お待たせしました!4/14発売の「嫉妬本」amazon等で予約販売始まりましたっ!!




つい他人と比べてしまうあなたが嫉妬心とうまく付き合う本(学研プラス)

※画像はあくまでもイメージです。変更になる場合があります。

以前より薄々予告しておりました「嫉妬本」。
おそらく私のブログ読者の100%が当てはまるであろう「嫉妬本」。
そして、「ああ、また痛いところをえぐられる・・・」と皆様のM性を続々とくすぐる「嫉妬本」。

いよいよ4/14発売が決まり、amazonでも予約の受付が始まりました。1,400円+税ですから、1,540円ですね。電子書籍も同日発売となるはずです。

「これはあたしのための本じゃー!!絶対買います!!」と執筆中から待ち望んでくださっていた皆様、お待たせしましたっ!!!

特に何かキャンペーンを張るわけではないのですが、出版社が早々と情報を送ってくださいましたので早めの告知となりました!

今回のテーマは「嫉妬」です。

みなさん、嫉妬は好きですか?嫌いですか?ものすごく嫌いですか?

誰もが持っているけど、誰もが認めたくない嫉妬心。

すっごく嫌な気分がして、惨めになって、自己嫌悪して、できれば見たくないこのやっかいな嫉妬を120%克服するための知識・方法をギュッと集めました。

こんな皆様にお勧めです。

「あたしは嫉妬深い。」
「いつも何かに嫉妬してしまう自分がすごく嫌だ」
「嫉妬心を抑えられないのがつらい。苦しい」
「なぜあたしは、他人の幸せを素直に喜べないのだろう?」
「嫉妬してしまう自分は、すごく見栄っ張りで嫌な人間なんじゃねぇか?」
「嫉妬深いせいで相手を束縛してしまい、いつも恋愛がうまくいかない!」
「いつも何かと嫉妬してしまって素直になれず航海ばかりしてる」
「人から嫉妬されることが多くて、イヤな気持ちになることがよくある」
「自分はふつうにしてるだけなのに、なんで嫉妬されなきゃいけないの?」
「嫉妬されるのが怖くてなかなか好きなように振る舞えない。」

つまり、嫉妬する側もされる側もどちらの方にも役立つ構成となってます。

嫉妬がネガティブに思えてしまうのは、嫉妬してる自分がすごく惨めで嫌いだからだし、素直になれない自分が嫌だし、無価値感を感じちゃうから、、、等々。

嫉妬って実はそんなネガティブな感情でもないんですよ。
嫉妬って自分が情熱的でエネルギッシュだって証拠なんですよ。
嫉妬って自分の魅力や可能性を教えてくれるんですよ。
嫉妬って本来の自分の姿に気付かせてくれるセンサーみたいなもんなんですよ。

そんな嫉妬の心理を深く掘り下げ、「嫉妬って別に悪いもんでもないよね」と思っていただけることがまずは最初のゴールです。
そこから自分の長所や魅力や価値や可能性をたくさん導いたり、自分らしく情熱的に生きる方法を紹介したりしていきます。

そうすると友達が幸せになったときに心から「おめでとう!ほんと良かったー!」とか「「うらやましいぜ!!」とか言えるようになります。

また、嫉妬されることがあっても動じることなく、相手が見てくれる価値を受け取ってさらに自分に自信を付けることができます。

そんな内容が通常より多い240ページにびっちり書き込まれてます!

発売前まであと1ヶ月。楽しみに待ってていてください。

確実に手に入れたい!と思ってくださった方はぜひアマゾンや書店さん等でご予約下さいませ~♪

つい他人と比べてしまうあなたが嫉妬心とうまく付き合う本(学研プラス)

本の中身はこんな雰囲気です。(変わる可能性もあります。)

あわせて読みたい