もう大丈夫だと思っていた過去の痛みが何かの拍子でぶり返す仕組みとは?



過去に辛いことがあって、自分なりに乗り越えてきて、もう大丈夫だ!と安心していたら、何かの拍子で「全然大丈夫じゃないじゃん!まだまだ痛いじゃん!」という思いをすることがあります。
なぜ、そんなことが起きるのか?そして、そんなときはどうしたらいいのか?夫の浮気問題を例にお話を進めていきたいと思います。

いつもありがとうございます。メルマガ楽しみにしています。

数年前に浮気をした夫。夫に対しては 許せているんですが 浮気相手の女にモヤモヤを感じています。出会い系サイトで知り合い 数回会ってお金を払ってセックスしてたそうです。

最近 ちょっと夫とケンカ気味でイライラして 興味本位でその女の名前を検索したら 出てきました。当たり前ですが 生きてて仕事してるみたいです。
あーあ 検索なんかするんじゃなかった。
大後悔です。
この女 ほんと消えて欲しい。死んで欲しい この世からいなくなってほしいと思います。
夫は浮気後ほんと優しくなりました。反省し 私を大切にしてくれています。
浮気の事は一切言わないし 怪しい動きもありません。もう二度としないだろうなと思っています。
ただ 私が女に対して まだ消えてしまえと思っていたんだ…と気がついてしまいました。
ずーっと もうどうでもいいって思ってたのに やっぱり辛かったんだ私って。
まとまりなくてすみません。
この女に対するモヤモヤ どうしたらいいですか?なんか どうしたらいいか分かりかけてるような気もするんですけど スッキリしなくて困っています。
(Sさん)

まあ、その女が生きてたってこともありますが、旦那さんもまだご存命なんですね。よかったです~♪笑

こういう問題に限らず、「もう大丈夫だと思っていたのに、何かの拍子に過去の痛みがぶり返す」なんてことがよく起こるもんですね。

旦那の浮気の件も、もう大丈夫~♪気にしてないし~♪なんて思っていたところにこんな思いが出てくるとはびっくりしますよねー。

でも、なんで検索までしちゃうんでしょうね?
なぜ知りたいと思っちゃうんでしょう??

これってすごく重要なことかもしれません。
わざわざ自分の傷に触れに行くようなことを、自分で分かっていてするんですから。

もちろん、ふと興味を抱いたってだけだと思いますが、なぜ、そんな興味を持つに至ったんでしょうね。

ドMなの?
傷つきたかったの?
自分を傷つけたかったの?

そんな自虐的な心理が働いているのかもしれません。

浮気されたときにすごくショックで傷ついて苦しい思いをしたでしょう?

そのときにあまりに痛すぎるので感情を麻痺させて感じないようにすることがよくあるんです。

大切な人が亡くなったのに涙一つでなかった、という体験をされた方もいらっしゃるかと思いますが、あまりに強いショックが起きると私たちはブレーカーを飛ばしたように何も感じなくなったり、また、痛みを麻痺させて感じなくしたりする「防衛本能」を持っているんです。

でも、それはその痛みや悲しみを強い力で封じ込めた(抑圧した)ことになるので、決してなくなったわけじゃないんですね。

それで「もう大丈夫」と思った頃に、その封印が解けてその感情がよみがえってくるんです。

なので「もう大丈夫と思ってたのに、全然大丈夫じゃなかったー!」というできごとが起きるわけです。

また、浮気の問題などについてはもう少し複雑な事情が絡むことがあります。

彼が浮気して、彼女がものすごく傷ついたとしたら、彼は罪悪感を抱え込むことになります。
そこで彼女は被害者で、彼が加害者になるわけです。

しかし、そのとき「好きだから」という理由で彼女が彼を許すってこともよくあります(もちろん、これはほんとうの意味での許しではありません)。

別れたくないから、大好きだから、という理由(時に執着とも言います)で、何とかその関係を維持するわけです。

彼は罪悪感を感じているから余計に優しくなります。それを補償行為って言います。
もちろん、彼女を傷つけたことを反省し、心を入れ替えて優しくなっている場合もあります。

そして、その優しさを受けて彼女は「彼はもう大丈夫だ。二度と私を傷つけないだろう」と安心して、彼を受け入れます。

で、ここで問題なのが、この一連の流れが「彼軸」で動いていることです。
つまり、「私は傷ついた!あなたのせいだ!この痛み、何とかして!」と彼に迫り、彼が補償行為やら本来のやさしさやらで、彼が優しくしてくれて、私の気持ちが落ち着いてきた、とするでしょう?

でも、この状態って彼に依存し、彼軸な状態ですから、その傷に蓋をされたとしても、その奥の傷はあんまり癒されてはいません。

なので、何かの拍子に蓋が割れて問題がぶり返してしまうわけです。

つまり、もう過去のことにしたいのに何かと過去の痛みがぶり返してしまう問題があるとするならば、「それって他人軸で、被害者になってる部分ってない?依存的になって誰かのせいにしてるところってない?」というわけです。

Sさんがその通りかどうかってのは分かりませんけど。

なので、こうした問題については「そのもやもやはどうしたらなくなるのか?」ってことに目を向けるのではなく、「なんで、そんなもやもやが今頃出てきたんだろう?」というところを意識した方がよいと思います。

ちょっと自問自答してください。

「私はなんでその女に消えてほしいと思うのだろう?その女は私にとってどんな存在なんだろう?」

「その女の存在によって、私は何を感じてしまうのだろう?」

例えば、女としての自信のなさ、無価値感、みじめさ、情けなさ、寂しさ、弱さ、等々、様々ないやーな感情があるんだろうと思います。

その感情を感じたくないから「消えてほしい」と思うわけです。

ところが、そんなこと言ったって消えてくれることはないですから、その感情と向き合い、自分で折り合いをつけていかない限り、この問題を終わらせることってできないんですよね。

その事件から何年も経っているならば、そろそろ腰を据えて向き合ってもよいかもしれませんね。

この土台にあるのが、よくお伝えしている「すべての問題は自作自演」という見方です。

浮気された、のではなく、浮気させた、のであり、
消えてほしいけど消えないのは消えてほしくないからだし、
その女の存在に心を動かされているのは他ならぬ私自身だし、
スッキリしないのは自分がスッキリさせたくないからだし、
よってこれはすべて私自身の問題である、というわけです。

これって自分自身とガチに向き合ういいチャンスなんですよね。

もちろん、それってめちゃくちゃ嫌なことだし、苦痛だけど、そこをクリアすれば女として、大人として、めちゃくちゃ成長することが約束されている試練です。

その本音の本音ではSさんは何を思い、何を感じているのでしょうね?

そこと向き合うには今がいいチャンスだと思います。

過去の浮気問題の痛みが今復活する理由、そして、そこで感じている感情をまずは御恨み帳にガンガン書き出してみましょうか。

それだけで案外いい気づきが得られるかもしれません。

★1年ちょっとぶりに復活。東京・神楽坂でのリトリートセミナー。

東京:10/17,18 ザ・リトリートセミナー「こんな時代だからこそ、自分を見つめ直し、ほんとうの自分と出会う2日間」

東京:10/17,18 ザ・リトリートセミナー「こんな時代だからこそ、自分を見つめ直し、ほんとうの自分と出会う2日間」

★恋愛講座が動画になってますー!!

自立系武闘派女子のための恋愛講座~愛され上手になる秘訣とは?~

自立系武闘派女子のための恋愛講座~ヘラクレスオオカブトくんとどうしたら出会えるのか?~

自立系武闘派女子のための恋愛講座~幸せになる覚悟とは?~

「史上最強の恋愛講座~絶対に失敗したくない恋愛に役立つ11の法則~」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
もう大丈夫だと思っていた過去の痛みがぶり返してしまうわけ。
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 

★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール
音声・動画配信サービス
セミナーDVD

あわせて読みたい