他人の言葉を証拠にして自分の短所を攻撃するのって誰も得しないけどついやっちゃうよね?



「信頼している○○さんが私はダメだと言ったから、私ってダメな奴だと思う」ってことをよくやっちゃうんですけど、それってただただ自分を否定しているだけなので心は痛いですよね。なぜそういうときだけ○○さんの言葉をそんなに強く信じ込んじゃうのでしょうね?

昨日のキスなしフェラだけのリクエスト…震えながら読みました…というのも私も遠からずで。。
そしてそして「あんがいこの手の相談ある」のお答えにめちゃくちゃ…救われました。

だってだって根本先生のクライアントさん方てめちゃくちゃ素敵じゃないですか。
何度かセミナーに参加しましたが、あまりの素敵女子達ばかりで緊張して根本先生のご講義半分くらいしか入りませんでした(すんません)

だからあんな魅力的な女性達でも男性にそのような扱いを受けることがあるとしたら、自分なら尚更しょうがないというか、諦めがつくというか、割と男性心理としてよくあることなのかもしれないと楽になれました。

私はですね、、SEX中に顔を隠されるんです…
たいてい枕とかクッションで、あとは自分のたくしあげられた服とか彼が脱いだ服とか。

そういうプレイという感じではないし、ましてや私は内心結構傷ついてるかも…です。
自分の感情がよく分からないとこがあるので、よく分からないのですが。
ですが昨日例のリクエスト読ませて頂いて喉がつまるような息苦しさを感じました。

心当たりはあって、私は確かに自己肯定感は低めな方ですが、とくに仕事と性的なことに対して著しく低いです。
仕事はお金を貰うのが申し訳なくて残業にならないように定時で上がって持ち帰った仕事を徹夜気味でしつこく仕上げます。
それでも周りに比べたらクソのような出来なので会社では萎縮して梅干の種のようになってるし、性的なことはお金を払ってやって貰って丁度いいくらいの感覚があります。
ただで抱いて貰うことに申し訳なさがあります。
トラウマや容姿コンプレックスがあるわけでもありません。
説明が難しいのですが、存在や内面が汚い、下品、醜いというか…

12歳頃に笑い方が気持ち悪いと揶揄われていた時期がありました。
仲の良い女友達で聡明で明朗なので女の子特有のマウントとは無縁なので、余計響いたというか。
頭の良い子で観察力があり、それを的確に短い言葉で表現するのに長けていました。
「笑い方が凶悪犯みたい」と言われてました。

でもそれだけじゃなくて、常にそういう内面の醜悪さが漏れ出ているような感覚があり、それは恋愛や性的な関係で頭をもたげます。

かなり横道ずれましたが、SEX中に顔を隠されるという相談が私以外にもあったら…との想いでお便りしました。
(Nさん)

なんかけっこうこの話、刺さった/響いた/射抜かれた方が多いようで、そんなメッセージをよく頂く今日この頃です。
ちなみにNさんのお話をなんでこんな早く採用させていただくか?というと気が付けば皆さんから頂くネタのストックが少なくなってきまして、今、1週間待ちどころか数日待ち・・・という状態です。ちゃーんす!!笑

で、

>SEX中に顔を隠されるという相談が私以外にもあったら…

という話なのですが、もちろん無くはなくて「服とか枕とかで顔を隠される」だけでなく「いつもバックばかりで・・・きらいじゃないんだけどあたしの顔を見たくないのか?と思っちゃう」なんて声もいただいております。

あと

>性的なことはお金を払ってやって貰って丁度いいくらいの感覚があります。

これ、ちょいちょい出てきますー。ええっ!?と思っちゃうような人からもー。

さて、例えばですね、すっごくシャイというか恥ずかしがり屋の男の人がいて、「目が合うと恥ずかしさで萎えちゃうから、彼女の顔を隠す/バックで顔を見ないようにする」なんてこともあるかと思います。

「見つめ合いながらしたい」という女子にとってはブーイングの嵐かと思いますが、「見つめ合おうとして彼が萎えちゃうのと、後ろから激しく突かれるのとどっちがええねん?」と取調室のように迫ったら皆さんはどっちを選ぶ?ねえ、どっち?

