私は天才!?宇宙人!?~なぜ、人とうまく付き合えないのか?~



親子関係や学校での人間関係などの原因を探れば確かに思い当たるのですが、そもそもあなたが天才(宇宙人)だったとしたら、周りと合わないし、浮いてしまうんです。
まずはそんな自分を徹底的に受け入れるところから始めるんです。

特別意識を煽るわけでもないのですが、「今日から『私は天才なんだ』と思って生きてください」って伝えるんです。
「天才」が嫌ならば「宇宙人」でもいいんですけどね。

ここ2日でそんなカウンセリングが連続したので今日はそれをネタにしてみたいと思います。

「人とうまく付き合えない」てご相談を頂きます。
親から否定されて育った、学校でいじめがあった、小さい頃から内気で人としゃべれなかった、癇癪持ちで周りがずっと手を焼いていた・・・そんな背景が浮かび上がってきます。

親から否定された分、自己肯定感が低く、自分を認められないので誰か他の人と一緒にいても自分を出すことができず、相手の顔色を伺ってしまい、気を使い、合わせてしまうんですね。
だから、インナーチャイルドを癒しましょう、などのアプローチを考えます。

いじめで人を信じられなくなって、また嫌われるんじゃないか、また攻撃されるんじゃないかって怖くなってしまったとしたら、その傷を癒すべく、当時の自分を救いに行ったり、そのいじめっこたちを許すようなアプローチを取ります。

でも、そもそもなんで親から否定されたのか、いじめがあったのか、って部分を見て見れば、「だって天才なんだもの。周りがあなたの才能やパワーを怖がってそれを押さえようとしたんじゃない?」「だって宇宙人だもの。周りの人はあなたをどう扱っていいのかが分からなかったんじゃない?」という見方が成立したりするんです。

・人といてもいつも馴染めない。
・自分だけ浮いてるような気がする。
・居場所がない。
・人前で自分を出せない。
・分離感、孤独感がずっと強い。
・人と自分は違うと思う。
・人から変わってるね、とよく言われる。
・直感、感覚的なタイプだと思う。
・親しい友達ができにくい。
・人と親密感を感じにくい。
・地球に馴染んでいないような気がする。
・3次元は息苦しいと思っている。

そんな思いや体験を持つ方は天才、もしくは宇宙人である可能性が高いのです。
もちろん、全分野において、というよりもある分野に限って、という場合もありますよ。

20150612天才図

さて、ここで図を見てみましょう。
この「X」たちが、いわゆる宇宙人や天才たちを表しています。

普通の人たちとは違う感覚、世界観、価値観を持っているので分離しています。
なぜ、このポジションにいるかというと、普通の人たちには分からない感覚や見方、世界観を表現する(伝える)ことによって普通の人たちを成長させるリーダーの役割を持っているからです。

そんな大層な・・・と思うかもしれませんけどね。
でも、芸術家ってみんな「私たちの無意識にあるものを目に見える形に変換してくれる人たち」です。
それにより私たちは心の世界を知ったり、美しさに触れたり、感動したり、学んだり、成長したりします。

で、そんな天才たちの中でも、図の右端にいるようなもう完全に普通の人たちからはかい離してしまっていると最早普通の人になろうなんて思いません。
独自に我が道を行くほかなくなります。

ところが、まだ普通の人たちに近い天才たちは「何とか普通の人たちとうまくやるために、普通の人たちになりたい」「普通の人にならなきゃ」と思うんですね。
妖怪人間ベムの名ゼリフ「人間になりたい」が思い出されますね。

これがそもそも間違いなのですが、「みんな一緒じゃないとダメ」という日本的文化の中ではそうする他なくなるのです。
だって、違ってたら追い出されるわけですから、必死にみんなに合わせ、普通の人はどうするのかを見て、学ぶわけです。
もちろん、それは自分の個性を消していく方向になるわけですから、仮にそれが成功したとしてもすごく苦しんです。

でも、大抵は失敗するでしょう。
天才は天才としてのお役目を持って生まれて来てるので、本当の意味で普通の人たちと迎合するのは難しいからです。

それで「私は人とうまく付き合えない」という思いを抱くようになるのです。
だから、正確には「私は普通の人たちとはうまく付き合えない」のです。

もちろん、人とうまく付き合えない人が全員天才兼宇宙人だとも思いません。
数々のトラウマが原因になってることもありますから。

でも、なんで親があなたを褒めなかったのか、なぜ同級生があなたを責めたのか、なぜ恋人があなたの人格を否定するのか、と言うと、やはりそれは「怖れ」からなんです。
あなたのパワー、才能を怖れるんですね。
そして、「嫉妬」なんですよ、その攻撃は。

ところが、普通の人にならなきゃと思っている宇宙人にとっては、自分のすべてを否定してしまうんです。
普通の人たちが正しくて、そうなれない自分は間違ってると思い込んでるからです。

それは本当に無駄な努力なのです。
人類にとっても悲しい出来事なのです。

だって、本来宇宙人であるあなたは我々普通の人たちに様々なメッセージを持ってやってきたのに、それを封印して普通の人として生きようとするのは勿体ないことなのです。

だから、普通の人になろうという無駄な努力を辞めて、自分の価値観や自分の思いに素直に生きてみましょう、と提案するのです。

「天才は天才らしく」
「変態は変態らしく」
「宇宙人はちゃんと宇宙人らしく」です。

そうすると「天才は天才を知る」で同じ天才同士、繋がれるようになります。
もちろん、100%分かり合える人が出て来るかは定かではありません。

でも、「普通の人たちとは一緒にやっていけない気持ち」とか「どこに行っても浮いてる感覚」はずいぶんと共有できるでしょう。
それが居場所になるんですね。

そうして、自分を表現していくと今まであなたを怖れ、嫉妬していた人たちが今度はあなたのファンになり、応援者になり、支援者になってくれます。
あなたは地球上で普通に生活していくことが難しいわけですから、それを心身両面からサポートしてくれる存在(それが時にパートナーであることも多い)が現れるんですね。

それであなたはとても生きやすくなるでしょう。

だから、徹底的に「自分」にこだわってください。
自分の好きなもの、場所、モノに。
自分の感覚を信じてみましょう。それを表現してみましょう。言葉、絵、写真、音楽なんでもかまいません。
自分が心地よいと思う空間を作り上げてみましょう。そのためにも自室を思い切り模様替えするのがいいかもしれません。
あなたの周りの「宇宙人」を探してみましょう。同じ匂いのする人がきっと見つかるハズ。

その時あなたは本当に輝き出すんです。
もしかしたら・・・と思った方、人生を振り返り、また、改めて指の数を数えてみてください。6本ありません?

さて、今日はそんな宇宙人が地球人として生まれた日でもあるので、こんな記事を書いてみました。
楽しんでいただければ幸いです。

※ちなみにこの記事を読んで「私は絶対違う。私は普通の人」と強く思って抵抗を感じた方。あなたこそ間違いなく天才兼宇宙人兼変態ではないでしょうか。

この記事はメルマガでも読めます。

根本の講座、セミナー、ランチ会。東京、大阪、福岡、広島、名古屋など

毎日使える心理学講座 
☆根本本。
根本本
あわせて読みたい