「私らしさを出すと受け入れてもらえない」という葛藤からどう抜け出したらいいのか?



同じ思いを持つ人は多いと思うのですが、まずはそこに承認欲求があることを受け入れる必要があります。
その上で「私らしさ」をより磨くべく、「変人として本気で生きる」ということを覚悟します。
なかなか葛藤が巡るので、今日はそこを解説したいと思います。

根本先生、こんにちは。いつも楽しい記事をありがとうございます!!

宇宙人として、目覚めよ!という記事が以前からお気に入りで、そこを目指していました。
小さい頃から「変わってる」と言われまくり、「どこが?」と聞いても「分からない」と言われ、自分でここかな?と思う所を直そうとするも、“普通の人”からすると「いや、違うって(笑)」という所らしく、混乱の森に迷い込んで三十〇年。
親からは、もちろん「正しく」なるように厳しく指導され、先生からも沢山の呼び出しをいただき、会社に入ってからも上司からダメ出しの日々・・・。
根本先生に出会ってから、ブログや本を読みまくり、ありのままの自分を認めて、だいーぶラクになってきました。ありがとうございます。
ライフワークらしきものも見つかり、充実し始めて数年経ちましたが、今回とあるオーディションに申込み、見事に落ちました。
「自分にもっと合う場所があるって事ね♪」と自己肯定的に受け止めた部分もありましたが、日が経つに連れて「やっぱり私らしさを出すと受け入れられないんだな・・・」という自分の観念が、ムクムクと復活してきました。
自分の事を面白がってくれる人、重宝してくれる人、価値を見出してくれる人。片手で数えられるほどしかいません。
もちろん、その人達にはとても感謝していますし、多ければいいわけじゃないという事も分かっています。ただ仕事で活躍しようとするには、片手の人達では足りないというか・・・。
根本先生もお付合いは狭く深くタイプというお話がありましたが、お客さんは沢山いらっしゃるようにお見受けしました。なんというか、その辺のバランスというか、結局は広くというか、それなりの数の人に受け入れてもらえないとビジネスやライフワークの成功?は難しいんじゃないかなーと思ってしまったのでした。

そうじゃなかったらいいのにな、という願いも込めてリクエストをお送りしています。お目に留まったら、幸いです。
(Mさん)

まあ、確かにうちのブログには自立系武闘派女子がつい寄ってきてしまう匂いを仕込んでいますので、たくさんの方にお読みいただいていますよね。猫にまたたび、蟻に角砂糖、ピラニアに生肉と同じ仕組みですね。

ということで今日も変わり者シリーズです!笑

さて、まあ、頭で考えたらそうなんだけど、でも、そういうことじゃねえんだよなあ、というお話なのかなあ、と思うわけです。

ちょっと中途半端な発想になってしまってるんですよね。
途中までは良い感じなんだけど、そこから先がざっくりとあいまいになっちゃってるような感じです。

つまり、「親から正され、周りから変わってると言われても、それでええねん!と宇宙人であることを承認して生きるぞ!」というところまでは大変すばらしいのです。

それでいいんや!という風に認められたわけですから、これはめちゃくちゃデカいのです。

だから、ここまでは全然OKだし、そのまま続行してほしいなあ、と思う次第です。

ただ、そこで疑問が生じるんですけれど、そんな変わり者として生きることと、仕事で活躍するには片手では足りないって話がちょいとつながらないんですよね。

また、

>それなりの数の人に受け入れてもらえないとビジネスやライフワークの成功?は難しいんじゃないかなーと思ってしまったのでした。

そう思うってことはビジネスで成功したいと思ってらっしゃるのでしょうか?

でも、そのためになぜそれなりの数の人に受け入れてもらえないといけないと思っちゃうのでしょうか?

たぶん、「個性的なサンドイッチ屋をやってみたんですけど全然売れなくて!」というところから出てきた話じゃなくて、頭の中で考えた話ですよね?

