「隙」がある女子と「完璧」な女子とでどっちがモテますか?



「隙のある女子はモテる」なんて話をするとその場は異常に盛り上がるんですけど、じゃあ、具体的にどうやって作るの?っていう話になるととたんに難解になるのがこのテーマ。
結局は「隙」って「天然もの」なので、自然に振舞ってたら勝手に出てくるもの、という結論に至ってしまいます。

はじめまして。
ROM専3年目読者です。
根本先生のblogや本で得た知識をオンライン女子会で引用すると食いつき方が違う今日この頃です。

先日も「隙」の話をちゃっかり引用させて貰ったら(あ、とくに興味を示してくれた子には根本さんのblog、YouTube、Voicy、Amazonの広報しときました!)
かなり、盛り上がりました。
誠にありがとうございます。

その際に、ディスカッションがヒートしまして、モテは「客観性」派と「隙派(ありのまま派)」に二分した感がありました。

わたしは根本先生のファン読者なので、隙派に軍勢したのですが、力及ばす苦しい闘いになりました…客観派の主張としては以下でした。

・隙派でやるには、容姿、育ち方等の必要条件があり、それを有するのは少数である。
・素直なのに非モテ人間がいる(知り合いを欠席裁判状態で例にあげる.ゴメン)
・故に「客観力」が、モテへの王道かつ近道である。

でした。
なんとか隙派の形勢を立て直そうと「非モテ素直人間も自己肯定感が上がれば魅力出てくるはず!」とジャブ入れたのですが、それまた欠席裁判で「自己肯定感高いのに非モテな例」を挙げられて、KOされてしまいました…。

根本先生なら奴らをどのように返り打ちされますか?!
非モテの例と知らぬ間に欠席裁判されちまった人達の名誉のためにも、モテにおける「隙」vs「客観力」をご講義いただけないでしょうか?
(Aさん)

みなさま、いつも各地での布教活動、まことにありがとうございます。
続々と信者が増えておりますのはひとえにみなさまのおかげといつも感謝しております。
これはみなさまに足を向けて寝れねえな、と思いましたので、最近は直立不動で就寝することにしておりますが、よくよく考えればみなさまの一部はアンダーグラウンドにて活躍されてることを思えば、いよいよ逆立ちして寝るしかないかという境地に達しております。
まことにありがとうございます。

また、ROM専ありがとうございます。
当たり前ですけど、うちのブログはROM専大歓迎ですので、お好きなスタイルでお楽しみくださいませ。

さて最近流行のオンライン女子会という魔窟のような場にて「客観性派」vs「隙派」の戦闘が繰り広げられたようなんですけれど、そもそも客観性って何?という疑問が浮かびまして解説を願いたいところなのですけれど、そもそも一方通行なブログの性格ゆえ勝手に解釈して話を進めるところなのですけれど、それでいいっすかね?

客観性というのは、客観的に見て魅力的な女子ってことですかね?男好きするような。
ファッションや振る舞いを研究して男にモテるような自分を演出するってことでしょうか。
要するに「隙派」に対抗するくらいですから、隙のないイケてる女子のことを指すんですかね?

>根本先生なら奴らをどのように返り打ちされますか?!

確実に討ち死にすることが分かっている戦には立ち入らないので、もし仮にその女子会に私がお邪魔したとなればできうる限り気配を消し、アイスペールに適当にツッコまれてるスパークリングワインの如く、時が過ぎるのを待つと思います。

以前、女子力高めなバリバリの武闘派女子に「根本さん、こんどうちの女子会に参加してくださいよ!めっちゃ盛り上がると思いますから!」と誘われたことがあるのですが、そんな過激系Youtuberでもしないことはできん!と「その日はお腹が痛くなると思うので無理です。」とお断りした次第です。

いやあ、考えるだけで蒸し暑かったはずのお部屋が急激に寒くなりましたよ。

でも、客観性派にも非モテな方はいると思うんですけどどうなんでしょうか。

やはりこういう論戦は口が立つ方が強いので、歴戦のツワモノであるAさんとしても分が悪かったっすかね。

しかも、隙派に非モテな友人(欠席裁判中)がいらっしゃるのもまたヤバかったっすねー。

でも、たぶん「客観性」vs「隙」、どっちがモテる?どっちがいい?とか聞かれたら、即座に「どっちでもええんちゃう?」という答えを返すんですけどね。

たとえば、男子受けするファッション&メイクを研究し、「コンパ必勝法」なる資料を読み漁り、「モテるアプリ戦術」なる動画を観まくって戦(いくさ)に備えるのもひとつの手です。

隙を排除し、完璧な女を演出するのが好きな人はそれでいいと思います。
それはそれでいい女だし、かっこいいし、魅力的ですよね。

一方、隙派と言いますか、天然派の女子は、そんな完璧なモテファッションに身を包んでもどこかボロがでますし、「狙った男を落とすテクニック集」という動画も開始20秒で睡魔が襲ってくるので、たぶん、向いてないんだろうと思います。

だから、勝手に出てくる隙にツッコミを入れてくれる男子にはウケますね。
それに天然派(ありのまま派)ってのは、一緒にいて楽ですから、安心感を求める自立系男子はきっと好きだと思います。

一方、バシッとキメた女子は意識高い系男子にとっては格好のファッションアイテムになるので、その手のエグゼクティブな男子には好かれると思います。

なので、どっちでもいいと思いますし、自分が好きな方を選べばいいんじゃねーかと思ってしまうんですけど、でも、こういうどっちつかずのことを女子会で発言すると「てめぇ、ぬるいこと言ってんじゃねーよ!あいまいなこと言ってねえで、はっきりせえよ!」と両派から集中砲火を浴びて、秒で焼け死ぬじゃないですか。

なので、私はアイスペールの中の残り少ないスパークリングワイン(原価900円)のごとく、大人しくしておきたいと思うのです。

さて「隙を作る」という話をするとやたら盛り上がるんですけど(以前、ヤタくんとのYoutubeで異常に盛り上がりましたことは記憶に新しいです。因みに今夜はジュンコとライブ配信しますよ。)、そもそもどうしたらほど良い「隙」が生まれるんでしょう?

Aさんは「ありのまま」という注釈をつけてくださってますが、確かに人はありのまま、自然体で振舞っていると勝手に隙が生まれるもんだと思います。

けれど、多くの場合、自分にある隙って愛されポイントどころか、その逆の攻撃されるポイントのように感じているものです。

つまり「隙=弱み=自己嫌悪すべきもの」として解釈してしまってるところがあると思うのです。

だから、自立系な人たちは「隙を見せない」ように演じ、ゆえに、完璧な女子を目指すことになります。

「愛されポイント」が「自己嫌悪ポイント」になってるので、わざわざ自分の売りを自ら隠すようなこととなり、結果的に非モテとなるんです。

でも、いわゆる「隙」って「ギャップ萌え」を作るものなのですよね。

ふだんはバシッとキメてる女子が「ええー、今どこー?あたし方向音痴だから分かんない!」とバタバタしていたら、そこに男子はきゅんと来ちゃうんですよね。

また、ふだんは強気で周りを威圧的に睥睨している女子がふと「あたしだって辛いのよね。寂しいのよ」とぽろっとこぼしたりすると、そこで男子はきゅんきゅんしちゃうわけですね。

また、「隙のある女子」ってのは「役に立ちたい男子」からすると「放っておけない奴」になるんですね。

それでよくうちの読者さんは彼氏から「お前は強いから一人でも生きていける。でも、あの子は放っておけないんだ」という捨て台詞を吐かれて一人戎橋の上に放置されるわけですね。そして、グリコの看板に思い切り石をぶつけて破壊するんですな。

さらに、「隙のある女子」ってのは「自立系がんばってる男子」からすると「安心感」の塊となり、オアシスみたいな存在になるもんです。

しっかりきっちり頑張ってる男子からすると、その逆の生き方をしている女子に安らぎを覚え、一緒にいたくなるわけです。

そして、そのオアシスでHPを回復して、再びビジネスという戦場に出ていくのですね。

じゃあ、どうしたらそないな隙をうまく作れるか?っていうと・・・ありのままの自分でいいんじゃね?という自己肯定感的な答えになっちゃうんですよね。

「隙を作ろう」として狙って隙を見せるのって、Aさんの言う「客観力」だと思うんです。

酔ったふりして胸の谷間を彼に見えるようにする、という作戦とかって確かに有効かもしれないけれど、それは「隙を見せてる」わけじゃなくて、「そういう振る舞いをするとバカな男子はすぐに引っ掛かる」というテクニックによるものですよね。そして、男子はもちろん見事に引っ掛かるんですけどね。笑

ああああ!!!
すいません!!!!
たいへんもうしわけありません!!!!

谷間とか言っちゃいました・・・(汗)
つい口が滑ってしまいました・・・(滝汗)

谷間を作りたくても全然作れない読者の皆さん。ほんとうにごめんなさい!!!!(平身低頭)

ああ、心臓がどきどきする・・・。
ほんとごめんなさい。

谷間が作れないみなさんの気持ちを斟酌することをついうっかり忘れてました(平身低頭×2)。

ああ、で、なんの話でしたっけ・・・。

あ、そうそう、だから自分が好きなようにしたらええやんって話でしたね。

だから隙ってのは作ろうと思った瞬間にそれは隙じゃなくなるのでたいへん難しいのですね。

でも、みなさんも少なからずこんな経験があると思うんです。

「自分では全然気付かなかったんだけど、この間、友達に『あんたってちょいちょい毒舌挟むよね。そこが面白いよね。好きだわ。』って言われたんですよ。それでビックリしちゃって、あたしってそんなキャラなの?って」

自分では気づいていないところを人から「好きだわー」って指摘されたこと。

あるいは、

「あたしって人からは意外って言われるんですけど忘れっぽいところがあって、仲良くしてる友達の誕生日とかもスルーしちゃうんです。それで何日か遅れてプレゼント渡すんですけど『そこがあんたらしくていいわ』って言われて。自分としては直したいんですけど」

自分では欠点だと思っているところを人から「いいわー」って言われたこと。

たぶん、そこが「隙」と言われるところだと思います。

だから、隙も好き好きと言いますか(シャレてみましたよー。みなさん、気づいたー?)、自分の隙に対してある人には「好きだわー。いいわー」となりますが、別の人には「イヤだわー。無理だわー」と思われるんです。

欠点とか隙って「個性」ですから当然そうなります。

けれど、好かれることよりも嫌われることの方を避けたいので、その隙を隠すんですね。
それでみんな「完璧な人」になりたがるんです。

でも、不思議なことにあなたの親友だったり、パートナーとなる人だったりは、あなたのその「隙」を愛してくれる人です。

・・・信じられないですよねえ。

これが自己肯定感絡みの話でよくする「私たちは短所で愛される」「短所は人の役に立つところ」という表現につながるのです。

だから、欠点を直したり、短所を嫌ったりするのって、実はすごくもったいないんです。

それを直して「みんなから愛されよう」とすると、隙のない人に仕上がるわけですが、その分、個性が消えてしまうので親密な関係が難しくなります。

また、それってコントロールだし、演じてることになるので、パートナーに対して何十年も隙を隠し続けることってしんどいじゃないですか。

だったら最初っから裸の自分で勝負した方がいいよ、と思うんです。

ありのままで生きたほうが、生きやすいよね、という話です。究極のところ。

なので、隙って狙って作れるものではないからなー、それなら自然に振舞う方が結果的にうまくいくと思うけどなあ、というあまりためにならない話でした。笑

★根本さんのvoicy

https://voicy.jp/channel/962

★根本さんのYoutube

https://www.youtube.com/channel/UCZkHdUFWQnmn4gLIiNyr33Q

★根本さんのamazon

https://www.amazon.co.jp/-/e/B00KNBCO46

★自立系武闘派女子の恋愛講座シリーズ

自立系武闘派女子のための恋愛講座~幸せな恋を遠ざける12個の要因を手放してみる~

自立系武闘派女子のための恋愛講座~自分の魅力と強みを自分で見つけて自信にする!~

自立系武闘派女子のための恋愛講座「親密感への怖れを癒す」

自立系武闘派女子のための恋愛講座~愛され上手になる秘訣とは?~

自立系武闘派女子のための恋愛講座~ヘラクレスオオカブトくんとどうしたら出会えるのか?~

自立系武闘派女子のための恋愛講座~幸せになる覚悟とは?~

史上最強の恋愛講座~絶対に失敗したくない恋愛に役立つ11の法則~


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
『(準備中)』
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 
 (準備中)
 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい