エネルギーが強すぎる人って自分を扱える人が少ないからどうしても孤独になっちゃうよね?という話。



うちの読者あるあるですけれど、エネルギー(セクシャリティ)が強すぎる人は親や先生、上司であっても自分を扱えずに怖れられることが多いので、どうしても理不尽な目に遭うことが多くなります。
だからこそそれを抑圧しちゃうんですけど、やっぱり解放してあげたほうが世界のためになるよね?という話です。

はじめまして。根本さんのブログや本に癒されているファンです。
勇気を出して質問させていただきます。

一人でいるのは好きだし楽ですが、心を許せる友達が欲しいです。
でも心が開けません。

自己紹介をしますと、30代たぶん野良猫武闘派女子。夫と娘がいます。
過干渉な母、モラハラな父、弟がいる男尊女卑な家庭で育ち、母に否定され、私が同級生にいじめられても私が悪いと言われ、味方がいませんでした。
最近だと「過干渉な母×頼りない父~」の記事に共感しました。

親密感の恐れもあり、男性は割と平気ですが女性が怖くて、どうも心を開けず、剣を降ろせません。
セクシャリティが強めで、目立つのか私だけ怒られます。年下からはなぜか憧れられたりしました。(お世辞かも)

カウンセリングもしたいのですが、何度か精神科に行ったら「あなたが悪い」と言われたこともあり勇気が出せません。
日々先生のブログと本で確実に人生が楽になっているのですが、「周りはみんな敵」という感覚に効く日頃自分でできるワークがありましたら教えていただきたいです。

ネタになりそうでしたら採用していただけると嬉しいです。
益々寒くなってきましたので、お体ご自愛ください。
(Yさん)

まあ、エネルギーが強い人って自分を扱える人が少なくて孤独だよね~というネタをありがとうございます。(もう結論言っちゃった。笑)

例えば、年商1億円の会社の社長は、年商100億円の社長の話を興味深く聴くことはできるけれど、経営のアドバイスとかはできないと思いません?
(もちろん、現実的にはできることっていっぱいあるはずだけど分かりやすさのために)

以前より私のブログでは「おまいらはエネルギーが強すぎるからちゃんと相手を選ばないと人間関係苦労するで」という話をしているのですが、精神科医に「あなたが悪い」と言われたYさん以外にも「カウンセリングを受けたら自分がカウンセラーの話を聴く側になっちゃった」とか「誰に相談してもあなたのことは分からないと言われて拒否られる」などの話を頂くのですが、それってそういうことなんですよね。残念ながら

寂しくて辛いことかもしれないけど、「ああ、自分のエネルギーが強すぎて相手はよう扱わんのだな」ということを受け入れることが第一歩なのです。

これを私はよく「身の程を知る」などと言いまして、乱暴な言葉遣いですけれど、Yさんの話に「分かる分かる~」となった方はぜひ覚えといてくださいませ。

ちなみにこの手の話は次に出る本にも出てくるんですけど、まだアマゾンにはアップされてないのでステマのしようがないんですよね。でも、この間出たこの本も当てはまると思うので熟読してみるといいかもしれません。

「今日こそ自分を甘やかす」(大和書房)

エネルギーが強い=セクシャリティが強い人ってのは、そもそもエネルギーが余りまくっているので「人生とはドラマである!」を地で行くことになります。

つまり次々と問題が訪れ、そのたびに自分が磨かれるのですが、それを今生の使命としているわけですね。

過干渉な母親、モラハラな父、男尊女卑、いじめ、私だけ怒られる、など文章から拾えばこれだけですが、ほかにも事例はめちゃくちゃいっぱいあると思います。

理不尽な扱いを受けたり、性的な被害に遭ったり、「なんで私だけ?」と思うこともいろいろとネタは豊富なんじゃないかと思います。

そんな環境だったら「自分以外はすべて敵」と思い込んで武器を大量に所持する武闘派になるのも無理はないと思いませんか?

よく「母親に否定される」という話がありますが、そこから「あんたは母の母役をやってきたんだねえ」となったり、「お母さんよりもあなたの方がエネルギーが強いから、お母さんはあなたを扱えず、あなたを怖れ、そして、あなたに依存してきたんだわね」なんて話をさせてもらうことが多いわけです。

こういうのって目に見えるものじゃないから「状況証拠」だけで話を組み立てていくわけですけど、「身長140cmのおかんは、身長180cmの息子を抱っこできひんやろ?」というわけですね。

そんな息子が「ママに抱っこしてくれない!」と不満を持ったとしても無理じゃんとなりません?

そういう方とお会いする機会も多い私はとりあえず鼻くそをほじりながら「それだけあんたはいい女ってことだよ」と伝えるんですけどなぜか誰も素直に受け取ってくれないんですよね。おかしい。

で、今日のネタに「分かる分かる~」と共感される方は要するに「視座を上げる」ということをしなきゃいけないわけですね。

Yさんは結婚されてますが、絶賛婚活中の女子はこれをやらないとダメンズ、野良猫、既婚者、遠距離、多忙等、うまくいかない、幸せになれない、相手ばかりをコレクションすることになります。

また、仕事でもなぜか不遇な目に遭い、理不尽な対応をされ、居場所を失うことになります。

以前、ある港区在住のセレブな奥様が突然「コンビニで働きたい」と言い出したんですね。
コンビニで働くことが悪いことでは決してないのですが、彼女の雰囲気はどう見てもコンビニに合うものではなかったので案の定、次にお会いしたときには「コンビニで店長はじめ、バイトの子からもバカにされ、いじめられてる」とおっしゃってました。

でしょうね・・・と思ったんですけど、それって「場を間違えてる」ってことなのですよね。

「自分に合わない場はちゃんと環境がそれを教えてくれる」のです。

で、そんな風にエネルギーが強い人ってのは競合相手にになる人から攻撃されるんですけど、競合しない相手(例えば年下とか異性とか)には気に入られたり、憧れられたりするもんです。

なので、似たようなタイプの方からは「上司の上司からはけっこう可愛がられるんですけど、上司とは合わないことが多いんです~」とか「取引先から気に入られるんですけど、同僚からはなんか嫌われるんです~」などの報告を頂くことになるのです。

もちろんそれは親密感への怖れとか自分のエネルギーを封印・抑圧しているなどと分析することも可能なわけですが、そもそも自分が居る場所・付き合ってる相手が間違ってることも多いので、さっさと転じたほうがいいことが多いです。

じゃないとそのエネルギーの強さが肉体的・精神的な病気を作っちゃうことも少なくありません。

だから、何かしらワークをするよりも環境を変えることの方がお勧めなことが多いのです。

>日々先生のブログと本で確実に人生が楽になっているのですが、「周りはみんな敵」という感覚に効く日頃自分でできるワークがありましたら教えていただきたいです。

ということでいきなり話は変わるんですけど、「周りはみんな敵」と思わざるを得ない環境に自分を置いてきたことは間違いないんですけど、こういう考え方をしてみてください。

「もし、それが投影だったとしたら?」

つまり、周りがみんな敵だと思う背景には、自分が自分の最大の敵になってる可能性があるというわけです。

要するに自己否定・自己嫌悪・自分いじめということになるんですけど、Yさんはどうでしょうか?その自覚はあるでしょうか?

もちろん、自分に合わない環境に身を置いたり、自分と合わない人と付き合ったりするのも「自分いじめ」になるわけですが、明らかに「自分が嫌い」とか「自分はとことんダメな奴」とか「自分なんて幸せになっちゃいけねえ」などの思い込みはありませんか?

もしかしたら自分に厳しすぎるかもしれないし、自分のことを厳しく罰しているのかもしれないし、知らず知らずそれがクセになっているのかもしれません。

となると自己肯定感を高めようという話になって行くんですけどね。

★50名を超えた自己肯定感を高める3か月連続講座

オンライン:1/19(水)20:00-21:30 start!! 自己肯定感を本気で高めたい方のための3か月で6回短期集中セミナー

それと同時にやっぱ自己受容というか「身の程を知る」ということがすごく大切になります。

自分に合う場所はどこだろう?ということを考える前に、今の自分を知り、受け入れることなのです。

セクシャリティの強さを認める。
自分の魅力をちゃんと受け取る。
自分の中に6000ccのエンジンが積まれてることを受け入れる。

なのでそういう方は個人セッションとかセミナーとかを受講された方が早いと思うんですけど、「あああああ、そういうことなのねえええええ」と納得できるよう、自分のエネルギーの強さを認めていくんです。(ただそう思っておくだけで良いということです。)

そして、エネルギーが強い人の特徴を私のブログ等でたくさん知ってください。

それだけでずいぶんと生きやすくなると思います。

で、その自分を受容するということは「自分のことを好きになる」と言うよりも「それが自分なんやからしゃあなよな」と思うことになります。

好きとか嫌いとかではなく「ただそういう存在である」ということを思い知るわけですね。

そうすると自己肯定感があがって「今の自分の居場所・座標」が何となくわかるようになります。
そしたら、そんな自分にフィットする環境を自分のために用意してあげたらいいのですね。

つまり、ライフワークの開発はそこからがスタートというわけです。

ちょくちょく似た話を上げてますが、うちの読者さん(=自立系武闘派女子)にはとてもよくある傾向なので皆様にはぜひ「自分事」としてお読みいただけたら幸いです。

Yさんのようなセクシャリティが強すぎる方の場合、次のような環境が合うことが多いです。

・華やかなスポットライトが当たる場所
・リーダーシップを取って自由に動ける環境
・誰かを一流に仕立て上げるプロデューサー的ポジション
・与えられる予算が大きなビジネス
・ワガママにやりたいことをやりたいようにやる自由な生き方
・たくさんの人に慕われるカリスマ的ポジション
・自分の美しさを前面に出して後進に道を付けるリーダー
・自分を思い切り解放して世界を飛び回る自由人

・・・まあ、たくさんありますわなー。

自分のことをちっぽけに扱ってるヒマはありませんぜ。
もっともっと自分に素直になって、人の迷惑省みず自分の人生を生きることを目標にしてみましょう!

★自分に厳しすぎる人はこの本を読んだ方がいいし、セミナーに参加した方がいいと思う!!

「今日こそ自分を甘やかす」(大和書房)

*柏/オンライン:1/14(金)19:00-20:30 NHK文化センター柏教室「今日こそ、自分を甘やかす。~厳しすぎる自分から自然体な自分へ~」

*東京/オンライン:1/30(日)13:00-17:00 「○○すぎる人のための自分を徹底的に甘やかす講座~もっと深く自分を許し、愛する~」

★自己肯定感をあげる動画&書籍&ムック本

自己肯定感とは?(Youtube)

動画配信/DVD「自己肯定感をあげる3daysプログラム」

セミナー動画「自己嫌悪克服トレーニング~自己攻撃パターンからの脱出~」

「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)

自己肯定感を高める100の法則 ありのままの自分をすきになる最もシンプルな方法

「マンガでやさしくわかる敏感すぎるあなたがラクになる方法」(日本能率協会マネジメントセンター)

「ムック本「書くだけで「自己肯定感」が高まるワークブック」」(宝島社)

ムック本「自己肯定感を高めるお得技ベストセレクション」(晋遊舎)

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

またお弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
エネルギーが強い人がいきるべき道とは。
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『エネルギーが強い人がいきるべき道とは。

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい