【out of 愛され本】男と女が一緒に買い物に行くと・・・。


以前、こんな話をクライアントさんから聞いたことがあります。

「この間、アウトレットモールに買い物に行ったんです。お互いに買いたいものがあったので。そしたら彼、入口でいきなり『じゃあ、ここで1時間後集合な』と言って、さっさと自分の行きたい店の方に行ってしまったんです。えぇーっ!?て目が点になってしまいました。」

彼女としては「これどう?」とか「これなんか似あうんじゃない?」とお互いに選びあったり、あれこれおしゃべりしたりしながら買い物をしたいと思いますよね。
買い物って欲しいものを買うだけでなく、あれこれ見て回りたいし、一緒に居る人とわいわいしゃべりたいし、と思います。


しかし、自立的男性はそういうことが苦手。目的を果たすことを優先し、かつ、効率を考えてしまいます。
だから、別々に買いたいものを買いに行けば、時間も手間も短縮できるからいいだろう、と思うのです。悪気はまったくありません。彼女といて楽しくないとも思いません。

これも男女の典型的な違いです。

だから、そこで無理して彼と一緒に付いていったりすると彼の機嫌が悪くなります。

また、その1時間というのも女性からすると短いですが、男性からすると長いんです。
案の定、彼女が1時間を少し過ぎてモールの入口に戻るととっくに買い物を済ませた彼がイライラしながら待ってたそうです。

「なんで、欲しいものが決まってるのにこんなにかかるんだ?」と不満顔なのです。
彼女からすれば「確かにバッグが欲しいと言ったけど、その店にかわいい小物があったら手に取らわないわけはいかない」なんですけどね。
目的意識がはっきりしている男性には「小物が目に入る」こと自体、信じられないことかもしれません。

もし、女性の皆さんが彼と買い物だけでなく、おしゃべりを楽しみたいと思ったら、それが当たり前のことと思わずに、彼にちゃんと伝えることが大切です。
「買い物だけじゃなく、一緒に選びあったり、おしゃべりするのも楽しいんだけど」と。
買い物に行く、のではなく、「買い物+選びあう+おしゃべりに行く」と目的を変更してあげるのです。

でも、そこで彼がイライラしてきたら、一人の時間を作ってあげるのも大切。
いつも一緒にいなきゃ、はトラブルの元です。
また、自分のものだけでなく、彼のものも見てあげて巻き込んであげてくださいね。
ついつい楽しくなると「女子のもの」にしか目がいかなくなりませんか?
「男子」のものもちゃんと見てあげましょう。

また、男性の皆さんが女性と買い物に行くときは、「欲しいものを買う」だけが買い物ないことを知っておくことが大切です。
むしろ、「モノを買う」よりも「あれこれ見て回ることが楽しい」ことを受け入れて、「これを彼女が身に付けたらどうなるんだろう?」とか「こんな服、着てほしいな」などの個人的欲求で見てあげるといいです。

ただ、自分も欲しいものがある場合は、先に自分の物を買いに行く方が平和です。
彼女の買い物にイライラしてきた後だと、自分が欲しいものもイライラしながら選んでしまうか、もう、いらない!となってしまいます。
自分の物を先に買うと、そこで目的が満たされますから、彼女のだらだらした買い物にも余裕を持って付き合うことができます。

●「頑張らなくても愛されて幸せな女性になる方法」好評発売中です(^^)
頑張らなくても愛されて幸せになる方法

男と女の心理学


関連記事