出雲でオフ旅をしてきました(1)

リトリートセミナーに参加してくれた方を対象に「オフ旅」というものを企画している。主催は相棒である岩橋くんだ。
昨年、軽井沢で開催して、それがとても楽しくて今回2回目を開催した。
ちなみに軽井沢の様子はこちらの記事に一部を纏めている。
「傭兵たちの朝~軽井沢リトリート・レポ その1~」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/20927

場所は1年半前、リトリートセミナーを開催した出雲の地である。
あまりにここが素晴らしく、また、素敵かつバーベキューの達人であるご夫婦と巡り合えたからである。

オフ旅は大人の休日をイメージしている。
神社を回るもよし、宿でぼーっと過ごすのもよし、温泉に行くのもよし。
出雲は車が必要な土地なので、運転手さえ確保できれば自由行動である。

プランは前の日に「明日何したい?」と話し合い、めいめいの希望を採り入れたプランをそれぞれが考える。
これはうちの子どもたちが通っている学校の「全体ミーティング」を参考にした。全校生徒で学内外のルールやイベントごとを決める会である。

私はレンタカーを借りて関西から出雲に向かう総勢8名(うち、子ども3人)を連れて行った。
今回の相棒はコレ。

途中、サービスエリアでランチを取り、ミシュラン・グリーンガイドで3つ星を獲得した「足立美術館」に寄った。

とても素晴らしい庭に絵画に感動しつつ、急ぎ、出雲へ向かう。
大阪から出雲は320kmほどあり、普通に走っても4時間ほどかかる。
休憩を取りつつ、足立美術館にも寄ったから何だかんだ6時間もかかってしまった。
子どもたちもご機嫌に走り回っていた。

飛行機で東京や札幌、仙台から駆け付けた面々もそれぞれ楽しんでいたようだ。

子どもたちも元気だ。(ひとり大きな子どもがいる)

こんな龍の写真も撮っていた。すごい。

コテージの空。とてもいい天気に恵まれて幸せだ。

夕方になると彩雲が見えた。歓迎して頂いているらしい。

クリスタルボウルを演奏する。ここでも波の音、風の音とのコラボが美しかった。みな、めいめい好きに楽しむ。

ここは夕日が美しい。ほんとうに美しい。

夜はコテージで語らう。

2日目に続く・・・


関連記事