(ご報告)愛されたいとか、、、愛が返ってこないとか、、、本当は全然問題じゃなかったんです。そのまま愛せばいいだけでした。



これはもう悟りと言っていいと思う!!!!!すばらしい!!!!!

根本先生、いつもお世話になっております。
悩んでググるたびに、根本先生の記事がヒットし続けて、現在はメルマガ読者になりました。
いよいよお布施を納める段階にある、信者予備軍のひとりです。

今日の記事は、かなりタイムリーにクリーンヒット。興奮しまして、感想を書くに至った次第です。
(同じようなテーマでご相談下さった方、ありがとうございます。)
https://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/29105


私の場合は長年、母との間に見えない壁がありまして、見えないのをいいことに、スルーし続けて来ました。
父が亡くなったのを機に、いよいよ向き合わねばと思い立ち、壁の撤去に取り組み出したのは数年前。
母を理解し、心の交流をしたいくて始めたものの、だんだんと「ふざけんじゃねーよ」と憤る気持ちが強くなっていきました。
(私の言動は母にとって、威圧的だった父と重なるそうで、そこを意識する程、逆にストレスになっていました。)

なんでそうなる?
なんで閉ざす?
なんで頑なに受け身でいるの?
なんで思いを拒否するの?
何?何?なんなんだ?
どうすりゃいいんだ?

理解に程遠い葛藤をなかなか消化できず、ここまで過ごしてきましたが、先日「もはや心は変わっている」と気づく出来事がありました。

(この変化は、日々記事を読み漁ってきた効果でしょうか?。。。)

きっかけは映画鑑賞中でした。
「東京タワー」という映画をご存知でしょうか?家族をテーマにした内容です。(ネタバレになりましたら、すみません)

見ていましたら、入院中の母と付き添う息子のシーンがあり。。。私だったら付き添うかなぁ?と漠然と考えがよぎったので、静かに自分へ問いてみました。

——もし、母さんが、入院するほどの病気になったら?——

すると爽やかに吹き抜ける風のように、凛とした気持ちが返ってきたんです。

『お世話させて頂きます。ありがとう』

。。。いやいや、誰?
立派すぎて引くわ。
これは映画に感化されている。

そんな思考を断ち切るように今度は『お母さん大好き』という思いも訪れて。

(涙まみれで、この後は映画どころではない)

なんかもう、、、嘘でしょ。
愛されたいとか、、、愛が返ってこないとか、、、本当は全然問題じゃなかったんです。

そのまま愛せばいいだけでした。


母をはじめ、あれこれ重なって行き詰まり、「愛ッテナンデスカ?」と猜疑心いっぱいで生きていたのに、「愛せばいいだけ」がすんなり入った後は、久しぶりに力が湧く感覚があります。

今日の記事は、これまでの流れを見事にバババーっと、整理してゆきました。

さて、自己肯定本は持ってます。
(サイン付き。ハート)

買った当時の私は無気力状態で、途中リタイアしましたが、今の私ならどうかな。
記事にもあったように、依存心の逆襲を繰り返さないためにもう一度、取り組みます。

そうそう。新刊の案内を拝見しまして、「新刊を朝読んで、元気を整えて、それからワークをする」っていうナイスなアイデアも浮かびましたよ。二冊活用術。ワクワクします。

発売を楽しみにしております。

自己完結の長文に、お付き合い頂きまして、ありがとうございました。

あわせて読みたい