2020/8/21発売!「ギリギリまで我慢してしまうあなたへ『逃げる技術』」(徳間書店)

ギリギリまで我慢してしまうあなたへ『逃げる技術』(徳間書店)

ISBN-10: 4198651450
ISBN-13: 978-4198651459
発売日: 2020/8/21

価格:1,400円+税

以前からちらほら話をしていました「逃げる技術」が8/21に発売される運びとなりました。

続きを読む

(本のご感想)そして 本当によく頑張ってきたなぁと、ひとりでじーんとしていました。

Mさんから逃げる技術のご感想をいただきました!ありがとうございます!!
逃げる技術の本のご購入はこちら。
ギリギリまで我慢してしまうあなたへ『逃げる技術』(徳間書店)

こんにちは。
逃げる技術を紹介されているブログ記事を拝見しました。

文章を読みながら涙が滲みました(/_;)

ここ数日、数年前からある起きた時からある首の重だるさはいったい何だろうなと考えていました。
これまでは疲れてるのかな、睡眠が足りていないのかなとか、
そういったことしか浮かばなかったのですが
今日の午前中会社で事務作業しながらふと

もしかして、若い頃関係に苦労した先輩(同性)とずっと隣同士(向かい同士という時期もあった)で働いているから
そのストレス???

そう思った瞬間
霧が晴れるような、頭のもやもやが晴れるような感じでした。
走り出しながら叫んで祝杯上げたい気分でした。

そして
本当によく頑張ってきたなぁと、ひとりでじーんとしていました。
ちょっと涙ぐんだり

そして逃げる技術の記事です。
また泣かされました。

本当に思い当たることばかりで・・・

その先輩とも、表面上はまぁまぁうまくやれていて、男性上司からは仲が良く思われたりしていますが、まったくそう思っていません 笑

先輩も私に対しては他の女性社員に対してよりよそよそしい感じがあるので
同じように思っていると思います。

そして先日の無気力の記事がなぜか気になりもう一度読ませていただきました。
先日も一度読ませていただいたのですがあまりピンとこず・・・

ですが今日は
ああきっと、私も自分のエネルギーをうまく使えていないんだろうな
だから首の重だるさって本当は先輩のせいじゃなくて、
エネルギーの放出がうまくいっていないことからのストレスなんだろうな
そう理解しました。

根本さんがお書きになっている通り、
嫌な記憶があるので、封印するようになったんだろうと思います。

それでもまだ
本当に会社辞めていいのかなぁ・・・
と悩む自分がいます。
でも書きながら
ええ加減辞めたら?
ここまで頑張ってんから
と、自分が語りかけてきます。

これからまた、自分と対話していこうと思います。
(Mさん)

(本の感想)『ギリギリまで我慢してしまうあなたへ 逃げる技術』by根本裕幸

「ギリギリまで我慢してしまうあなたへ『逃げる技術』」のご感想をお弟子のHarunaさんがブログに書いてくれましたー。ありがとうございます!!

 

【本の感想】『ギリギリまで我慢してしまうあなたへ 逃げる技術』by根本裕幸

 

 

 

(本のご感想)「この程度のことで逃げていいなんて甘えだ」と思う人にこそ一読をおすすめしたい本です。

「ギリギリまで我慢してしまうあなたへ『逃げる技術』」のご感想をYさんからいただきましたー!ありがとうございます!!根本先生へ

いつもブログ、voicyなどなどお世話になってます。

だいぶ遅くなってしまいましたが、「ギリギリまで我慢してしまうあなたへ『逃げる技術』」の感想文を添付します。

続きを読む

動画配信/DVD:逃げる技術~今よりもっと自由で自分らしく生きられるスキルを習得する~

ギリギリまで我慢してしまうあなたへ『逃げる技術』(徳間書店)

8/21に発売になりました「逃げる技術」(徳間書店)。
ぎりぎりまで我慢してしまうあなたへ贈るバイブルです。

※参考記事)「逃げる」という選択肢を持つ勇気~逃げる技術はあなたの世界を確実に広げてくれるスキル~(9/4)

続きを読む

(本のご感想)逃げてみたら、私はなんでこんなに苦しい所で我慢してたんだろう?逃げてもいいんだ、逃げて本当によかったと思いました。

「ギリギリまで我慢してしまうあなたへ『逃げる技術』」のご感想をAさんからいただきましたー!ありがとうございます!!
初めまして。

私は保育士をしています。今働いている所は前の所から転職して2年目。
今年度仕事で色々とあって、少しずつ、少しずつ疲れが溜まってついに10月ごろから身体と心に不調が。毎日職場近くになるとドキドキして、涙が出て。
そんな時、藁にもすがる思いで、何か、いい本は無いか、、と本屋さんに来たときにふと目に止まったのが、根本さんの「ギリギリまで我慢してしまうあなたへ『逃げる技術』」という本でした。

私は今まで、保育士という仕事を絶対に年度途中で投げ出してはいけない、投げ出せない、と思っていました。
職員に、保護者に、子どもたちに、みんなに迷惑をかける、我慢しなくてはならないと思っていました。

ですが、この本を読んで、『逃げる』という手段を知りました。
初めはそうは言っても、いやいや、まだ頑張れる、せめて年度末まで、、と思っていたのですが、苦しくて苦しくて、何度も何度もこの本を読んでいるうちに、逃げてみてもいいかもしれないと思える様になりました。
本のタイトルの通り、逃げる技術を手に入れて、今は休職中です。

逃げて、罪悪感が襲う時もまだありますが、逃げてみたら、私はなんでこんなに苦しい所で我慢してたんだろう?逃げてもいいんだ、逃げて本当によかったと思いました。同時に、逃げる前には気づかなかったのですが、自分はこんなにも追い込まれていたんだと気付きました。

この本を読んで、何度泣いたでしょう、何度背中を押していただいたでしょう。まだ全てが解決した訳では無いのですが、根本さん、本当に本当に有難うございました。
この本に出会えて、本当に私の人生を救っていただいたと思います。
どうしても、この気持ちをお伝えしたくて、長々と書いてしまいました。
もう一度言わせてください、本当にありがとうございました。

(Aさん)

「逃げる」という選択肢を持つ勇気~逃げる技術はあなたの世界を確実に広げてくれるスキル~

今もかなりしんどい状況に居ながらもそこから動かない(動けない?)人がいます。
「まだまだ頑張らなきゃ」
「このくらいで音をあげちゃいけない」
「もっと他にしんどい人はいる」
「ここで逃げたらみんなに迷惑をかける」

そもそも「逃げる」という発想を持たない人もいます。
(つまり、この文章を「私は関係ないや」と思いながら読んでいる方の中にもきっと逃げたほうがいい方がいるはず。)

「全然楽しいと思えない。辛いだけなのに」
「先週よりも今週の方がたぶんしんどい。そして、先が見えない。」
「体がとにかく重たい。心が沈んでいる。笑えない。」

そんな状況にありながらも毎日会社に行ったり、旦那と顔を合わせていたり、親と一緒に生活したりしているんです。

なぜ、逃げないの?

「逃げ方が分からないから」
「逃げていいと思えないから」
「逃げたって意味がないと思うから」
「逃げるのは恥だから」
「逃げるなんて情けないことだから」
「逃げたってどうせやんなきゃいけないことだから」

それとも、単に意地を張っているの?
プライドが邪魔しているの?
人の評価をまだ気にしているの?
続きを読む