(ご報告) わたしは、分厚い鉄の鎧を何重にも着てたようです。



もがいたかいがありましたよね~。素晴らしいです~!!

> いままでやりたかったけど出来なかったことをコツコツとやりました。
> プライベートでも、かなり自分を甘やかしてお金を使いました。

そう、これでたぶん自分自身に戻れたんだと思います。そうすると色々と見えてきますよね。ほんと素敵なチャレンジでしたね~!


根本さん。お久しぶりです。
自立系武闘派情熱女子からの便りがないのは元気な証拠?ですかね(笑)

本日の
「この人はそういう人なんだ」と相手を受け入れることで、人間関係はグッと楽になる。

真面目に読みました。あまりにリアルでびっくりしました。

仕事で白旗をふってから約6ケ月。
うつと診断されましたが、休職はえらびませんでした。
なぜなら、休んで復職したときが怖かったから。この時点で自分に自信がなかったんですね。
(本当は、休職して思いっきり遊びたいって思いもありました 笑)

白旗ふったあとの最初の3ケ月は、キツかったです。
わたしという存在がいないように扱われました(と、感じた)

絶対に人員増しないと言われ、あんなにバリバリ働いたのに、あたしがダメになったら会社は、あっさりと数人雇いました。
みんなのためには、よかったと思いつつ、イジケてるわたしもいました。
(その増員分の仕事をしてたのに、労りの言葉もないわけ?と)

そんな腐っていた3ケ月ですが、仕事では、忙しさにかまけていままでやりたかったけど出来なかったことをコツコツとやりました。
プライベートでも、かなり自分を甘やかしてお金を使いました。

そしたら、先月くらいから、いろいろ見えてきたのです。
いままで、まわりの嫌なとこばかりが見えていたのが、ふと、あ、この人のこうゆうとこいいなって。
涙が出てきました。
(不思議なことに、背中からぶっとい天使の羽が生えた夢を見ました)

そして、気付いたのです。あたし、自分が動かないで待ってたんだなって。
自立から依存。自分軸から他人軸に戻っちゃった感じ?

それからは、自然と自分からみんなに話かけれるようになりました。
わたしは、分厚い鉄の鎧を何重にも着てたようです。

いままで、イラッときていたことが、今日のブログのとおり
「自分は正しくて相手が間違っているは、あくまで自分個人の基準である」
「この人はそういう人なんだ」

わたしは、たまたまこの時期に相手を受け入れることが出来ました。

そして、今日のこのブログを見て、あたしガンバったな。よくやったね。って気持ちになって泣けてきたので、ご報告(ネタ提供)しますね。


あわせて読みたい