惹かれるんだろう?と思った際は今日のこの話を思い出していただければ幸いです。

ということで終わりそうな感じになっちゃいましたけど、まだまだ話は続きます。笑

>そのため、セックスだけが純粋に好きっていうわけではないと思うのですが、今回の人に関しては、エロいことされたい、、という欲望があることに気づき、自分の矛盾した心理に動揺しております。

矛盾はしてないと思うけどなあ・・・。

実はこういう話ってひとつひとつ確認していかないと分からないことって多いんです。

Aさんにとってセックスってどんなもの?挿入が痛いって書いてあったけどなんで?気持ちいセックスってどういう体験をするの?

裸で抱き合っていちゃいちゃしてる時間が幸せで、挿入はどっちでもいい、みたいな女子もいるのよね。

また、Aさんにとって「エロいこと」ってどういうこと?そして、「エロいことされたい」というのはどういうイメージ?縄で縛られて吊られたい、とかもある?

そして、エロいことされるとAさんはどうなってしまうと思う?

まあ、Aさんはご自身でも「あたしはエロい女だ」ということは自覚されてると思いますので、色気を感じる男が現れたとするならば、彼にエロいことをされたいというのも全然自然なことだと思うんですね。

セックスだって「好きな人とじゃなきゃイヤ」という女子も多いもので、「誰彼構わない」という人は逆にレアだと思ってます。

ということで、ここまで読まれてきて何一つ革新に迫ってないことに気付かれた鋭い読者もいらっしゃるかと思いますが、いろいろと情報を書いてくださったのですが、こうした話題って個人の捉え方が違うのでどうしても一般論になってしまうんですよね。(言い訳だよ、言い訳。すまんな。)

なので、けっこう推測交じりで今日の記事は書いているのですが、おそらく「元々持っているAさんのセクシュアリティと日常生活での不均衡問題」なのかな?と思っているわけです。

豊かなセクシュアリティを持っているにもかかわらず、なぜか?どういうわけか?それを封印してしまっているところがあるのかな?と。

ここを専門的に分析するのであれば、次のような情報があるとありがたいです。

・幼少期の家族構成と家族との関係性
・幼少期の性的な体験
・ふだんの生活スタイル(お仕事、趣味、人間関係、ファッション、暮らし等)
・過去の恋愛の棚卸し
・オナニーのやり方や目的
・ライフワークについて

お会いすれば雰囲気とかは分かるので写真とかは不要ですけど。

で、その「本来持っているエネルギーをなぜか出しきれていないんじゃないか?」という視点からカウンセリングを進めていくと思います。

たぶん、Aさんはご自身が感じていらっしゃる何倍もエネルギッシュだと思うし、もっともっと自分を解放できる余地があると思います。

けっこう素直で本音で生きてるように見えるんですけど、もっともっと自分の気持ちに忠実でいいんじゃないかなあー。男性性はいいから、女性性をもっともっと解放してあげたらいいんじゃないかなあ、と思った次第です。

ということでAさんや同志のみなさんはこのグループセッションか個人セッション等を利用すると覚醒するかもしれませんぜ!(結局はステマだ!笑)

◎女性性とセクシャリティとサレンダーとコミットメント~実習メインのグループセッション~

東京:1)2022/1/29(土)11:00-14:00(残2)
   2)2022/1/29(土)15:00-18:00(キャンセル待ち)
大阪:2022/2/12(土)13:00-16:00(残2)
オンライン(zoom):2022/2/13(日)13:00-16:00(残3)

https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/43397

★自立系武闘派女子の恋愛講座シリーズ

自立系武闘派女子のための恋愛講座~過去の恋を清算する、棚卸しと手放しセッション!~

自立系武闘派女子のための恋愛講座~自分の魅力と強みを自分で見つけて自信にする!~

自立系武闘派女子のための恋愛講座「親密感への怖れを癒す」

自立系武闘派女子のための恋愛講座~愛され上手になる秘訣とは?~

自立系武闘派女子のための恋愛講座~幸せになる覚悟とは?~

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

またお弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
なぜあの彼のことを好きになってしまうのだろう?
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい