10/14(日)銀座TABEEC倶楽部主催「心理カウンセラー根本裕幸先生の自分の心を愛する方法&体験型ランチ」


前回は暗闇ディナーでした。暗闇の中でフレンチのフルコースを頂くことで視覚障碍者の方の体験をすると同時に、視覚がなくなることで鋭敏になるその他の感覚について学ぶ機会でした。

その時のレポートはこちらです。
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/25009

今回は日本料理。
「高齢者疑似体験」ができます。

ゴーグルや腕に重りをつけて、日本料理を頂きます。
年配の体の状態を疑似体験して、年配の方への配慮の気持ちを育んだり、健康に気をつけたり、気づきの時間になることが狙いです。

前回、視覚障碍者の方と似た体験をほんの少ししただけで、彼らの気持ちがほんの少し理解できるようになりました。
街で彼らを見かけることが増えたのも、きっと意識がそこに向いたんだと思います。
つい「お手伝いしましょうか?」ってできるだけ静かな声で話しかけてしまう私もいます。(あるホテルでエレベータまで案内させていただきました)

今度は高齢者の体験ができるそうです。これは自分自身にも起こりうることですから、貴重な経験になりそうで楽しみです。

そのランチの後は「自分を大切にすることの本当の意味」について講演ならびに実習をさせていただきます。
シティホテルの特別室という素敵な空間に身を置くことも「自分を大切にすること」のひとつです。

世の中には方法論がたくさん出回っています。
この化粧品は肌にとても良くて効果的。
この服は素材に気を使っているので長時間身に着けても安全。
このサプリメントはとても体に良い。
毎日瞑想をすると心身ともに調子がいい。
この食事法で健康になる。
この運動をするとダイエットが成功する。

確かにその通りなのですが、ただ、形だけ採り入れても効果があまりないことは経験された方も多いんじゃないでしょうか。
自分がそれに納得していなければせっかくのいい方法も効果が半減してしまうのです。

「何のためにそれをするのか?」
その答えに自分の心が同意していることが重要なのです。

だから、方法論はもちろんOKなんだけど、それを受け入れる自分自身が自分の心を大切にすることこそが、本当に自分を大切にすることだと思うのです。
それは自分をありのままに肯定して否定しないことでもあるし、
自分の心の声をきちんと聴いてあげることでもあるし、
自分が喜ぶことを与えてあげることでもあるし、
自分が嫌なことをできるだけ遠ざけることでもあります。

日常を振り返りながら、今の自分にとって必要なもの、大切なものを見つめ直す、そんな時間にしたいと思います。

この日はノートと筆記用具をご持参ください。
色々とメモしていただこうと思っています。

さらに詳しいご紹介、お申込みはこちらからです。

今回のセミナーは特別なお食事をご用意いただくので締切が早めとなっております。
その点、ご了承ください。

日時:2018年10月14日 12:00~14:30
会場;コートヤードマリオット銀座東武ホテル オーキッドルーム
参加費:14,800円(レクチャー、体験型ランチ付)

https://reserva.be/lesson1/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=cceJwzs7A0NQUAAz0BEg


関連記事