発売中!「忙しすぎて辞める人。暇すぎて病める人。」(主婦の友社)~暇が人をメンヘラにする~



7/24(日)14:00~Youtubeライブ配信しますっ!!会場での観覧も募集中ですっ!
>>>「忙しすぎて辞める人、暇すぎて病める人」(主婦の友社)発売記念Youtubeライブ


忙しすぎて辞める人。暇すぎて病める人。(主婦の友社)

出版社 ‏ : ‎ 主婦の友社 (2022/7/22)
発売日 ‏ : ‎ 2022/7/22
ISBN-10 ‏ : ‎ 4074519496
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4074519491

こんな人に読んでほしい!

「暇が人をメンヘラにする」

この帯に書かれた言葉を皆さんはどう感じるでしょうか?

そもそもこの本の企画は「コロナ禍で在宅勤務等になって出勤時間がなくなり、かつ、飲み会も開かれなくなったことで大量の時間が生まれたのだけど、果たしてみんな幸せになったのか?」という疑問から生まれました。

やりたいけど時間がなくてできない!と思っていたことができるようになり、その浮いた時間をスキルアップに費やしたり、好きなことをして楽しむ時間に充てたり、趣味を充実させたりして、幸福度は上がるはず・・・だけど、実際はそうなってないんじゃない?

むしろ、何をするともなくだらだら過ごしたり、スマホやネットをぼーっと見ていたり、気が付けば時間が過ぎている・・・そんなせっかくできた「暇」な時間を浪費しちゃっている人も多いんじゃないか?と思ったのです。

実際、カウンセリングなどでお会いする方の中には「コロナ鬱」とまでは行かないまでも将来への不安なども重なって気分が落ちやすくなっている方もいれば、「今の会社の方針に絶望している。だからって転職先があるわけでもないし」と悩まれる方もいれば、「慣れない在宅勤務のストレスなどからお酒や甘いものの量が増えちゃって」という方もいました。

「あなたは突如空いた暇な時間を(自分にとって)有意義に使うことができますか?」

そもそも私のクライアントさんは自立的頑張り屋さんが多く、それがゆえにちょっと心を痛めちゃった方にもよく出会います。
多忙な日々に疲れて体調を崩し、仕事をお休みしている方もいれば、思い切って退職された方も多いです。

そういう方々はある日突然「暇」になります。

しかし、忙しい毎日から解放されて自由な時間(=暇な時間)を大量に手に入れられたのに「どう過ごしていいのか分からない」「何をすればよいのか分からない」とご相談にいらっしゃるんですね。

頭ではあれをした方がいい、これがしたい、と思うのだけどなかなか心が付いていけないわけです。
もちろん、心が疲れてしまってるときはそこからの回復が一番ですね。
しかし、ある程度心の疲れが取れてきた後もまた、自分が何をしていいのか分からず、”暇を持て余す”という状態になってしまうのです。

その間、頭の中ではぐるぐるといろんなことを考え続けます。
そして、そういうときに考えることはたいていネガティブな方向に向かい、うだうだと考えても意味のないことを考えるようになるんです。
そうして悩み癖が付いてしまったり、いつもネガティブなことばかりを考えるようになったり、「どうせ」「だって」と言い訳ばかりを繰り返すようにもなります。

「暇が人をメンヘラにする」のです。

そもそもこんな見方もあります。悩む暇もないほど忙しいって表現があるならば、

「あれこれ悩めるのは暇だから」

と言えるんじゃないでしょうか。

やっぱり「暇が人をメンヘラにする」のです。

そもそも日本人は余暇の過ごし方が下手だと昔から言われてきました。
それは勤勉さの表れとも言えますが、心の中に「仕事は善、遊びは悪」のような思い込みがあるのかもしれません。

だから、「暇」な時間が与えられたとき、自分がどうしていいのか分からなくなってしまうわけです。

じゃあ、どうしたらいいのか?を考えました。

「やりたいことがある人は暇な時間があれば、そのやりたいことに意識を向けられるからメンヘラにはならない」
「好きなモノがはっきりしている人は、暇になればすぐにその好きなモノに意識を向けるからメンヘラになることはない」
「日々を楽しんでいる人は、突如生まれた暇な時間も自然と何かを楽しもうとするのでメンヘラになることはない」

じゃあ、なんでやりたいことが見つからず、好きなモノがあいまいで、日々を楽しむことができないのだろう?

もしかして、自己喪失して生きてきたり、誰かの期待に応えてきたり、自分じゃない誰かの人生を生きてきたり、やりたいことよりやるべきことばかりをしてきたり、つまりは心とのつながりが切れちゃってたりするんじゃないだろうか?

じゃあ、まず自分を取り戻そう。自分軸を意識して過ごすことから始めてみたらどうだろうか?

ということは、本当に自分がしたいこととつながることができれば暇を持て余すどころか、むしろ積極的に暇を作ろうとするんじゃないだろか?

・・・ってことは、ライフワークを見つけることが暇な時間も有意義に使うことができる道なのだろう!!!

すなわち、この本は私、根本が初めて書き下ろした「時間管理術」の本であり、最新の「ライフワーク本」なのです。

なので、時間をうまく使えるようになりたい方、もっと有意義に暇な時間を過ごせるようになりたい方にぜひおすすめしたい1冊です。

>>>Amazonをチェックする!


こちらのフォロー記事もどうぞー!

暇が人をメンヘラにする!?~根本流時間管理術は自分軸とライフワークがカギ~


本の発売を記念して開催しましたYoutubeライブ配信のアーカイブです。

>>>「忙しすぎて辞める人、暇すぎて病める人」(主婦の友社)発売記念Youtubeライブ


●いただいた書評・感想

書評:根本裕幸さん著「忙しすぎて辞める人。暇すぎて病める人。」に寄せて(大嵜直人氏)

忙しすぎて辞める人。暇すぎて病める人。(立花岳志氏)

「暇が人をメンヘラにする」(みぃ先生)

あわせて読みたい