(ご感想)もう、これからは思う存分男を愛して、モテてやろうと思います。



嫉妬されるときの解釈のひとつとしてこんなにがあります。

「ああ、周りの女子に嫉妬されたりするってことは、まだ本気で女を出し切れてないんだなー。よっしゃ、もっと女でいたろ!」

Aさんや同志のみなさまにはおススメかと。

好きなもんは好き、しゃあないやんけ!と思っているといいですね。

根本さんこんばんは。
ベッドの中では自分軸なのに、それ以外では他人軸になってしまう問題」で取り上げて頂いたAです。
あ、ネタの中で登場した手篭めにした年下男性は彼氏ではありません。獲物です。

今日は記事の感想と現状報告に参りました。
まず、社会の目ですが「やっぱりな…」と刺さりました。
過干渉で息子大好きな祖母に育てられ、少しでも女っぽい格好をすると責められてました。学校ではいじめに合い「人の元彼にちょっかい出す女」と一部の女子から嫌われ(断じて出してない!)、女として目立たないようスポブラで胸をぎゅうぎゅうに固め、中性を目指して生きてきました。最近も会社の同僚に「私の好きな人が貴方を好きになる可能性があるから飲み会に来ないで」と言われて悲しみに暮れたばかりです。相手の男性には絶対に私から話しかけないようにしてたのに、です。

でも、根本さんの記事を読んで分かりました。
「彼の前で好き放題振舞ってるどエロな女」が私なんですね。怖くて隠してるだけで。私、多分男が大好きなんです。滲み出てるんですね。なんだか吹っ切れました。
もう、これからは思う存分男を愛して、モテてやろうと思います。
今、不倫の誘いもデートの誘いもバンバンあります。多分女性から若干嫉妬されてます。
でも、男好きも才能ですよね。
世の男全て手に入れたいわけじゃないし、本命手に入れるようとしたらモテただけだし。
もうこのまま進みます。
近々本命ゲットしてご報告に参ります。

根本さん、本当にいつもありがとうございます。おかげで、おめでたい女度が爆上がりです。正直幸せです。

でも、もっと幸せになりたいので頑張ります。
では、また。

あわせて読みたい