長時間人といるのがストレスな私は結婚なんてできるでしょうか?



結婚にも色々な形があります。
彼がいないという状態が習慣化してると彼氏が出来にくくなります。
人との距離感に問題はありませんか?
でも、結局は楽しむことなんですよね・・・
という4本立てでお届けします!

リクエストにお答えしたいと思います!
****
私は彼がいない時期がいつも長く、いざ彼ができると煩わしくてひと月くらいで振ってしまいます。
一人でも平気なタイプではありますが、それでも将来は結婚もしたいと思います。
いままで何人かの男性と、お付き合いとは言えないくらい短いお付き合いをしましたが、お付き合いで煩わしいなら、結婚生活なんてどれだけ煩わしいんだと思うと、私には無理かなと思います。
毎日、誰にも邪魔されず、ぼーっと何も考えない時間がどうしても必要で、彼がいたりするとそれが難しくなります。
あと、基本的に長時間人といるのがストレスです。こんな私は結婚できるでしょうか。
(Mさん)
****

Mさんが続いてますけど、昨日のMさんとは別の方です(^^)

さて、Mさん。そんなMさんはどうして結婚したいのでしょうか?
そこが一番知りたいなあ、と思いました。

1人でいて幸せ、ならば必ずしも結婚しなくてもいいと思うんですが・・・しかも、人といるのが煩わしいのであれば・・・。

○夫婦の形

カウンセラーをしているといろいろな夫婦の形に出会います。
一緒に生活しているけど、寝室や居室は別だという夫婦。
仕事の都合上、週末だけ一緒に生活をして、平日は別々の家で暮らす夫婦。
事実婚として籍を入れずに、でも、一緒に暮らしている夫婦。
遠距離婚とでも言いましょうか。単身赴任という訳ではなく、お互いがしたいことをするために離れて暮らしている夫婦。

どんな形でもいいんですよね。
中身が肝心で。

だから、Mさんが誰かと長時間いるとストレスを感じるのであれば、ルームメイトみたいにお互いきちんとプライバシーを保てる夫婦像を描いてもいいですし、遠距離婚みたいなスタイルもいいですし、お互いが気持ちいい関係を探すのがいいと思うのです。

○長続きしない恋

Mさんのようになぜか長続きしない、という話をよく聞くんです。
煩わしくて別れちゃう人もいれば、自分はうまくやりたいのになぜか別れてしまう、という方も。

「習慣が問題を作る」とよく言うんですが、「恋人がいない」ということに慣れ過ぎてると、それが当たり前になる(習慣化する)んですね。
私たちは慣性の法則により同じ状態を維持しようとしますから、「恋人がいない」状態に慣れてしまうと、「恋人がいる」のは異常事態として捉えますから、すぐに正常な状態(恋人がいない)に戻そうと動き出すんです。

Mさんはさらに「一人でいても幸せ」という習慣があるわけですからね。
そうするとさらに輪をかけて「恋人がいない状態が幸せ」になってしまってる可能性もあるのです。

その習慣を手放していくこともできるんですけどね。
昨日の話ではないですが、「本当に手放しちゃってもいい?」なんて聞きたくなるわけです。

それで「恋人がいても良い」と潜在意識にメッセージを送るべく、「恋人がいる前提で生活する」ことを提案するわけですね。
「2人分の食事を作って並べてみる」
「モノを買う時には彼が喜びそうだな、と言う感覚で選ぶ」
「デートで行きたい店を雑誌等で見繕う」
「週末はデートするかのようなファッションで過ごす」
「隣に恋人が座っていることを感じながらカフェでお茶をする」

ずっとできなくてもいいので、「今は彼とデート」みたいな気持ちで過ごせる時間を「演出」できるといいですね~。

ただ、1人で幸せ、とか、恋人がいなくて当たり前、にもまた事情があるわけで・・・。

○人との距離感

それが人との距離感としてみると分かりやすいんですね。

他人

知り合い

友達

親友

きょうだい

父親

母親

パートナー

自分自身

という風に距離が近づきます。
ただこのパートナーというのは時に母親よりも近い距離に、時にはきょうだいみたいに、時には友達みたいに変化するのですが、どの距離感が一番居心地がいいか?というのはそれまでの関係性の「痛み」に由来します。

人といると煩わしいと感じるMさんは、子ども時代に少なくても両親との距離感で何らかの問題があった可能性がある、とカウンセラーは見るわけですね。

親密感が苦手、人とのつながりを感じるのが苦手、というところはありませんか。
むしろ、それが良く分からない、煩わしい、という。

また、「恋人がいないのが当たり前」と言う状態もまた過去の恋愛での痛みが残っていることもありますし、両親の夫婦関係に絶望していたり、子ども時代の痛みから人との親密感を拒否してたりと言う側面があります。

となると、このレベルで話をするのであれば、やはり親子関係を軸として、自分を見つめ直してみる必要があるようですね。

○でも結局は・・・

ただ、結婚とか恋愛に固執すると虚しくなったり、欲に塗れてしまったりします。
ずっと私がお勧めしてるのは1人でもいいし、女友達とでもいいから、とにかく自分が嬉しいこと、楽しいこと、笑顔になれることを積極的にしていくこと。

あなた自身が楽しんで、喜んで、キラキラして、笑顔でいると、周りがあなたに好感を持ってくれるようになり、「え?彼氏いないの?おかしいよ~。誰か紹介してあげるね!」というルートが開拓できるようになります。

知り合いの紹介、すなわち、口コミという、最強の集客ツールが発動するわけです。

ので、私の一番のお勧めは「今を楽しむ」ということなのでした。

この記事毎日メルマガで読めるって知ってました?

根本の講座、セミナー、ランチ会。東京、大阪、福岡、広島、名古屋など。来週の東京はキャンセル待ちです。来月は広島、福岡、東京に行きます。大阪では講座の日程を増やしました。

男と女の心理学 
根本本。
根本本
あわせて読みたい