・・・で、前回のネタもそうですけれど、素敵女子だからこういう目に遭わない、というわけではないのですよね。

Nさんはセミナーで緊張されたとのことですが、やっぱり同じこと思ってた人は多いはずです。これもあるあるです。

「こんなにも素敵な方でも悩みがあるんだと思ってホッとしました」とか「あんなきれいな人たちでもうまくいかないことがあるんだ、と驚きました」みたいな声、めちゃくちゃよく頂きますから。

ね?見た目に騙されちゃいけないってことなんですよ。

きれいでスタイルがすごく良くても中身は武闘派ですし、
かわいくて清楚な雰囲気を醸し出していても中身は武闘派ですし、
すごく賢くて切れるエリートみたいな人でも中身は武闘派ですし。

逆に言えばNさんだって周りの人からそう見えているんだと思います。

そういういい風に見られる女子たちだって自信がなかったり、男に振り回されたり、道に迷っていたりするんです。もちろん、中にはそんな風に装いながらバズーカをバンバンぶちかましながら男の死体を積み上げてる猛者もいらっしゃるわけですけれど。

あ、肝心のセミナーの中身についてですけどほぼほぼ内容のないセミナーなんで半分でも頭に入れていただければ幸甚です。はい。

ということで揚げ足を取る時間がやってきました。

>心当たりはあって、私は確かに自己肯定感は低めな方ですが、とくに仕事と性的なことに対して著しく低いです。

>12歳頃に笑い方が気持ち悪いと揶揄われていた時期がありました。

>説明が難しいのですが、存在や内面が汚い、下品、醜いというか…

>常にそういう内面の醜悪さが漏れ出ているような感覚があり、それは恋愛や性的な関係で頭をもたげます。

「顔を隠される」という行為がこの辺の思いとつながってると思うんですよね。
さっき敢えて「シャイな男もおってね・・・」という話をしましたけど、Nさん的にはそういった可能性を考えたことってないくらい「あたしが悪い」と思い込んでませんか?

思春期の頃の友達からの何気ない一言で人生が狂っちまうことって意外と少なくなく、みなさんの中にもそんな体験をしたこともある方も多いんじゃないでしょうか。

「いじめじゃないんですけど、同級生の言葉がすっごく刺さってずっと引きずってた」みたいな。

逆に言えば自分がそんなつもりなく加害者になってることも多いんですけどね。

さて、性的な成長を始める思春期に友達から「笑い方が気持ち悪い」とか言われたらそりゃあ、引きますよね。

自分の内面を醜悪だと思うようになった経緯とその女子が言った一言ってつながりがあると思いますか?それともほかにもいくつか原因が思い当たりますか?

Nさんの中にある「存在や内面が汚い、下品、醜い」という思いは明確なトラウマや容姿コンプレックスがないことと対をなすので、余計に目立つんです。

分かりやすく言えば「めっちゃ美人だけど中身はサイテーな奴」って嫌いでしょ?
「外装はめっちゃお洒落だけど、内装がめっちゃダサい店」ってドン引きするでしょ?

だから、Nさんにとってはその自己嫌悪は余計に強くなるのですよね。
そして、過剰なくらい自分を嫌うようになるのですね。

でも、なんでそうした醜悪さを感じるのが「恋愛」「性的関係」なんでしょうね?
ここはちょっとツッコんで話を聴いてみたいところではありますね。

さて、

>それでも周りに比べたらクソのような出来なので会社では萎縮して梅干の種のようになってるし、性的なことはお金を払ってやって貰って丁度いいくらいの感覚があります。

なんでこんなにも自分のことを否定してしまうのか?というところにカウンセラーって興味を持っちゃうんですよねー。

でも、梅干しの種って栄養満点ですけどね。割ってみるといいですよっ!笑

あ、話がそれましたけど、そんなにも自分のことを醜悪だと思うようになったのは「笑い方が凶悪犯みたい」と言われたことがきっかけなんでしょうか?

他にも思い当たること、あります?

