オンラインセミナーを1か月やって確信した「私たちの意識は物理的な距離なんてあっさり超えていける」という“事実”



オンライン専用のセミナーを4月はたくさんやりました。
なんだかんだ10本以上は優にやっています。
元々、会場で行う予定だってセミナーをオンラインに置き換えたものもあれば、初めからオンライン用に企画したものもあります。

はじめはどんな風になるのか探り探りでしたが、少しずつ分かってきたことがあります。

・みんな自宅から参加してくれるので、リラックスして受講できる。
・参加者も講師も移動時間がないので、時間にとても余裕ができる。
・チャット機能を使うことで、皆さんの質問や疑問や感想を即座に受け取りやすい。
・チャットを使って実習の結果をシェアすることで、より多くの考え方、見方が分かる。
・ホワイトボード機能は案外使える。ペンタブを使うとかなり便利。
・参加者のITリテラシーがどんどんアップしてるのがよくわかる。

でも、一番の気づきはこれ。
前からうすうすそうじゃないかと思っていたことが実感できたんです。

それは「私たちの意識は物理的な距離なんてあっさり超えていける」ということ。

極論を言えば「物理的な距離ってほんとうは存在すらしていないんだよね!!」という衝撃の事実です。

そんなネタを書こうと思っていたら、お弟子のみつこが早速記事にしていてムカついたので晒すことにする(笑)

オンラインセミナーには日本全国はもちろん、ヨーロッパ、北米大陸、オーストラリアなど世界から参加してくださいます。
みんながいる物理的な「場所」はバラバラなのだけど、インターネットを通して「つながっている」おかげで、意識的な「場所」は「今、ここ」なんですね。

どこにいるの?と聞かれたら「大阪」とか「パリ」とか答えられるのだけど物理的な距離は飛行機で11時間分も離れています。
けれど、意識上は「一緒にいる」のです。

物理的には離れているけれど、意識は一緒にいる。

この事実はけっこう驚愕的なものです。
当たり前っちゃ当たり前なことなのですが、何がすごいって、パリの人もローマの人もNYの人も東京の人も福島の人も大阪の人もつながれるのです。

その結果、何が起きるか?というと、エネルギーが作れてしまうのです。
もう少し専門的な言葉を使うと「グループマインド」が形成されるのです。

ふだん、会場に集まってワークをするのと同じような空気が生まれるのです。

だから、深いイメージワークができます。
深いところでヒーリングが起こせます。

ふだんの会場でやっているセミナーと似たようなことができてしまうのです。

ああ、これは衝撃的。

頭では「ああ、そうだよね。ほんとそうだよ」と思っているし、遠距離恋愛の恋人同士はいつもLINEなどでこんな空気を味わっていることも知っているのだけど、やはり体験するのは違います。
こんなにすごいグループマインドができるとは思っていなかったので、個人的にすごい衝撃なんです。

「自分とつながる夜の瞑想会」は6回くらいやりましたね。毎回、エネルギーが違います。参加される方によって雰囲気が全然違います。
そして、これもまた不思議なのですが、回数をこなすほどに「場」ができていくんです。

例えば、神楽坂のセミナールームは特にうちの会社で管理するようになってからは私の専用のセミナールームみたいなものなので、何度も何度もセミナーをすることで私好みの「場」が出来上がっていきます。
だから、さくっと深いところに入れたり、その場のエネルギーをある程度コントロールしやすくなったりします。

それって、何度も何度も出汁を取ることで土鍋自体に味が染み込んでいるのと同じようなもの。
それって、毎日乗っているから、自然と体にフィットする車になっていくのと同じようなもの。

それがオンラインで作られるとは衝撃的過ぎました。

まあ、それも当然と言えば当然ですけどね。
私たちの世界は自分の意識でできているのですから、それがリアルな会場であっても、ネット上に設えられた会場であっても同じことが起きるんですよね。

だから、改めて「意識」のすごさをまざまざと見せつけられたのがこの1か月でした。

そりゃあ、祈りだって通じるよねえ。
てことは、呪いだって通じちゃうよねえ。

愛とか感謝もすぐに相手に届くよね。

そんなことを「理屈」ではなく「体感」として理解できたような気がするのです。

前からうすうすと感じていたけれど、この1か月で確信に変わりましたね。

ということは、できることもどんどん増えていきますね。

そんな怪しいことを考えながら、来月はどんな企画をしてみようか、とワクワクしているのです。

とはいえ、やはり直接、顔を突き合わせてのセミナーも大好きなので、そちらも早く復活させたいところですね。

あわせて読みたい