彼を甘やかしてしまう私はダメンズメーカーなのでしょうか?


甘えてくる彼を可愛いと思えるうちは、彼はあなたにとってダメンズではありません。
そこに犠牲、我慢、思考が入ってくると、彼はダメンズになっていくのです。
それは繊細な自分の心の動きに注目することが大切で、それが運命の分かれ道となるのです。

どうしたら幸せなパートナーシップを築けるのでしょうか?そして結婚もしたいの!という相談です。

根本せんせい、おひさしぶりです。

福岡リトリートの余韻をみなさんと一緒に味わわせてもらっています。
沖縄リトリートの時にほしかったもの、宮崎への移住を無事に果たしまして、もう何も問題はないわ♪と思っていました。

が、ダメでした…(*_*)

最近、半年間お付き合いした人と別れました。

昔は嫌われたくなくて遠慮ばっかりしてましたが、根本さん効果なのか(絶対そうですね!)、大分自分らしくいられるようになりかなり楽ちんな付き合いでした。

が、自分らしさ全開すぎたのか、わたしが自由人すぎて、やきもち焼きの彼がやきもきし、何回もケンカするけれどわたしも曲げられず…
これ以上一緒にいてもふたりとも変わらないし、傷つけ合うだけだねって。

それから、これは彼には言っていないけれど、子どもっぽくてちょっと頼りなくて、結婚したらこの大きな子どもを抱えていくのかー…と思ったら結婚への自信がなくなってしまったことが原因です。

ふたりでいるときはいっつも甘えてくっつかれ。。
わたしも甘えたいよ!とよく言ってました。

仲良くしてる還暦のおじさんからも超甘えられます…
見た目は怖そうなおじさんです。
女性にこんなに甘えたことないって言われます。
甘えられるのは嫌いじゃないんですが…

男の人って強がって虚勢を張っているけれど本当は寂しがりやでかわいいってこと知ってるから、思わずよしよししちゃうんですよね。

わたしがダメンズメーカーなのか。。

どうしたら男の人がかっこよくて素敵なナイトになって、幸せなパートナーシップを築けるのでしょうか?

教えてっ!根本さんっ!!
(Aさん)

気の短い武闘派女子の皆様方に分かりやすく一言で結論を申しますと、

「次はもっとすげーのが来ちゃうわぁ。でへへへへへへ(よだれ)」

と思っておくことです。若干、無理やりにでも。

だって、それだけの価値のある女でしょう???

今回Aさんはその彼やおじさんを通じて「飴を与える方法」について現地実習されたわけです。
ついでに「遠慮せずに、我が道を貫く恋の方法」についても習得されたわけです。
それは言い方を変えれば、「鞭の使い方」について学ばれたのと等しいようにも思います。

だから、そこでAさんの恋愛偏差値はだいぶ上がりましたよね?
以前に比べれば、だいぶ、自信も付きましたよね?

それでも別れてしまうというのは、「その彼との約束はここまでだったのよね」ということに他なりません。

恋愛というのは潜在意識的には「契約期間」というのが決まっていて、今回のAさんの恋は半年契約だったんだろう、という解釈をしてみるのが良いのです。

もちろん、好きな人とうまく行かなくなる辛さ、一人になる寂しさ、これから先の不安、そして、「彼でもダメだったのか」という絶望など、様々なネガティブな感情が湧き上がると思います。

それはそれでAさんたちが好きな滝行のようなものだと思えたら最高です。

うまく行かないのは私が悪いわけでも、彼が悪いわけでもなく、そういうことだったんだな、と頭の隅で理解しておいていただきたいんです。

今回の恋によって成長した部分がとてもたくさんある一方で、何一つAさんの輝き(魅力)が失われることはありません。

そういうことだったんだよね~、と頭の隅で解釈しておくことが、自己肯定感を下げずにあげる方法です。

もちろん、失恋してすぐにそういう意識に切り替わらなくても大丈夫です。
1~2か月は失意のどん底に落ちて、泣いて、わめいて、友達に泣きついて、その感情をたくさんたくさん流すことがお勧めです。
その期間に無理やり先に進むのはあまりお勧めしていません。

しかし、数か月経ったら少しずつ違う見方、考え方を導入していくことにしましょう。

彼と出会う前と出会うあとで、Aさんが成長したところってどんなところでしょう?
また、宮崎に行って、Aさんが成長したところってこどでしょう?

改めて意識してみると、だいぶ自己肯定感があがると思います。

ビジネスでも恋愛でも結婚でも「同じ」だと思っているのですが、そもそも「うまく行く」とか「ダメだった」というのは、その時点での自分の判断で、長い目で見たときに、果たしてそれが「うまく行ったこと」なのか「ダメだったのか」は分からないんです。

別れ=ダメ
付き合う=うまく行く

という判断は短期的には確かにそう感じちゃうものだけど、それがすべてだと思ってしまうと、大いに自分を責めてしまいますよね。

実際、

>子どもっぽくてちょっと頼りなくて、結婚したらこの大きな子どもを抱えていくのかー…と思ったら結婚への自信がなくなってしまったことが原因です。

という風に感じていたわけですからね・・・
そのまま付き合っていても不満ばかりが募り、仮に結婚までしていたら、後悔して、以前のような我慢、犠牲の生活に陥っていたのかもしれないですよね。

だから、いずれは別れることになっていたのかもしれません。
「ああ、彼とはここまでの契約だったのね~」ということで。

>男の人って強がって虚勢を張っているけれど本当は寂しがりやでかわいいってこと知ってるから、思わずよしよししちゃうんですよね。
>わたしがダメンズメーカーなのか。。

ここで首が千切れんばかりに頷いている女子が大量発生しているかと予想されるわけですが、それだけ自分が器の広い女だってことに気付いていますか?
そういう風に男の人を受け止められるくらいの器量を持っているってことに。

ダメンズメーカーかどうか?というのは「私らしさ」と密接な関係があると思っています。

虚勢張ってる裏に寂しがりやで弱いところがあって、それが可愛いと感じられるとき、それはちゃんと彼を自分の器に収めている証拠で、全然問題ないんです。
だから、その時はよしよししてあげても問題はありません。

しかし、その後、彼が調子に乗ってさらに甘えて来たり、何だかんだウザいことを言い出したり、めんどくさい要求をし始めたりするでしょう?

その時にAさんの心が繊細な動きをし始めますよね?
「なんか重たい、ウザい、めんどくさい、嫌だ」という。

それを「今まで受け入れてあげたんだから、これも受け入れてあげないと」などと“思考”して頑張り始めると、それが犠牲、我慢となってAさんの心を締め付けるようになります。

その時にサクッと鞭を取り出して(まだバズーカに手を掛けるのは早いです)、「ん?今のはあかんのやないか?おい、誰に口、聞いとんねん」と鞭を振ってヒューという音を立てるんですね。

ちなみにお馬さんの世界ではこれを「見せ鞭」と言います。
賢い馬は、それでグーンと加速します。

しかし、賢くない男はそこで反応しないので、うりゃ!と鞭をバシッと入れてあげます。

そこではキレる、拗ねる、怒る(叱る)などで「No」をはっきり伝えたり、「そういうときは、こういう風に言わないと分からないでしょ」とちゃんと示してあげます。

そうして、Aさん自身の感覚で「Yes」と「No」を示し、彼に伝えるのです。
できれば、彼に分かる言葉できちんと自分の意志を伝えるのがベターです。

これを「調教」と言います。
栗東や美浦のトレセンでは毎日そんなトレーニングが行われています。

そうすると彼はダメンズにならずに、Aさんの手によって名馬へと成長していくことができます。

ダメンズメーカーとなって活躍されてる女子たちは、器用だったり、器がでかかったりする一方で、自己肯定感が低いので、「自分が許容できない甘えを頑張って受け入れようとしてしまう」ことが多いのです。
それで、彼をダメンズに仕立ててしまうんですね。

器の大きさは人それぞれ違いますし、自分の体調や気分によっても変わります。
女子なんて気分が安定していることの方が少ないのだから、「さっきはOKだったけど、今はNG」なんてことが秒刻みで発生しているでしょう?

だから、そうした自分の気持ちの変化に素直になり、それを「否定」するのではなく「肯定」することが大事ね。
誰かと比較しても意味ないし、どうすべきか?なんて考えることはもっと意味ないのです。

そうすると、昨日はYesだったのに、今日はNoという態度に対して、「お前は一貫性がない」とか訳の分からないことを言うんじゃなくて、「女だもんな」と素直にそれを受け入れられる男性がそこに誕生するわけです。

そのためには自己肯定感、すなわち、私はめっちゃいい女、という自覚が必要なことがよく分かるでしょう?

ちなみに「私はめっちゃいい女」と思うのに、根拠も証拠も理由も何も必要ありません。
単なる思い込みでOKです。

>どうしたら男の人がかっこよくて素敵なナイトになって、幸せなパートナーシップを築けるのでしょうか?

そういう風にさらに「自分らしさ」を意識して、「私はめっちゃいい女」と思い込んでおくと幸せなパートナーシップを築けるようになります。

幸せなパートナーシップって当たり前ですけど「私が幸せ」が大前提ですよね。
ガマンや犠牲や自己否定があったら、まずその前提が崩れてしまいます。

もちろん、それと同時に「そんな素敵なナイトの彼女として私は相応しい」という思い込みも忘れずに。

セミナーやセッションをしていると、女子たちがいつも自分が素敵な女になれるように頑張ってる姿がよく見えるんです。
たかだかセミナーですよ。
そこでステキな男性と出会う確率なんてほとんどない根本さんのセミナーですよ(涙)

なのにちゃんとメイクして、きれいな服を着て、髪も時間をかけてセットして来てくれるんです。

もちろん、同性の目を気にして、ということもあるけれど、そういう努力って外見だけじゃないでしょう?
内面だって、行動だって、日本の女性たちの意識はものすごく高いと思っているのです。

なのに自分がいい女だと思えないなんて、ほんと根本さんを儲けさせようとしてくれてるとしか思えないじゃないですか!!(笑)
(そんな皆様の愛情によって我が家の家計は成り立っております。引き続き、頑張ってるのにうまく行かない恋愛をして頂いて、子どもたちの学費や根本さんの飲み代の捻出にご協力頂けましたら幸いです。)

なので、根拠なんていらんから自分をもっともっと認めてあげなはれ、といつもお伝えしたいのです。

恋にも必須な自己肯定感。

「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)

恋愛・結婚についてもガッツリ向き合えるライフワーク本。

「つい「他人軸」になるあなたが7日間で自分らしい生き方を見つける方法」(あさ出版)

そんな自分とがっつり向き合うセミナー

大阪:8/4(土)10:00-18:00
「根本裕幸の1DAYセミナー~問題を解決して幸せな自分になる~」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/23795

自己肯定感をあげて自分らしい生き方を見つけるセミナー

東京:8/7(火)13:30-16:30
大阪:8/10(金)13:30-16:30
大阪:9/1(土)14:00-17:00
東京:9/9(日)13:30-16:30
『自己肯定感をあげて自分らしく生きるためのあり方・やり方ワークショップ』
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/25116


関連記事