文章を見ると分かりやすいのですが、前半部分はけっこう地に足が着いた力強い印象を受けるんですが、後半はふわふわした感じがあるんですね。

それだけオーディションに落ちたことがショックだったのでしょうか?

自分は変わり者だからそれで生きていくぜ!という思いがある一方で、やはりたくさんの人に受け入れてもらいたい、という承認欲求もまた強く、そこが葛藤しているのかもしれません。

変わり者って受け入れるってことは、人に理解されないことや受け入れられないことも受け入れるってことです。

そうすると、多くの人に受け入れてもらうことはハナから求めなくなります。

例えば、私がどうのこうのという前に「カウンセリング」というのものは未だ日本において非常にマイナーなサービスです。

20年前よりはマシになったとはいえ、それでもその必要性を感じている人は少なく、実際に使う人はもっと少ないわけです。

怪しいと思う人もいれば、精神的な病気の人が受けるものという思い込みもあれば、また、得体のしれないモノとして敬遠する人も多いです。

だから、多くの人に受け入れてもらおうなんて思っていたらソッコーで心が折れてしまうでしょう。

「分かる人に分かればいい」「届く人に届けばいい」という風に、ある意味、割り切ってやらないと続けられるものではありません。

さて、Mさんの話に戻るんですが、

>「自分にもっと合う場所があるって事ね♪」と自己肯定的に受け止めた部分もありましたが、日が経つに連れて「やっぱり私らしさを出すと受け入れられないんだな・・・」という自分の観念が、ムクムクと復活してきました。

という一文が今のMさんの心の状態、そして、成長プロセスをきれいに表しているんだろうな、と思いました。

自己肯定感は確かに上がっていると思います。
そして、宇宙人な自分でOKなんだ、という思いも確かに根付いてきています。

でも、まだその途上なんですよね。

オーディションに落ちたのって「私らしさを出したから」で、それを審査員が理解できなかったからだと思いますか?

そこに結び付けるのはちょっと早計じゃねえか?とも思うんですよね。
確かにそうかもしれないけれど、そうとも限らないんじゃね?とも。

その真偽は分からないにしても、

>「やっぱり私らしさを出すと受け入れられないんだな・・・」

というところが今のMさんの課題なんだろうと思うわけです。

Mさんの心の中には「私らしさを出すと受け入れてもらえない」という観念(ビリーフ、思い込み、自分ルール)が深く根付いているようです。

「ほんとうはみんなに受け入れてもらいたい」という承認欲求もそこから見えますし、また、自分を受け入れてくれない周りに対して不満や怒りもありますよね?

「これが自分なんだからいいんだ!」という思いもあるので、そこで葛藤が生まれるわけです。

つまり、まだまだ迷いがあるのです。

で、そこでオーディションがダメだったことからいろいろ考えるんですよね。
そういうときに考えることってたいがいネガティブな妄想になります。

「私らしさを出すとダメなんだ」という“結論”が確定していますから、何に対しても「どうせダメなんですよね?」という風にしか考えられないようになります。

みなさんも経験あると思うのですが、「どうせダメだろうな」と思ってやることってたいがい「やっぱりダメでしたー」になるので「ほらやっぱり!」と思うのですが、お察しのとおりこれがまさに「自作自演」ということになるんです。

Mさんは今、変化の途上で、いわば「汽水域」みたいな状態なんですよね。(ちょっと難しい言葉を使ってみたぞ!)

だから、「この私で行くぞー!」という思いをさらに強めていくことを今はおススメしたいのです。

「私らしさを出すとダメなんだ」という観念は子どもの頃から培われてきたものでまだまだ根強いのも無理はありません。

でも、これは「変わってる」と思ってるMさんじゃなくても、多くの方が少なからず思っていることじゃないでしょうか?

目を瞑れば自分を否定し、ダメ出しする声が蘇ってくるでしょうし、理解者・支援者は圧倒的に少なく、ずっとひとりで戦ってきたわけですから、不信感や疑いも強くなるでしょう。

そんな自分がいるんですから、ライフワークを生きようと思っても「周りに受け入れられなければダメなのでは?」と始めからダメ前提で考えてしまうのも無理はないものです。

実際は全然違うんですけどね。
現代のマーケティングを少しでも学べば分かると思うのですが、今の時代はマーケットがかなり細分化されてますから「知る人はよく知ってるけど、知らない人は全然知らない」というものがたくさんあり、また、マニアックなものほど「推し」が現れるものですから、むしろ、「個性を磨いてより変わり者にならねばならない」くらいです。

直接知ってくれている人は誰も受け入れてくれなくても、ネットの向こうでは何万人も受け入れてくれるなんてことがふつうに起こる時代です。

こういうことは少し学べばたぶん気付けるのですが、ただ、そうすると「私らしさを出すとダメなんだ」という観念を改めなきゃいけませんよね?

それはしたくないものですから何かと「ダメな理由」を作り出すことになります。

だから「私らしさを出すとダメなんだ」という観念をどんどん手放していくことが今度の課題となるわけです。

「自分はこういう人間なんだからしゃあないよね~」と受容しつつ、「それでええんやでー」と許可を与えてあげます。

それと同時に他者承認を求めないように「私は私、人は人」と自分軸を意識します。

そして、「分かる人にだけ分かってもらえればいい」と思い、自分の個性を磨いていきます。

それはMさんが見つけたライフワークにより本気で取り組むこともそうですし、自分の「変わり者」な部分をさらに拡大させちゃってもいいでしょう。

「遠慮せず、本気で生きる」という話になっちゃうんですが、今までは承認欲求もあり、周りの目も気になるところから、どうしたって遠慮や我慢があったと思うんです。

それを解除して「もっと本気で生きる!」と決めてみましょう。

そしたら、いろいろなところで自分の個性がさらに開いていくでしょう。

そうするとさらに変わり者と言われるようになると思うのですが、それを「めでたきこと。ありがたいこと。」という風に受け止めていくのです。

自分が変わり者であることに許可が出て、本気で生きるようになっていくと、今ある中途半端な感覚は徐々に薄れていきますし、承認欲求も減っていきます。

その頃から出会う人が変わり始めるでしょう。

今まであまり会ったことのない「変な人」に次々と巡り合うようになります。

今は「私を受け入れてくれる人」に興味を持っていらっしゃいますが、その興味はなくなり、「私なんてまだまだふつうの人だ」と思えるような人と出会うようになるんです。

そうするとそうした変な人によってもっと自分の個性が磨かれますから、そこから先は好循環ループに入りますね。

ということで、「受け入れてもらえるかどうか」という他人軸な思考は横に置いて、ますます「自分らしく本気で生きるのじゃ!」という覚悟を高めていっていただければと思う次第です。

★結局自己肯定感を高めていくのと同じ話になりますね・・・。

自己肯定感とは?(Youtube)

動画配信/DVD「自己肯定感をあげる3daysプログラム」

セミナー動画「自己嫌悪克服トレーニング~自己攻撃パターンからの脱出~」

自己肯定感アップカウンセラー資格取得講座(キャリアカレッジ)

「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)

自己肯定感を高める100の法則 ありのままの自分をすきになる最もシンプルな方法

「マンガでやさしくわかる敏感すぎるあなたがラクになる方法」(日本能率協会マネジメントセンター)

「ムック本「書くだけで「自己肯定感」が高まるワークブック」」(宝島社)

ムック本「自己肯定感を高めるお得技ベストセレクション」(晋遊舎)

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)
また、感想を送ってくださったり、SNSで感想をつぶやいてくださったりすると根本がめっちゃ喜びます!

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

また、お弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。
(こちらの方が圧倒的に採用率&回答率が高いです!!)


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!

私らしさを出すと受け入れてもらえない問題


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『私らしさを出すと受け入れてもらえない問題

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

1か月通じて一つのテーマにてお届けする講座スタイルのオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい