理想を目指して頑張ってるのにうまくいかないのは常に自己否定する癖があるから。



理想の女像を目指して頑張っていることがストレスになるってことは、その根拠に怖れがあって、自己否定が強くなってしまってるから。
そうすると「うまくいかないループ」にハマり込んでしまうものです。
なので「自己否定」から「自己肯定」への移行がすっごく大事なんです。

他人軸系武闘派女子のNです。
根本さんに助けを求めたいです!
永遠のテーマ、「自分を好きになる」についてですが、女性として自分のことを本当に好きになれません。
理想の女性像はありますが、なろうとすることに疲れてしまいます。本当は体型も気にせず、女を捨ててたいですが、理想の女性像のために努力していて、それがさらにストレスになっています。

二年付き合ってる彼氏もいて、家族のように大切にはしてくれていますが、同棲して3ヶ月でセックスレス、「どう?」って聞かないと褒めもしない、私が甘えてもスマホ片手間構ってくれるだけで、男女の時間を作る気もありません。
私が何かしたり、髪型を変えたりすると一応褒めてはくれるのですが、女友達が同じように髪型を変えたなど、自撮りなど女性性を発揮していると、惹かれてしまうようでSNSでいいねとかしていて、特別感を感じなく悲しくなってしまいます。
私と真逆なタイプが好きなようです。(私は奥床しさが好きで地味、女友達は派手)
私のことを女として好きなわけではないのかな?と思い、きっかけがあると泣いてしまい、女として見られたいと伝えてますが、疲れてると言われて喧嘩になっています…
良かったらネタにしてください。
(Nさん)

他人軸系武闘派女子っていい響きですねえ。早速パクらせていただきたいと思います!あざーっす!!

すべての問題は「自作自演」という見方ができて、私が望んでこの状況を創り出し、その舞台の上で舞い踊っているものなんです。

その前提で見てみると、

自分のことが好きになれない
→そんな女は好かれると思えない
→あまり愛してくれない男と付き合う
→やっぱり私は愛されない!
→自分はその程度の女だ!
→自分のことが大っ嫌い!

というループをぐるぐるとめぐることになります。

ちなみに、3番目は

→好きになってくれない男を追いかける

とか、

→好きになる男はみんな他の女を見ている

とか、

→全然出会いがねえ

などに置き変えも可能です。(それ以降は同じです)

Nさんもそんな風に自分で堀った穴に自分で落ちるという芸当を演じてしまっているようなものかもしれません。

みんなやってることっすけどね。

で、Nさんの場合、理想の女像というものがあって、そこに向けて頑張ってるんですけど、それは「今の私では全然あかん!せやから、もっといい女にならな愛されへんねや!!」という強烈な自己否定がベースにありますよね?

みなさんも理想像を目指して日々頑張ってらっしゃる方も多いと思うのですが、その背景に「自己否定」というものがあると、どんだけ頑張ってもなかなか自分を認められないわけですし、成果が上がったって「まだまだ!まだまだ!」と自分に鞭を打つことになりますし、他人から褒められても「気を使って言うてくれてるだけでしょ?本音じゃないんでしょ?」と否定してしまうことになるんです。

だから、やっぱり「自己否定」から「自己肯定」への移行はものすごく重要なことなんです。

ということで、はい。これ。どうぞ、ご利用くださいませ。

『自己肯定感をあげる3daysプログラム』

名古屋:10/19(土)、11/16(土)、12/15(日)
大阪:10/20(日)、11/17(日)、12/14(土)
(東京は2020年初頭に予定)
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/31475

とりあえず、本でやってみるわ・・・という方はこちらがお勧めね。

「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)

『人のために頑張りすぎて疲れたときに読む本』(大和書房)

Nさんが理想の女を目指して頑張っていて、それがストレスになっちゃうのも、そんな自己否定がベースにあるからなんです。

苦しいでしょ?頑張るの。

理想を追い求めるのってほんとうは「楽しい」「ワクワクする」「ドキドキする」「きゃっ(はあと)」な気持ちが伴うものなんです。
しんどいことがあっても、そのワクワクがあるから乗り越えられるもんなんです。

でも、そうじゃないってことは「自己否定」がバンバンあるってことです。

今の自分も否定する。
頑張ってる自分も否定する。
成果を出した自分も否定する。

これじゃあ、やっぱり苦しいですよね?

で、そういう状態だと、彼氏の態度についても「悪いところ、イケてないところ、不満なところ、問題のあるところ、嫌なところ、クサいところ」に自然と目が向くようになるんです。

言葉で愛情を示してくれたら、スキンシップが足りない!と不満を感じ、
スキンシップで愛情を示してくれたら、もっと情熱的に!と不満を感じ、
情熱的にガンガン来てくれたら、鬱陶しい!と不満を感じ、
放っておかれると、私のことなんて愛してないんでしょ?と不満を感じる、というシステムになってるのです。

ちなみに彼の心理については「野良猫」「ロックマン」「親密感への怖れ」「セックスレス」などで私のブログを検索していただくとあれこれ出てくると思います。

こういう話をすると元も子もなくなっちゃうんですけれど、Nさん頑張りすぎて、自己否定し過ぎて余裕がなくて、それで「彼に何とかしてほしい」って依存的になっちゃってるでしょう?

だから、彼を動かそうとしてしまいます。そういうの、コントロールって言います。

彼を動かそうとするんだけど、当然、動かないので、悲しくなっちゃうんですね。
これも自作自演です。

だから、やっぱり自分軸、というのがすごく大事になってきます。

私が彼を選んでいるのだし、
私がセックスレスを受け入れているのだし、
私が女として見られることを拒否してるのだし、
私が今の関係を創っているのです。

この「私が」というところが自己肯定感と並び称される「自分軸」という奴で、Nさんはきっとお気付きだと思いますが、そこへの移行もすごく重要です。

私が、私は、という意識を持つこと。

たぶん、今でもイイ女なんだろうと思います。
けれど、その自分を否定しまくっているので、それが受け取れません。

スマホばっかり見てる彼に対して寂しく悲しくなるけれど、「ねえ、スマホよりももっとかわいい顔見たくない?」ってグッと近寄れないわけですね。
(武闘派女子は、そういう場面で、スマホを取り上げてバキッと割ってしまうことが多いようなんですが、その際の経済的ダメージを考えるとそれはあまりおススメじゃないんですよね。あと破片の掃除もめんどくさいでしょう?)

ということで、Nさんにとっては右手に自己肯定感、左手に自分軸を意識しつつ、日々闊歩してみてほしいな、と思います。

ということで、宿題。頭を捻りまくって考えてみてください。

(1)自分が今、頑張っていることをひとつひとつ具体的にリストアップする。そして、そんな自分を褒める。

(2)半年前と比べて「いい女になったなあ」と思える点を無理やりでも10個見付ける。

(3)私の女としての魅力を意地でも30個見付ける。それで、つくづくあたしはイイ女や、と日々呟く

(4)彼が私を好きな理由を意地でも20個見付ける。

ちなみに、こういう宿題を「やろうと思ったけど、全然できませんでしたー」とか「時間がなくてできませんでしたー」と言い訳しちゃう人は、もしかすると、自己否定や他人軸から抜け出す気持ちがまだ足りないのかもしれません。

となると、激しく自己否定することに何らかのメリットを感じている、ということなので、それを考えてみるのもアリです。

「自分にダメだししてたら、うまくいかなくても傷が浅くて済むしー」とか「これだけ自分を否定するのはあの人に復讐するためなの。幸せになっちゃったらあの人を許さなきゃいけないでしょ?」とか、そんな理由が隠れているのかもしれません。

そしたら、そっちから向き合った方が早いかもしれませんね~。

無料アプリのvoicyでこのお話を聴けます!
https://voicy.jp/channel/962/58253
#Voicy

★ということで、そんな迷える武闘派女子のための集会を開催しますぜ。

〇自立系武闘派女子のための恋愛講座~幸せになる覚悟とは?~

東京:11/10(日)13:00-16:00
大阪:12/1(日)13:00-16:00

https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/32453

★そういう気持ちをカウンセラーに聴いてもらうのもアリっす。
http://cocoronooffice.jp/#counselor

 ☆オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
 >https://cocoro-marche.com/

★メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール。月額3,300円で毎週月曜日配信。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい