ライフワークに向き合おう!と思ったら、気になる彼に気を取られるんだけど?


エゴは巧みに自分を真実の道から逸らそうとします。
20年も逃げ回ってたのならばなおさら。
だから、そういう時こそ、ライフワークにエネルギーを向けてみましょう。
意外かもしれませんが、それが恋がうまく行く秘訣でもあるんです。

根本さん、お久しぶりです。
ところで遠距離のロックマンとお別れして、一年ちょっとかな?
面白い展開がありました。彼は関係ないんですけど笑

わたしは常々、これがライフワークなんだろなと、わかっていても20年逃げてたことがあり、秋の頭頃に腹をくくりました。

「今これ起きる!?やらざるを得ないじゃん…」
という、わたしにとってのみ追い込みのようなことが起こり笑
「こーこーこーゆー理由で、ダメなんだよ」というエゴの声の方が大きかったからしなかったのに、もう腹の底ではやりたくて仕方なくて、エゴの声聞く方がしんどくなっちゃって。逆転したんです。

割とマニアックな世界で、ここに入るなら結婚難しいだろとゆーのもあって足踏みしてたんですが、やってもやらなくても浮いた話ないしなというのも理由でした笑

腹を括った翌日、前からの知人(男)が実はそっちの世界の人と知り、あっさり惹かれました笑
あちらにとってもわたしは貴重な存在らしく、同士のようにラインや電話は盛り上がる日々がふた月で、久しぶりに会う機会があったんですね。

仕事でもライフワークでも武闘派なもので、体に優しい差し入れとかくれたんですけど、席が遠い!こんなに開ける!?架空の1人挟むくらい遠い。

そして遠回しに、食事を断られてるような言い回し。
誘ってもないのでわたしの被害妄想と思います。
さらにSNSに謎の投稿。「うーん、うん」
普段こういうことを書かない人だし、わたしも妄想すごいんで、なんかすごいダメだったんだろうなって思いました。
わたしシャイすぎてテンパってたし。
恋をするといつも変人になる。

まあどうとなってもライフワークやるんですけど、久々に恋するとこれまでの戦歴活かせないし、相変わらず自信ないしで、毎回同じ失敗するの辛いです。
なんか、、なんかお言葉いただけたら嬉しいです(´・_・`)
(Kさん)

ちなみに文中に出て来る「エゴ」はこちらで解説しています。

「エゴの声とは何か?真実の声とは何か?」
https://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/22519

>そして遠回しに、食事を断られてるような言い回し。
>誘ってもないのでわたしの被害妄想と思います。

ああ、こういうのよくありますよね~
「告ってないのに振られた気分」みたいなの。

確かに相手が「防衛線」を張って来ることがあります。
遠回しに「なんかダメって言ってるのかもなあ」なんて、特に感受性強い敏感女子はあれこれと考えてしまうものです。

とはいえ、それが「本当に断って来てるのか?」というと案外微妙なところもあります。
というのも、彼もまた自分に自信がないケースが多く、ちょっと恋に奥手なタイプの人もいます。
また、武闘派女子から醸し出される空気から怒涛の寄りの気配を感じて、ちょっと引いちゃう人もいますわね。

そもそも「私」も自信がなくて、怖いし、不安なので、ちょっとしたことに色んな「意味付け」をしちゃいますよね?

「ん?この投稿はもしかして私のことを意識して書いてるのか?」
「こういう言い方をするってことは脈無しってことか?」

みたいな感じ。

その辺のことって考えても分からないし、怖れや不安はネガティブな妄想のみを掻き立てる習性があるので、どうしたってうまく行かないようにストーリーを組み立ててしまいます。

そもそも男性はやっぱりアレ(鈍い)ですから、そんな女子の気配を上手に察することができる人ってあまり多くないと思うんですよね。
むしろ、自分がそういう態度を取ってることに気付かずに「なんか、僕、いつも女子に避けられちゃって恋がうまくいかないんですよね」と言ってる男子もいます。
席を遠ざけられたのも、意外と女性慣れしてなくて、恥ずかしいだけかもしれないでしょう?
また、「勘違いされて相手に引かれたら困る」という配慮(?)のようなものから、敢えて距離を置いたのかもしれないでしょう?

だから、私はそういう時はあっさりと「そんなん近づいてみな、分からんやん。自分から誘ってみ」と恐怖の宣告をするわけですな。

それが一番分かりやすいです。

さて、本題。え?彼とのことが本題じゃないの?ってツッコミはさておいて(笑)、それもライフワークを遠ざけようとするマインドかもしれませんぜ、姐さん、というお話。

20年も逃げ回って来てそろそろ年貢の納め時と観念したわけですが、当然、怖れもまだまだあるでしょう。
逆に20年って年月は「逃げることに慣れる」には十分すぎる年月で、何かと理由を付けて体が勝手にライフワークに背を向けちゃうこともあるんです。

恋心もその一つ。

そっちに意識を取られることで、ライフワークにコミットするエネルギーを削ごうとしてるのかもしれないんですな。

>まあどうとなってもライフワークやるんですけど、久々に恋するとこれまでの戦歴活かせないし、相変わらず自信ないしで、毎回同じ失敗するの辛いです。

こういう思いが出てくると、恋に燃える女としては、ちょっとライフワークの方にエネルギーを向けられなくなるでしょう?
そして、彼とのことが気になれば気になるほど、また、ライフワークが疎かになっちゃうことがあるんです。

で、私の提案ってのは、彼のことは気になるが、とりあえず、今こそ、ライフワークに向かえ!ってことです。
もちろん、それくらい十分お分かりかと思いますが。

で、「ライフワークと真実のパートナーは同時にやってくる」という格言がありまして、私もそういう経験をしています。
タイムラグは1か月ほどありましたし、そのことに気付いたのは妻からの指摘でしたので、本人はまったく自覚なかったんですけどね。

そして、私のセッションを個人やらグループやらセミナーで受けたことのある方は耳にしたこともあると思うんですが、

「恋の相談をしにきたのに、ライフワークを生きることを提案された」

ということをよくしています。

もちろん、それは「恋を諦めてライフワークに行け!」ということではありません。

ライフワークにエネルギーを注ぐことで、ますます自分のエネルギーは高くなっていきます。成長するんですね。
そうすると、その成長した分だけ、いい男がやってくる確率が高くなるんです。

下世話な例えをすれば、年収400万のときに行く店と、年収が1000万になったときに行く店って変わるでしょ?それと同じことなのね。

自分のエネルギーが高くなれば、その分、出会う人もまた自分と同等のエネルギーを持った人が多くなります。
そうすると、今好きな人がいて、でも、なかなかうまく行かないんだけど、自分を高めて行ったらあっさりその人と恋仲になれた、なんて現象が続出するんです。

それで、夫婦関係で悩んでる奥様に「ライフワーク!ライフワーク!」って連呼して、自分が好きなことをして、楽しんで、ニコニコして、エネルギーがあがっていくと、あれ?旦那と仲良くなれた!なんてケースが起きるんです。

そもそもパートナーシップって対等です。
自分の波動(エネルギー)と同調する人と出会い、恋に落ちます。
だから、自分を高めることをして、自分を成長させれば、その分、より素敵な人と出会える可能性が高まるんです。

それで私はいつしか「男女関係に行き詰ってるならば、それを何とか動かそうとするんじゃなくて、仕事や趣味などを楽しんで自分を高めれば、結果的に男女関係の問題も解消される説」を力説するようになったのです。

ということで、彼とのことは目の隅にとどめておいて、そのライフワークにエネルギーを注ぎましょう!ってことです。

>「今これ起きる!?やらざるを得ないじゃん…」
>という、わたしにとってのみ追い込みのようなことが起こり笑

なわけですから、天は「そろそろええかげんにせえ!!」って言ってるわけですね。

ということで、今はライフワークに集中する!!ってコミットしてみてください。
彼との関係も面白い展開をきっと見せると思いますよ。

ちなみにそんなライフワークを生きるセミナーはこちらです。

大阪:2/18(日)13:00-17:00 ワークショップ「好きなことをして自由な人生を生きる~才能、価値、資質、魅力を徹底的に知る~」(四ツ橋)
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/21902

東京:3/24(土)(神楽坂)
大阪:5/20(日)(四ツ橋)
13:00-17:00 ワークショップ「好きなことをして自由な人生を生きる2~ライフワークを生きることを自分に許可する~」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/23021

最後にちゃんと宣伝を忘れない、そんな根本くんに拍手を送るといいと思います~♪


あなたにオススメ