(番外編)彼との間でセックスレス!!どうして?&どうしたらいいの?

○最近よくお見かけするカウンセリングの事例をちょっと紹介させていただきます。本当はもっとこういう情報をお届けしたいのですが、なかなか難しい!できるだけお役にたてる情報をお知らせできるように頑張りますので、今後とも楽しみにしてください!!

以前紹介させていただいた友美恵さん(仮名)の実例のお陰か、セックスレスや浮気の問題に関するカウンセリングをほんとうにたくさん頂いています。

「いつもこの話題ですいません」とおっしゃる謙虚な方もいらっしゃるのですが、よくよく思えば、私も好きな分野の一つですから、全然すいませんなんてことはないんですよね。
むしろ、お力になれるかも!という思いが強くなって、さて、どんな感じなんだろう?と刺激を受ける方が多いんです。


さて、夫婦の浮気・セックスレスの問題というのは想像つくかと思うんですけれど、最近、少しずつ目立っているのが「付き合ってる恋人とセックスレス」というケース。
しかも、付き合って数ヶ月の場合もあれば、8年、10年というケースもあって、
「ふつうは別れてしまいますよね?」
「ええ、周りからはとても不思議がられてます」
という会話が成り立ったりします。

もちろん、セックスだけで繋がってるわけではありませんから、セックスレス=別れ、にはならないわけですが、それをパートナーシップの象徴として捉えてみると、あるいは純粋に女性としての自分を見つめると、それはやはり辛いものがあると思うんですね。

女性のお客様が圧倒的に多い関係で、「私はOKだったんだけど、向こうが求めてきてくれなくて」という状態で、「挙句は浮気をされていた」とか、逆に「今はもう私がダメで」なんて発展形もあります。

そうした状況でお話を伺っていくと、肉体的なものよりも精神的な面での繋がりが強いことが伺えます。
特に価値観が一緒で、「この人とは対等に話ができる」という感覚や「お互いに理解できる」という喜びは何物にも変えがたいものですよね。
それこそ、運命を感じてしまうこともありますし、恋愛感情以上に、人として大切にしたい気持ちが芽生えてくることもあるでしょう。

ところが一方で、きょうだいのような関係になってしまったり、母と息子のような関係になってしまうことが、恋人の間でもよく出てきます。
精神的に繋がっていて、セックスがないと、もう、家族的な関係を築くしかなくなるわけですけれど・・・。

じゃあ、そもそもなんでセックスがなくなっちゃったのか?といえば、
付き合い初めにうまく行かなくて、それが彼にとってはトラウマになってる場合、
何度か私が拒絶したら、彼がショックを受けてできなくなってしまった場合、
などがメジャーなようです。
仕事が忙しくて、とか、子育てが大変で、とか、そういう夫婦ではよくある事情が恋人同士ではあんまりないんですよね。
むしろ、セックスそのものが原因になってることも多いようです。

男性ってセックスに関してはすごく繊細な面を持ちますし、自信なんてなかなか持てないですから、うまく行かなかったり、立たなかったり、拒絶されたりすると、すぐにセックスに対して引け目を感じてしまうようになります。

彼女の前ではかっこよくいたい自分が崩れてしまうというか、プライドというか、あるいは、内なる弱さというか・・・。
(この彼の弱さを許し、受け入れるのはこのテーマでの方向性の一つでもありますね)

さて、それでも付き合いを続けるとしたら、「彼氏」を「人」と「男」に分離させて、「男」の部分を捨てるんです。
で、「人」として「彼氏」と付き合っていく、という感じになります。
そうすると、当然そこにはセックスは不要ですし、彼との精神的なつながりで十分満足できるようになるんです。

でも、それだけで済めば簡単なのですが、「男」を分離させた分、当然、彼の前では「女」も出せません。
ある方は、彼氏に女らしい服装をすることすら禁止されてしまったそうなのですが、その約束に従っているうちに、「女」の部分は他の男性で満たすようになってしまったんです。
つまりは、浮気、なんですね。
そちらはある意味割り切り、ある意味代役のように。

そして、他の男性に抱かれると、ホッとして、安心するんです。
「ああ、あたしはまだ女だったんだ」と。
また、セックスの間に自分だけを見つめられることで、すごく喜びや安堵感を覚えたりします。
それくらい、心の裏側では寂しかったのかもしれませんね。

だから、この問題の背景には、精神的に満足している部分と、精神的にすごく不満な部分が同居していて、実は心理的にはすごい葛藤になっていることがあります。

加えて、恋人同士ということで、周りからなかなか理解が得られないんですよね。
最初は話を聞いてくれた友達も、徐々に関わりづらくなることもあります。

そして、最後は「好きなのかどうかが分からない」というところに行って絶望します。
(で、多くはそこからカウンセリングを受けよう!と思われるのかもしれません)

夫婦の場合は、向き合って乗り越えていきましょう、という方向性が立てやすいのですが、恋人同士の場合は、嫌なら別れられる、という思いが強く出やすいので、より繊細に見つめていくようにしています。

そうして、見えてくるのは「自分もセックスレスで都合がいい状態」というところ。
なんらかの事情があるんですね。
昔、遊びすぎて、セックスにネガティブなイメージがついてしまった人、
正直、セックスがいいと思えなくて、無くてホッとしているという人、
セックスは好きだが、それを出すのは女の子としてはしたないと考えている人、
過去の失恋を引きずっていて、まだ吹っ切れていないので今の曖昧な関係が落ち着く人、
さまざまなパターンがあります。

そうすると、まずは、彼との関係はひとまず横において、その背景を掘り下げていく必要があるんです。

そうして、その痛みを癒し、また、女としての自分を許し、解放していくと、彼とも新しいステージで向かい合えるようになります。

そのときは今後の方向性が選択しやすくなっているんですよね。
彼氏とセックスできるように目標を定めるか、思い切って別れてしまうか。

どちらの選択を取るにしても、胸を張って、堂々と、毅然と選びたいものです。
その環境づくりをしていくのが私にできるお手伝いというところでしょうか。

解決策の方向性としては、

・お互いセックスレスに対する問題意識があれば、セックスをしないスキンシップからはじめてみる
・セックスが二人の間でタブーになってしまってるときも、できるだけ彼の前では「女」を捨てないでいる。(“嫌われる怖れ”が難敵ですね)
・彼とセックスの面で向き合えそうもない場合は、まずは自分自身の「女性性」を見つめ、癒す。
・セックスに関して何らかの問題があるときは、それを癒す、解放する。
・もし、家族の問題が背景にあるとすれば、お父さんなり、お母さんなりの関係を見つめていく。

と非常に幅広く、「できることはたくさんある」という状態です。

もし、この問題にぶつかってしまっても、手はたくさんありますから、あせったり、パニックになったりする必要はありませんからね。
それだけでも、安心していただければ、前向きに考えられるようになれますよね。

男と女の心理学

心理学ミニ講座


関連記事