借金を重ねる夫を許す方法


「借金」というのは表面的な問題に過ぎません。
だから、そこに捉われてしまうと「許し」は難しいです。
あなたの中の「愛」に繋がりましょう。そうすると見方が変わって行きます。

今日はリクエストにお答えしたいと思います!
※ただいまリクエストは27件、だいたい2か月待ちくらいの状況です(^^)

****
主人を許す事ができません。
数年前に私に黙って借金を重ねました。知人からも借りていたようで、かなりもめました。闇金からの電話も頻繁にありました。主人本人は借金問題に何もせず、私がほとんど対応しました。また、主人の両親と私の両親が助けてくれたので、今では解決しています。そして、主人もやっと仕事について働いてくれています。
ですが、どうしてもその時の事が許せないのです。何度も裏切られた事が許せないのです。気持ちが不安定な時は近くに居られるだけでも嫌です。せめてこの嫌な感情を解消したくて、気持ちを切り替える努力をしたり笑顔を作るようにしたりするのですが、主人がいるといつの間にか顔をしかめています。心がギスギスしてくるのがわかります。
どうしたら、主人を許す事が出来るでしょうか?許す事が出来なくても気にならない程度に落ち着かせることはできないでしょうか?
(Aさん)
****

借金の問題ってカウンセリングでもよく出て来るんですが、なかなか根の深い問題のように思えます。
ただ、旦那さんの借金の問題を奥さんが奔走して解決する方の場合、間違いなく、とても愛情豊かで、情熱的な奥様であることは間違いないようです。
Aさんにとってはそれだけ魅力的な旦那さん、ということになるのでしょうか。

借金や浮気の問題で悩まれる、ということは、実はそこに愛情が無くては出来ません。
もちろん心理学的な見方をすれば、癒着があり、共依存があり、罪悪感があり、無価値感、無力感があり、ということも言えるかもしれませんが、ご主人のその問題を何とかしようとして、解決しようとして、許そうとしていらっしゃる背景には、やはり愛があると思うのです。

表面的には怒り、不信感、嫌悪感、です。
でも、その奥には愛があるんですよね。

だから、苦しんです。

Aさんの内面にも嫌悪感がぎっしり詰まっているのであれば、とっくに離婚されてます。
何の躊躇もなく。

でも、そこに愛があるから、許したい、と思えるんです。

「夫婦だから」
「一人では私も生きていけないから」
「このまま別れたら損するから」
等々の理由も出て来るかもしれませんが、そういう理性的な理由だけでは難しいのです。

ご主人のどんなところに愛情を感じるのでしょうか?
借金を重ね、反省しない一方で、それでもAさんが引き付けられる魅力って何なのでしょうか?
ご主人と結婚されて良かったこと、幸せなこと、ありましたよね。それってどんなことなのでしょうか?それが忘れられないのでしょうか。
ご主人に出会って人生が変わった、ということはありませんでしたか?「初めて○○してくれた人」「初めて○○を感じた人」という思いはありませんでしたか?
今、こんな状況の中でもご主人に感謝できることってありませんか?

興ざめな話をしましょう。

実はここまでの話が「ご主人を許す方法」です。

え?借金のことが一言も出てきていませんけれど?と思われるかもしれません。
そうなんです!!
ご主人を「許す」ということと、「借金」ということは、関係があるように見えて、実は関係がありません。
「借金」というのは彼が作り出した「問題」であって、それを解決するのは誰がお金を肩代わりするのか、誰が払うのか、旦那が働くのか、ではなく、「それでも彼を愛せるのか?」なのです。

パートナーシップにおいて、パートナーが作り出す問題は「これでも僕を愛してくれる?こんな僕でも君は愛せるの?」という問いかけとして見ることもできます。

小さいレベルでは皆さん体験されますよね?
わざとメールを無視して彼の反応を見る、とか、少し怒ってみて彼が慌てるのを見て愛されてるって感じて安心する、とか。
問題ってその大きなものなんです。

だから、「借金」という表面的な問題がクリアになったからと言ってすっきりしないのはそのせいなんです。
もし、本当の問題が借金なのであれば、家族の手を借りてでも、自己破産したとしても、解決すれば「ああ、終わった、すっきり」ですよね。

だけど、嫌な気分が残るのは、あくまでそれは「入口」であって、この問題の本質はその奥にあるからなのです。

分かりやすい話を一つすれば、Aさんが彼を許せないのは、私や周りが一生懸命動いたのに、彼からの感謝が足りなかったり、その苦労や思いを彼が分かってないからですよね?
言い換えれば、彼がAさんやご家族の愛を全然受け取ってない!分かってない!からですよね?

そして、Aさんにはその一方ではこんな思いもあるかもしれません。
「本当は彼のことが大好きで、愛しているのに、素直にその愛を認められない!こんなことされて愛してるなんて馬鹿らしくて認められない!そんなのプライドに触る!くそーっ!」という。

だから、借金のことを無理に許そうとしない方がいいです。

無理に許す、ということは、その感情を抑圧する、ということ。
そうすると、彼は次なる手であなたの愛を試そうとします。
(もちろん、それはお互い様ですけどね)

「あなたがどんなに借金しても、問題を起こしても、私はあなたを捨てないわよ。それくらいで見捨てられるほど私の愛は弱くないのよ。まだお分かりにならないかしら?」くらいの余裕というか愛をAさんが感じられると、借金のことは“どうでもよく”なってます。
ほんとですよ。

だから、Aさんの中にあるご主人への愛と繋がること、が「許し」になります。

文面だとなかなか難しいのですが、何となく意図は伝わりましたでしょうか?

さて、借金についても少し触れておきましょう。

借金を重ねる心理というのは、何かのストレスのはけ口になっていることが多いです。
私がお聞きした事例で一番多いのは「外でいい人」をしてる場合です。
Noが言えなかったり、我慢しぃだったり、いい人、優等生、プライドが高い、等のタイプの人が、外では吐き出せないストレスを「お金」を通じて吐き出そうとします。

Aさんのご主人はそうではないかもしれませんが、何かしら「借金をしなければならない理由」があります。

この間書いたと思うんですが、「ご主人のギャンブルを辞めさせたいのなら、それより先に、彼のいい人なところを辞めさせないとね」というアドバイスをしたこともあります。

彼が借金を重ねる理由って何なんだろう?
そこに理解を示し、その解決に手を貸してあげると、「許し」も加速するかと思います。

愛で許しは作られるのですが、それだけでは「理性・思考・頭」が付いて行かないですよね。
一つ一つ、彼の心理を理解していくと、そのわだかまりも消えやすくなると思います。

参考になりましたら幸いです!!

毎日使える心理学講座
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング
☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
「ドロドロ系人間関係をスカッと解消するために知っておきたい心理学講座」
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。
根本の著作


あなたにオススメ