(ご感想)ぐるぐる回っていたところに全く違うところから切り口が開かれたような気分です。



“ずーっと欲しかったのに手に入らないものは、「あなたが与えに来たもの」なのだ。”の感想第二弾!

『ずーっと』欲しかったのに、という書き出しで、
もしかして私に対するアンサーなのかなと思って……思い込んで書きます。
ありがとうございます。
「与える側になれ」という言葉にハッとしました。
親は亡くなり、独りで暮らしてきて、長女で、フリーランスで
特に経済面で自立することが最優先で、苦しいながらも自立することを常に目指してきたからです。
私が依存的とは……と驚きました。
でも確かに、恋愛では依存だったのだと気付きました。

私は好きな人ができるとどんどん近づくけれど、それはクレクレ星人に見えるのか、相手が引いてしまい振られてきたので
こんなに怖がられるならもう人を好きにならないでおこう、と思っていました。
でも次々に素敵な人は現れ、今もまたいます。
今度こそ仲良くなりたいと思うけれど、拒絶されることと失う怖さを思うと、彼を見ないようにしていました。
彼はいつも笑顔で話しかけてきてくれるけれど、それ以外の時は視界に入れない。笑顔を向けない。私からは話しかけない。
その態度は「あなたには愛を与えない!」というサインに見えただろうなと深く反省しました。
まだ遅くないと信じて、これからは自分が傷つかない方法ばかりをとるのではなく
怖くても、私から愛を差し出します。「怖くても(やる)」が、つまり「頑張る・厳しさ・覚悟」だと理解しました。
愛を差し出すってなんでしょうね。笑顔かなぁ、と思ってまずは笑顔で話しかけてみます。
体に触れられることが大好きなようなので触れることも。

ライフワークについてはよくわかりませんでした。仕事がそうなのかもと思うところがあり。
愛を持っているなら、愛がライフワーク?愛自体がわからないですが、やると覚悟しました。
時間もかかるし何度もくじけそうな予感がしますが、やってみます。
きっといい報告ができるように、報えるように、根を切ってみます。

私に向けて書いてくださったのかどうかわかりませんが、
例としてメールの文を掲載しないでくださったことに感謝。。。ちょっと恥ずかしくて。
ぐるぐる回っていたところに全く違うところから切り口が開かれたような気分です。
ありがとうございました。
(Aさん)

あわせて読みたい