あ、ちょっと大事な話なのですが、よくこうしたお話のときに

>頭の良い子で観察力があり、それを的確に短い言葉で表現するのに長けていました。

と語ることによって「笑い方が凶悪犯みたい」という言葉がいかにも正しいように思おうとするんですけど、ふつうにムカついていいセリフですからね?ね?

「おいおい、頭がいい割に使う言葉がひでぇよなあ?それ、友達に対して言う言葉なん?分かってやってるんだったらその子の中身が汚れてるんだし、分からずにやってんだったらその子は別に頭よくねえよな?」などと思っておかれることを推奨します。

まあ、この話の流れでも「彼女(友達)を持ち上げて、自分を落とす」ということをされてるのですが、ふだんからそれが癖になっちゃってたのかもしれませんね。

「頭が良くて観察力があって、それを的確な言葉で表す子がそういう言うんだから間違いない!!」ってNさんが主張してどないするのよ??

・・・ということから、Nさんが彼女のその言葉を「証明書」にして「あたしの笑い方は凶悪犯みたいで気持ち悪いんです。だから、セックスの時に顔を隠されても不思議じゃありません!」と思い込もうとされるのかもしれません。

けど、こうして「他人の言葉を証拠にして自分の短所を攻撃する」って誰も得しないんですよね。ほんと。

でも、みんなやっちゃいません?

「元カレはめっちゃ仕事がデキる人だったんだけど、その彼があたしのことを『ロクな才能ないよな』って言ってて、やっぱりなあ、と思っちゃって」みたいな。

「親友から『あんた、すぐに男に色目使うところあるからヤバいよ。誤解されるよ』って言われたから、なるべく自分を出さないようにしてたら気が付けばいい年になっちゃいました。てへっ」みたいな。

改めて考えてみると、私たちが自分で自分を嫌ってる部分(自己嫌悪してるところ)って、誰かの言葉を後生大事にしていたり、その態度を自分が勝手に解釈したりして都合よく作り出してるものも多いと思うんですよねー。

みなさんも心当たり、ありません?あるでしょ?ね?あるでしょ?(←これも筆者の思い込みか!)

そして、物事ってそういう風に見ようと思えば見えるので「あたしって中身がほんと醜悪な女なんだ」と思えば、そういう風に思えちゃうんです。

昔、「すべての道は自己嫌悪に通じる」って話してたんですけど、言ってみれば、自己嫌悪に通じる道を一生懸命自分で作って、自分で整備してるんですよね。

「ほら!○○ちゃんが言うとおりだし、現実もこうだし、私ってサイテーな奴でしょ?」って証明して喜んでる感じ。(喜んではいないか?)

ということで、やはりNさんにとっては「全力で自分を否定するクセ」みたいなものから「ふつうに自分を肯定するクセ」に切り替えたいところです。

醜悪なところもあるかもしれないけれど、それも自分の一部なんだし愛してあげてもいいんじゃない?という風に。

自分のことをそんなに傷つけたいの?ひとりSMごっこがそんな好きなの?もっと自分を大事にしてあげてもいいんじゃないかなあ?という風に。

セックスって前にもどこかに書いたんですけど「素の私」が出ちゃうところでもあります。
それを見れば自分の本質が分かるというか、今の自分がよく知れるというか。

顔を隠されるのが好きでコーフンしてきゃーうれしいー!!ってなるならいいんだけど、それがほんとはイヤなのに、それを自分のせいにして、それを使ってまた自分を責めて、というのはほんとに心を傷つけているよなあ、と思います。

No!と言えるようになるのが正解かどうかは分かりませんが、とりあえず、もっと自分のことを愛してあげたいよねー、というお話でしたー。

★自己肯定感をあげる動画&書籍&ムック本

自己肯定感とは?(Youtube)

動画配信/DVD「自己肯定感をあげる3daysプログラム」

「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)

自己肯定感を高める100の法則 ありのままの自分をすきになる最もシンプルな方法

「マンガでやさしくわかる敏感すぎるあなたがラクになる方法」(日本能率協会マネジメントセンター)

「ムック本「書くだけで「自己肯定感」が高まるワークブック」」(宝島社)

ムック本「自己肯定感を高めるお得技ベストセレクション」(晋遊舎)


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
『(準備中)』
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 
 (準備中)
 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい