(講演会ご感想)「ふと感じる寂しさ、孤独感を癒す本」発売記念講演会のご感想をご紹介!!



「ふと感じる寂しさ、孤独感を癒す本」発売記念講演会のご感想をいただきました。ありがとうございます!!

「大阪/オンライン:5/12(水)19:30-21:00 「ふと感じる寂しさ、孤独感を癒す本」発売記念講演会(1週間アーカイブ視聴可)」

「ふと感じる寂しさ、孤独感を癒す本」についてはこちら。
https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/40418

寂しさについての回のVoicyを流し聞きしていて、「ずっと寂しかった」とイメージの中で言ってみるというワークの部分で、運転中にうっかり号泣しそうになり、自分の中にものすごい大きな寂しさがある事に気づいて、とてもとても驚き、受講を決めました。

それまで自分の中に「悲しい」はあっても「寂しい」があるなんて、微塵も感じていなかったので、いったいどれだけフタをしていたのかと、痛みとともに寂しさが吹き出しています。

これまで何度か先生のセミナーや講演会を聞かせて頂いてますが、先生ご自身の体験から話して下さる言葉が、今までで1番身近に感じ、自分の寂しさに触れました。
「もう2度と自分を見捨てない」
その言葉に涙が出るし、何度でも自分と繋がり直そうと思います。
講演会の後からすぐに、パートナーシップでも不思議と変化があります。夫とのやり取りが柔らかくなりました。
久しぶりの感覚です。
(Aさん)

当日はまだ本を読んでなくて、話も聞き流してしまう感じでしたが、今日、本を読んでアーカイブ視聴をして、より深く理解ができました。たぶん、文字面ではわからない、根本さんご自身のお話が具体的に聞けたことで、より深い理解につながったのだろうなって思います。そして、時間が経って視聴し直すと違うポイントで感情が動くんだろうなと思うと、1週間しか視聴ができないのが残念なので、視聴期間を永久にしてください!お願いします。

現在、「埋めるって作業ではなく、湧き上がってくるものに従う」ことを勇気を持って実践中です。やってみると、本当に自分のワクワクや夢や望みに蓋をして、偽ってきたんだなと思います。可愛そうなことをしてきたなって。根本さんが10年前にチャレンジなさった人間関係や仕事や嫌なものとの断捨離の話は、勇気をもらえました。

出会うべくして出会えた本と、出会うべくして出会った講演会でした。ありがとうございます。これからも応援しています。
(ESさん)

改めまして、この度は新刊のご出版おめでとうございます。

育児に追われ、本を開いてゆっくり読むということがなかなか出来ない日々…。
寝かしつけのため、リアルタイムでの聴講は出来ませんでしたが、アーカイブで勉強させていただきました。

正直なところ、今の自分に「寂しさ・孤独感」は無縁だなぁ…と思っていたのです。
でも、それはたまたま育児に追われて気付いていない(蓋をしている)だけで、社会と繋がっていないことに虚しさを感じていることに気付きました。

このポッカリと穴が空いた感じって、まさに寂しさや孤独感の仲間ですよね…。

「自分で自分の機嫌を取る」という点でも、機嫌を取るというより「娘が最優先やから仕方ないやろ!」と自分に言い聞かせているというか、知らず知らずのうちに諦めている感じです。
改めて「自己充足」という言葉で捉えてみると、「え!全く充足させてへん!!」と驚愕しました。

出来ていると思っていることでも、勘違いだったり、思い込みだったり、見ないように蓋をしていたりするんですね。

それに気付いたところで早速ワイヤレスイヤホンをポチって、フランスのFMを聴いています。
「あー、私にはやっぱりコレが必要なんやわ!」と、久々に心躍る感じが心地よいです。


そして昨日、たまたまクライアントさんが「寂しさをハードワークで埋めている」と仰ってまして。
自分がこんな感じなのに、偉そうに自己充足のお話をするとともに、根本さんの新刊を読むようオススメしておきました!笑
恐らく今日のクライアントさんも、コレがテーマになるはずなので、バッチリ宣伝しておきますね(良い弟子だこと)。

今後も続々と新刊のご上梓が控えていることと思います。
お身体に気をつけて執筆なさってください。
楽しみにしております!!
なにわのパリジェンヌ RYOKOさん)

ありがとうございます!!

あわせて読みたい