壁があると安心する恋心~情熱の女がそこにハマる理由~

不倫やお金、仕事などの問題のある人になぜか惹かれるのは、そこに「勝手知ったる我が家」のような安心感があるからかもしれません。
すなわち、子ども時代の名残がそこに恋心を抱かせているのです。

***
根本さんブログ毎日拝読してます。
おもい切ってリクエスト出します。もしよったらお願いします☆

職場の10才年上の上司と不倫して3年、体の関係を解消して1年半、この最後の1年半は親子関係みたいに仲良く、それでも精神的に支えて貰って毎日一緒に帰って悩み相談したり、たまに軽いスキンシップしたり、ボーイフレンドみたいな不思議な関係でした。別れた?人とはスパっと関係切る経験しかなかったから。
今年3月の異動で彼は違う部署へ移動し、これで解消かな、って寂しく思ってました。

私、精神的に寄りかかれる男性がいないと駄目なんです。だから異動後は寂しくて仕事に打ち込んだり、他に打ち込めるものを探してました。

実は夏位に良いなって想う男性が出来てかなり良い雰囲気になると、決まって私がそれをぶち壊す問題を起こす。これ何度かやりました。
最近落ち着いやっと彼とまともに話せる様になったのに、先日ラインで暴言を吐いてしまって。また彼と仲良くする女の子にやきもち妬いて。
もうつくづく自分が嫌になりました。年内は離れるって宣言して心配させたり。
因みに彼とは7年来の知り合いだけど、恋するとは思わなかった。情熱はまっすぐぶつけてくれるけど、怒らない人。恋愛怖い人(笑)

でも、根本さんのブログ読んでたら、確か手放しの記事、私直近の彼は本当に好きだったのかなって疑問に思いました。

不愉快に思う方がいたらごめんなさい。

最近別な方々から不倫のお誘いがあって辛いとフラフラしてしまいます、不倫は嫌だ。もう辛いの嫌。
こんな私はまともにパートナーできるでしょうか?もう、自分勝手なのですが、本当に今一人で生きて行く事、立っていることがきつくてたまりません。アラフォーでバツイチの癖にね。

自立系武闘派女子を王道で行く私でしたが最近か弱くなりました。もう乙女なんですよ、笑ってしまいますが。

乱文すみません。よろしくお願いします(^-^)
(Yさん)
***

ちょっとは弱った方がいいんですよ。
ついつい強がって頑張りすぎてしまうから。
その頑張りを抑えるには弱くなるのがいいんです。

ただ、長年不倫をしてきた(ハマった)場合、ある癖が身に付くんです。
いや、正確には、この癖があるから不倫にハマるんです。

それは「間に壁があると安心する法則」です。
図にするとこんな感じ。

20151223壁があると落ち着く図

なんて単純な絵でしょう?
でも、けっこうグサッと来ると思います。急角度で。

壁があるとなんだか安心、ないと不安。
関西人であれば、すぐに「551の蓬莱」が目に浮かぶかと思いますが、そう、あると安心、ないと不安なんです。

この壁、というのは自立系武闘派女子が大好きなものばかりでね。
「不倫(奥さんなど他の女が壁になる)」をはじめ、「遠距離」「年の差」「仕事忙しい」「お金ない」「身分不相応」「DV、モラハラ」「浮気症」「ギャンブル」「多趣味」「体目当て」などなど様々なものが該当します。

でも、なぜか、そんな壁がない状態だと「恋心が動かない」んですよね。

「いい人って分かるんですよ。こういう人と結婚すれば幸せなんだろうなあって。安定企業に勤めてて、貯金もあるし、優しいし、穏やかだし、誠実で、しかも、外見だって悪くないし、次男で親の面倒見なくていいし・・・。でも、でも、でもね、なぜか男って感じがしないのよ・・・」

それが「バイトしながらミュージシャンの夢追ってる」だの「転職多し、ギャンブル好き」だの「ほかの女のにおいがぷんぷんする」だのって知ると、つい興奮しちゃうんですよね。

以前も似た記事は書いてますので、参照ください。

「追いかけられるのが幸せ」ってほんとう?

「もっと頼って欲しい」って言われても。~武闘派女子が素直な気持ちを言えるために必要なこと~

情熱の女はなぜ散々振り回されて傷つけられても好きでいることを止められないのか?

情熱の女による野良猫的超自立系男子攻略講座。

情熱の女の恋のパターンと、どうしてあの人に惹かれるのか?の訳。

情熱の女の愛は本物じゃない?

 and more….

Yさんの場合も、不倫だったり、問題児だったりすると、なぜか落ち着いてしまうんです。
でも、そうじゃない方とお付き合いすると「あれ?」なんて気がしちゃうんです。

自立系武闘派女子、もしくは情熱の女たちは「山があるからそこに登るのだ」という精神の持ち主です。
困難があって、それを乗り越えた先にこそ栄光のゴールがある!と思い込んでいます。
情熱大陸やプロフェッショナルを見て感動するんです。

「困難を乗り越えたところに幸せがある!」と信じ込んでいるが故です。

しかし、気付いてください。
別に困難はなくとも幸せになってよい、のです。

情熱的ゆえにギャップに萌えるんです。
落ちて上がると同じところに行くにも落差が大きいですよね?ギャップが大きいですよね。
確かにその分、感動は高いんです。

ふつうに自分を愛してくれる人と結婚するよりも、自分のことなんて振り向いてもくれない人を落として結婚する方が感動するんです。

ギャンブルにハマって借金重ねてる人を何とか更生させて、自分のことが大好きな男に育てたときに「しあわせ~!人生最高!!」って思えるんです。

だから、どうしたって障害物の多いところに目が行きます。
その情熱の分だけ。

なんでそうなるかって言うと、助けられなかった存在がかつているんです。
問題持った人、言い換えれば、苦しんでいた人、を知っているんです。
その人を見殺しにしてしまったような罪悪感だっててんこ盛りです。

そう、それがお父さん、お母さん、であり、ときにお兄ちゃん、お姉ちゃんです。

 お父さんがアルコール依存症で暴れてた。
 怖いんだけど、すごく苦しんでることも知っていた。
 そんなお父さんだけど大好きだったから何とか助けたかった。
 笑顔になってほしかったし、してあげたかった。
 でも、何をしてもダメだった。
 お父さんはいつも苦悩に満ちた顔をしていた。
 やがて諦めた。罪悪感を抱えたまま家を出た。

それだけ長年お父さんのことを助けようとしてきたのであれば、「大好きな人」の定義として「お父さんみたいな人」になるの、分かります?

それだけ情熱を傾けた相手、お父さん、です。
だから、恋をするのは、お父さん、の面影をどこか感じさせる人です。

だから、この場合、手放すべきは彼だけでなく、お父さんでもあるんです。

あなたは十分に役割を果たしてきたんです。
子どもとしてやれることは全部やってきました。
お父さんもあなたの存在に助けられているんです。
ほんとうは心の中で感謝しています。
それだけの愛を持った娘がいることを誇りに思っています。
できることは全部やったからもう卒業しましょう。
お父さんを神に委ね、自分の幸せを見つめます。
人に愛される資格は十分にあります。
それだけの価値もあります。
そのことをただ、知っていてください。
そして、あなたは幸せになっていい、ということを覚えておきましょう。
あなたは無罪なのですから。

「私、もう幸せになっていい」という言葉を何度も繰り返して言ってみましょう。
「私、役割を十分に果たしてる」とも。

そして、多くの人たちの支持と愛を受け取りましょう。

そして、大切なことは今の自分を承認すること。

「それが私」って意識的につぶやいてみてください。
ああいう男にハマるのも「それが私」だからなのです。

男と女の心理学
○根本のセミナー情報
○根本のカウンセリング・スケジュール
☆根本本。
根本の著作