鬼軍曹に罵詈雑言を浴びせかけられると精神の解放を感じるのですが、私は変態なだけでしょうか?



真正のMならばわからん話ではないですが、それで定期的に燃え尽きてしまうのであれば、それは本質的なものじゃなくて、鬼軍曹の存在が自分を奮い立たせる鞭になっているのかもしれません。
だとすると、それって一種の自傷行為のようなものですから、ちょっと考えを改めたほうが自分のためかもしれません。

自分いじめが爽快&活力になる変態の場合、例外的に鬼軍曹の独裁政権許してもアリでしょうか…??

根本大先生こんにちは!
なんと最近はYouTubeもはじめられてて、どこまで迷える女子達にエールお送り下さるのかと感謝しきれません!

長年根本先生のファンなので、もちろん「自己肯定感」は履修済みなのですが、が…どうも私、ど変態なのかお恨み帳を書くつもりが、いつの間にか鬼軍曹というか女王様というかデーモン様というか、罵詈雑言を私めに浴びせる方が必ず現れまして、そして同時にものごっついカタルシスといいますが、精神の解放を感じるのですハイ。
その方が私めをそれはそれは口汚く罵るほど…。
肩は軽くなるは心は浮上するは、陰鬱な霧が晴れ渡るように1人悦に入るすよね…
そして明日も元気に生きちゃうぞ!という開きなおりの燈が灯されるのでした。

こういう場合、「まぁ変人だからいいんちゃう?」でしょうかね?
それとも、長い目でみたら「やっぱあんさん、きちんと自責意外の価値判断も学ばなにゃいかんよ…?」でしょうか。

確かに私め、基本「漫画が実写化さらてるよう」と称されるようなコミカル楽しげ人間なのですが、定期的燃え尽き癖があり、そのサイクルは加齢と共に短くなっているという補足情報がごがいます。

それではいつかネタの一形態として取り上げて頂けましたら幸いです!
一ファンより。
(Mさん)

まあ、ドMってことなのでしょうねえ。
分かる分かる~♪という読者の声がそこかしこから響いてきそうな気がします。(怖い)

罵詈雑言・叱咤激励の鬼軍曹スタイルを浴びせかけられて快楽に浸る、というか、解放感を覚えるってことは、やはりMなんですよねえ、と同時に、ある種の「自傷行為」に似たものがあるのかなあ、と。

だから補足情報があってよかったです。

定期的に燃え尽きるんだ・・・ふーん・・・なるほどねえ・・・ってことっすね。

鬼軍曹な人が現れるだけでなく、相当自分でも自分に対してやっちまってるんですよね?

となると、Mさんの内面では常に暴君が存在して緊張状態に置かれているのかもしれません。

その緊張状態ってのはピリッとした空気を作り、ピシっとできますので、案外、物事をてきぱき運ぶことができます。

ごく最近どこかに書いた気がするのですが(オンラインスクールの原稿かな?)、そうした鬼軍曹がもたらす恐怖による支配というのは緊張感を作り出しますが、「怖れ」という感情があると、人は瞬発力を発揮してあれこれ行動します。

皆さんも「こらー、お前ら、何してるんじゃ!ピシッとせい!」という鬼コーチの声にびくっとなって、ピシっとなったことってあると思います。

そうすると声も出るし、動きもてきぱきできるし、アクティブになれます。

そして、きちんと動けたりするし、その反動でやる気のようなものが出てきたりするんですね。よっしやるぞー!やったるぞー!と。
それがMさんがおっしゃる「開きなおりの燈が灯される」という表現になるのかなあ、と思うのです。

しかし、怖れで人を支配するとそのように「瞬発力」は出るのですが、「持続力」がありません。

だから、そうした緊張状態に長く置かれるといきなりダレてしまったり、無理に頑張りすぎれば燃え尽き症候群のように無気力になったりしてしまうのです。

体育会系の方は記憶があると思いますけど、鬼コーチが竹刀もってビシバシ鍛えてるときはめちゃくちゃ頑張ってトレーニングするけど、鬼コーチがいなくなった途端、だらーっとしちゃいませんでしたか?

厳しい上司が着席してるときは仕事をてきぱきこなすけど、来客などで離籍した瞬間に気がゆるんだりしませんでしたか?

だから、短期間ならば怖れを使って自分に鞭を打つのも効果が出るのですが、長期的な目で見ると、逆効果になるんですね。
すなわち、瞬発力しか出ないわけですから、頻繁に怖れをあおるようなことをしなきゃいけなくなるわけです。

それで、定期的に鬼軍曹なり、いじわる婆さんなり、スパルタ教師が登場しなきゃいけなくなりますね。

それが「漫画が実写化さらてるよう」と例えられる人生につながっているのかもしれません。

自分自身を駆り立てる事件や事故を常に欲する、という。

だから、本質的に見ればMさんは「のんびりや」かつ「なまけもの」なのかもしれませぬ。
その本質を出してたら生き残れなかった過去があるので、自らの内に「鬼軍曹」らを作り出し、動き続けなければいけない状況を作り出しているのかもしれません。

でも、それが長年の習慣と化してしまうと、そうなることが「まことに普通のできごと」になりますから、馬車馬のごとく動き回ることが「ほんとうの私」なんて思い込んでしまったりします。

さて、まあ、人の性癖にああだこうだクチバシをツッコむのも僭越な話ですので、大事なのはMさんがこれからどうしたいのか?なんですよね。

定期的に燃え尽きるとしても「それがわしじゃ!それがわしなんじゃ!」と天に向かって叫びたいのであれば、その方法をもうしばらく続けてもよいかもしれません。

とはいえ、燃え尽き症候群もたいがいですけど、内臓や婦人科系を痛めたら元も子もないので健康管理はきちんとしていただけたらと思います。(それだけストレスがかかってるわけですからー)

一方で、そんな鬼軍曹に鞭で殴られながら頑張るのはやっぱりしんどいわー、それが自傷行為になるんだったら、なおさらやめたいわー、ということであれば、やはり自分を大切にすることを学んだ方がいいように思います。

ずーっと頑張ってきた人。
何かに追い立てられるようにずーっと走り続けてきた人。
いつも自分に鞭をふるいながら何かを成し遂げてきた人。

そういう生き方もかっこよくて魅力的ですが、心身が付いてこなきゃ意味がありません。

頑張ることが好きで、無理をしてでも頑張りたいって気質の人もいますが、当然ながら、自分に鞭をふるうことの反動もどこかで出てきます。

そんな時は一旦立ち止まって自分を見つめ直す時間が大事だと思うんです。

安らかなる時間、つまりは、休息を自分に与えることだったり、自分を承認し、ほめてあげる時間だったり、戦闘服を脱いでありのままの自分になれる時間だったり。

何でも頑張りすぎて婦人科系を痛めてしまった女性をカウンセリングすることって案外多いんですけれど、とりあえず「マグロになれ!」という指令を出すことが多いです。
「止まったら死ぬマグロ」じゃなくて「市場に並ぶマグロ」ですね。

自分が主体となって動き回るセックスじゃなくて、全部彼にお任せなプレイをしなさい!という意味なんですけれど、それを日常生活にも当てはめるように!という指令です。

何もしない日。
感謝して受け取る日。
誰かに甘える日。
気分で行動する日。
自分勝手な日。
敢えて堕落する日。

そんな「オフな日」を作りましょう、というわけです。

また、瞑想をしたり、ヨガをしたり、写経をしたり、畑仕事をしたり、自分と向き合う時間をきちんと作りましょう、と。

そうすることで燃え尽きる前に、緊張感から自分を解放してあげることができるようになります。

そうしたらさらなる活躍が期待できるんじゃないかと思うんですよねー。

★瞑想会

オンライン:21:00-22:00 自分とつながる夜の瞑想会
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/34492

★「逃げる」ということも頑張り屋さんに大切な選択肢です。

ギリギリまで我慢してしまうあなたへ『逃げる技術』(徳間書店)

★自分の生き方を見つめ直し、本来の自分に戻るワークショップ

東京/オンライン:8/23(日)13:00-17:00「ライフワークをデザインするワークショップ~こんなご時世だからこそ、「自分らしい生き方」改めて見つめ直してみませんか?」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/35908


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
鬼軍曹のように自分に厳しくしてしまうことのリスク
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 

★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール
音声・動画配信サービス
セミナーDVD

あわせて読みたい