罪悪感はあらゆる行動の裏に隠れているが、そのさらに奥にはいつも愛がある。


仕事でも恋愛でもうまく行きそうになるとダメになる経験とかないですか?
逆に、うまく行くとすごく怖くなったり、悪いことばかり考えたりして、その場から逃げ出したくなること。

あるいは、子育てや部下・後輩との関係において、つい自分の考え方ややり方を押し付けて相手をコントロールしようとしてしまうこと。

何か問題が起きると、自分のせいなんじゃないか?って思ってしまうこと。

自分の存在が迷惑をかけているんじゃないか?と思ってしまうこと。

あるいは、いつも何かを背負っているかのうように重たくなってしまっていることはありませんか?
「私が何とかしなきゃ」と頑張りすぎていたり、様々なリスクや問題を考えすぎて身動きが取れなくなったり。

成功したいと思っているのに、幸せになりたいと思っているのに、なぜか、そうではないような現実が起きていたり。

そして、愛されていることは分かっているのにそれを素直に受け取れなかったり、豊かなはずなのに喜べなかったり。

そんな現実の裏には「罪悪感」という感情が暗躍していることも多いのです。

この罪悪感はそれを補償するために「正しさ」を証明しようとします。
そして、思考の中に様々な「ルール」を作り上げます。
いわゆる、観念、ビリーフ、思い込み、自分ルールとよくブログで書いているものです。

「私は幸せになってはいけないんだ」という思いを罪悪感が作り出すとしたら、自分が幸せにならないことを正当化するために

・成功するためには苦労しなければならない。
・お金がすべてではない。
・愛されるためには何かをしなければならない。
・結局人は孤独だ。

などの「ルール」を作り上げるのです。

これらは潜在意識の中で行われる工作のため、なかなか意識上にはのぼってきません。

だから「なぜか、うまくいかない」という現実のみが現れるようになるのです。

もちろん、その現実を変えるために人は何とかしようと試みます。
しかし、そのルーツに罪悪感があると、その罪悪感を維持したまま、現実を変えようとしてしまうので、

・お金が足りなければ副業でもして頑張って稼ぐべき
・自分は頑張りが足りないから成功しないんだ。もっと頑張るべきだ。
・愛されるための努力をもっとすべきなんだ。

といった新たなルールを重ね合わせます。

しかし、罪悪感ベースのルールはますます自分の首を絞め、自分を追い詰めるために作られるので、その方法で成功することはまずありません。

さて、罪悪感は「自分は罰せられるべきだ」「自分は幸せになってはいけない」という思い込みを作るものですが、当然、それは意識レベルでは否定されるものですよね。

だから、自分を傷つけるような行為を意識的に行うことはなく、“結果的に”自分が傷つくような現実を創り出すように仕向けます。

ものすごくハードな仕事。
望みのない恋愛。
いつもぎりぎりか足りなくなる預金残高。
やりたいことに踏み出す勇気を削ぐ情報。
自分を傷つけるパートナーや上司の出現。

そんな時に「自分は悪くない。相手が悪いんだ」という思わせることもあるでしょう。

そうして、巧妙に自分が幸せを感じられないように仕向けて行くのです。

心当たりはありませんか?

ハードワークがやめられなかったり、お酒やたばこの量が増えて行ったり、ギャンブルに夢中になったり、望まないセックスを繰り返していたり、幸せになれない相手のことを好きになったり。

まるで自分を自ら牢屋にぶち込むようなできごとを招くのであれば、その背景にある罪悪感に目を凝らした方がいいかもしれません。

「自分を許す」

ここに抵抗を示したり、「許したいけど許せない」葛藤が生まれて来たりするでしょう。

罪悪感が複雑なのは「誰かを許さないこと」も「自分の正しさを主張すること」も罪悪感を増やすことに貢献するということです。

どれだけ自分の理論が正しかったとしても、それを主張した瞬間に、罪悪感は増えるのです。

そういう意味では禁欲主義者だったり、まじめに頑張っている人にも罪悪感があるのです。

それくらい私たちの心は敏感であるとも言えるのですが。

そうした罪悪感の奥深くには「愛」があります。それは消えません。

自分の思考や行動、そして、自然と湧き上がるように見える「感情」ですら、自分の愛に反するものであれば「罪悪感」に姿を変えます。

私たちは実に愛に忠実に生きているのです。

そして、その愛を自らが裏切った瞬間に生まれるのが罪悪感なのです。

だから罪悪感を手放し、自分を許すプロセスには愛との繋がりが欠かせません。

内なる愛とのつながりを辿ってもいいし、他者から与えられる愛に触れて、内なる愛に光を当ててもいいし、罪悪感を癒すにはそれ以上に強いパワーを持つ愛の力を借りる方が早いのです。

あなたは誰のためにそんなに頑張っているのでしょう?

あなたは誰に許しを請うためにそんなに自分を傷つけているのでしょう?

あなたは誰を救えなかったがゆえに、自分を罰しようとしているのでしょう?

あなたは誰を守るために、自分を犠牲にしているのでしょう?

これらの問いはあなたを速やかに愛につなげてくれる効果があります。

すぐにこれらの質問に答えられますか?

自分自身が愛の存在であることを受け入れた瞬間に罪悪感は消え去ります。

自分の行動のあらゆるところに、実は愛があることに気付けばいいのです。

今日はぜひ、自分の行動ひとつひとつに「愛」を見つけてみませんか?
その「愛」がひっくり返って「罪悪感」として表現されていることもありますが、それすら、「愛」があるから生まれることと認めていいのです。

さて、もうお気づきかと思いますが、今日は壮大なるステマ記事でございました!!!!
そんな罪悪感と向き合い、愛とつながるための4時間ワークはこれだ!

『自分解放宣言!~罪悪感を手放して自由になるワークショップ~』
大阪:10/20(土)13:00-17:00
東京:11/23(金祝)13:00-17:00

大阪:10/20(土)、東京:11/23(金祝)ワークショップ『自分解放宣言!~罪悪感を手放して自由になるワークショップ~』

あるいは、愛とつながる2日間へようこそ!!!

沖縄:11/10,11 沖縄リトリートセミナー

11/10,11 沖縄リトリートセミナーを那覇で開催いたします!!


あなたにオススメ