セクシャリティをブロックする硬い硬い壁の意味と外し方



その人らしい魅力を表し、生命力の象徴でもあるセクシャリティ。しかし、幼少期からそれをタブーとして硬い壁の中に閉じ込めてしまい、パートナーシップや仕事などに問題を抱えるケースもとても多いものです。
そんな自分を解放し、自由にしてあげたらどうなるのか?そして、どうしたらいいのか?についてお話しています。

「問題と才能の現れ方~例えば豊かなセクシャリティを持つ女性はヒーラーであり、それがゆえに傷ついてしまう~」

この記事がとても好評で、そんなテーマを持つ方とお会いする機会がまた増えました。
しかし、ほんと皆さん、才能豊かで、ヒーラーなんだなあ、としみじみ思います。
それだけのエネルギーを持ってること、ちゃんと受け取ってね!(笑)

そりゃあ、女性は命を生み出すことができるんですから、誰でもセクシャリティがとても豊かなのは自然なことです(セクシャリティ=生命力でもありますから)。

とはいえ、性的なことがタブーな社会の中では、そのセクシャリティは忌みされ、禁じられてきました。

テレビでベッドシーンが流れたら即座にチャンネルが変えられたり、子ども時代にそうと知らずオナニーをしていたら母親に激怒されたり、体の発育が人より早くて恥ずかしくてそれを隠そうとしたり、セックスに興味を持ってもそれは隠れたもの、いけないことになっていたり。

だからこそ、性的なエネルギーが強い人ほど、それをより強い力で隠さなければならなくなります。

そのセクシャリティを抑圧する方法というのが、

・恥ずかしがりや→自分を出すのが恥ずかしい。自分の内側を見せるのが恥ずかしい。

・自己嫌悪→自分が嫌い、汚い、ダメ。自分なんか表に出てはいけない。

・罪悪感→自分は穢れてる、綺麗じゃない。自分を罰しなければならない。

・秘密主義→人に自分の内側を見せない。自分を隠さなければならない。

などで、それを使って「え?私は性的なものには全然興味ありませんよ」という態度を採るようになるんです。

だから、いわゆる「お色気むんむんで、フェロモン爆発な女子」が、ほんとうにセクシャリティが強いかどうかは別問題で、むしろ、大人しくて感情表現をあまりしないタイプだったり、ユニセックスやボーイッシュな雰囲気を醸し出していたりする人が実は強いセクシャリティを持っていることもとても多いものです。

そのセクシャリティの現れ方としては
・色気、セクシー路線
・姐御肌、肝っ玉母さん路線
・フェミニン路線
・聖女、女神さま路線
・無邪気な少女路線
など様々な表現方法がありまして、「あたし、全然色気ないからセクシャリティもないんだわ」ということは全然ありません。

しかも、ややこしいのは、そうしてセクシャリティを抑圧して隠している一方で、表面的には「恋したい」「男にモテたい」「処女を早く喪失したい」「他の女子に負けたくない」という思いがあるので、結果的にセックスしまくる女子もいます。

また、水商売女子は見た目はとてもセクシーで色気があるように見えますが、「仕事と割り切る」必要もあり、体が商売道具になるわけですから、感情を分離させてお仕事をしていると、当然ながらセクシャリティは抑圧されたままになります。

これは「思考的」とまでは言えないかもしれませんが、セクシャリティを解放しているわけではないので、それなりの経験はあるけれど「そこそこ気持ちいいけどイクことができない」とか「テクニックに走って感じることができない」みたいな問題を抱えたりもします。

さらに言えば、セクシャリティって生命力なわけですから、例えば、そのエネルギーを仕事に振り向けてバリバリ働いている人もいれば、アスリートのように自己管理を徹底して自分を律する人もいますし、家族を背負って生きてるパワフルな人もいます。

・・・なので表面的に起きていることからはなかなかセクシャリティが強いかどうかは分からなくなるものです。

ところでその壁がなく、セクシャリティを開いて生きてる人ってどんな人なんでしょう?

先ほど紹介した「○○路線」というのも一つに限られる人もいますけれど、たいていは複数の路線を並行して走っていきます。
例えば「セクシー+姐御+少女」などのように。

そして、その割合は自分で決められる部分もありますが、たいていは「自然な流れ」で決まっていきます。

だから、結局のところ「自分らしく自然体で生きていた結果」なんです。

そうなるといつもブログでお話していることと思い切り被ってしまう上に、「根本さんって結局自分らしく生きろ!しか言ってないのよね」と本質を見破られてしまうのですね。はい。

それで、セクシャリティが開いている人というのは自然体なんですけれど、別の特徴を挙げれば「委ねるのがお上手」なんですね。

自分の感情や状況に身を委ねることができるんです。
つまり、コントロールしたり、頭で考えたりせずに、とても素直なんですね。
(態度が素直という面もありますが、それ以上に自分の気持ちに素直です)

周りからはきっと「自由人」に見えると思いますが、その自由さを嫌う人も現れます。とはいえ、本人はそんなことは気にしないですね。

異性同性問わず、人にモテる人が多いです。
なんせ、とても魅力的ですから。

一緒にいるだけでドキドキしたり、とても落ち着けたり、なぜか自分に自信が持てたり、楽しい気分、ワクワクする気分、自由な気分になれたり、とても安心感があったり、とても素敵な思いができるからですね。

そういう魅力をちゃんと受け取っているので、異性から好きになられることを怖れませんよね。つまり、ちゃんとNoを言えます。

そして、とてもオープンです。
場はわきまえるかもしれませんが、言いたいこと、思ったことを言えます。
恥ずかしい話、惨めな話、情けない話などもできます。弱い自分も出せますね。

ほんととにかく自然体で生きてるのでキラキラしてるんです。

まあ、みなさんが「こうなりたいなあ」という姿とほとんど一致しているかもしれません。

さて、となるとどうしたらセクシャリティを塞ぐ壁をぶち破れるか?というと、例えば、人生においてほんとうにきつい問題と向き合うと「これはもう自分らしく生きるしかない」「生きてるだけで丸もうけ」「他人に構ってる必要なんてない」なんて悟りに近い感覚が得られるので、そうするとそんな壁など一気にぶち破ってしまいます。

そんなきつい問題と言えば、生死をさまよう病気とか事故、大切な人との死別、倒産や解雇などによる経済的苦境など、あまり体験したくないことですけれど。

自分軸を確立して自己肯定感をあげ、そして、ライフワークを生きるプロセスを忠実に生きようとすると、その壁が邪魔でしょうがないので、ライフワークのワクワクした思いがその壁を打ち破ってくれることもあります。

パートナーシップも大きなエネルギーを与えてくれます。
お互いの関係がもっと親密になれるようにできることをやっていくことで、その壁が少しずつ溶けていきます。
純粋にセックスをより素晴らしいものに昇華させる意識で取り組むことは分かりやすくその壁を溶かしてくれます。
なので、信頼できるパートナーとのセックスを高めることはおすすめですね~

さらに言えば、自分の本音、自分の本心、ほんとうの自分を見つけていくことも一つのアプローチになります。
それを「自分探しの旅」と称してインドに行ったり、山に籠ったりする人もいますね。

ほんとうの自分って何だろう?という興味を持ち、どこにいるんだろう?いったい何だろう?という風に自分を見つめていくことです。

手っ取り早くカウンセリングなどを受けてその部分に気付くこともできます。

でも、案外、そのヒントは子ども時代に見つけることができます。

・子どもの頃、夢中になったものは何でしたか?(アニメとかおもちゃでも全然OK!)

・子どもの頃、どんな大人に憧れましたか?

・子どもの頃の夢は何ですか?

ここでいう子どもというのは小学校に入るまでか、低学年くらい、思春期に入るまでの時期を想定しています。

その頃ってまだ思考が働いていないので、素の私と出会いやすいんです。

子どもの頃に夢中になったものが見つかったら、なんでそれに夢中になったんだろう?どんな要素に惹かれたんだろう?ということを考えていきます。
また、子どもの頃の夢に対してもなぜそうなりたかったんだろう?と想像してみます。

その理由や要素が本来の自分の姿に近いかもしれません。

子どもの頃に憧れた大人の姿もまた、本来の姿に近いかもしれませんね。

さらにセクシャリティを扱う上では女性として(男性として)の自分を愛してあげることを意識します。
これはできている人も多いかな?

体によいものを口に入れる。肌の手入れをする。皮膚に触れるものを質の良いものにする。眠りの質を高める。というところから、自分の性的な部分を愛してあげる、大切にしてあげる、というのも役立ちます。

そうして、自分の身体が心地よい状態を作っていくのです。

それと同時にやっぱりオナニーは大事ですねー。
自慰って書きますけれど、ほんとうは自愛の行為だと思うんです。

それは理想のセックスを描いてみるのも役立ちます。
「官能小説を書くように」自分にとって最高のセックスを書いてみてください。

もちろん、その壁を作ることになったお母さんや元カレたちとの関係を見直すことも王道的なやり方ですが、とにかく、その硬い壁を溶かした向こう側に何がある世界を想像していくことを今日は色々とお話してみました。

それはあなたの才能や魅力、可能性を表す素晴らしいものですので、焦らずひとつひとつできることをやっていくのがいいと思うんです。

★そんな心の壁を破るセッションが満載の1DAYセミナー

東京:1/12(日)11:00-18:00 愛で問題を解決する1DAYセミナー

https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/32857

★セクシャリティを解放するためのジュンコ先生による連続講座

東京:1/22(水)~ ジュンコ先生の「大人の性教育講座 体は大人、心は思春期のあなたへ」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/33028

今日の話を無料アプリのvoicyで音声で聴けますよ!

★よき相談相手にご指名ください。お弟子さんたちのカウンセリング
>http://cocoronooffice.jp/#counselor

 ☆オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
 >https://cocoro-marche.com/

★メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール。月額3,240円で毎週月曜日配信。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい