(ご感想)ひとりぼっちにしない と宣言しても、「別れる」という選択をしてもいいんだ と。衝撃でした。

メッセージをご紹介します~!

こんばんは。いつもありがとうございます。
毎日、根本先生のブログを楽しみにしています。
ずいぶん助けられています。

3/27のMさんのメッセージに衝撃を受けましたので、聞いていただきたくてメールしました。

「あなたをひとりぼっちにはしない、と宣言。」

「そして、こんなメールを打ちながらも、ま、これで、恋人とはもっと会いたい!楽しくない!って感じるようになったらお別れしよ~、と悲壮感もなく思えてるんです。」

のところです。

ひとりぼっちにしない と宣言しても、「別れる」という選択をしてもいいんだ と。衝撃でした。

私は、好きな人ができても、自分に自信がない上に、この「好き」という気持ちを持ち続けられるかも自信がなくて、なかなか前に進めないからです。

例えば、逆だと傷つくと思うのです。
ひとりぼっちにしないって言ったのに…!って。

これは他人軸だからでしょうか。

もっと自分の「いま」の気持ちに素直になってよかったんでしょうか。

あ、あと、いつもMさんとかYさんとか、アルファベット1文字ですが、これは苗字でしょうか、下の名前でしょうか。気になって夜も眠れません(笑)
ちなみに私はM(苗字)と申します…。

ネタ元はこちらです。
https://nemotohiroyuki.jp/message/23865

宣言って大事なことですけど、あくまでその時点ですから。
気が変わりますよね。

Mさんもお母さんとか友達とかきょうだいとか恋人に「もうあんたなんかと口きかない!」って宣言したことありません?
でも、案外あっさり破られたりして。

好きって気持ちは感情ですから、持ち続けられるものではそもそもありません。
好きで付き合っても、嫌いでうまく行かなくなり、別れるのが恋愛です。
もちろん、そこから復活することもあるし、迷うこともあるし、定まらないのが感情ですよね。

だから、感情を一つに決めようとするとややこしいことになるんです。

そのままの自分が大事ですね。
今の気持ちに素直になることはものすごく大事なことです。

あと、最後のご質問。基本的に下のお名前をイニシャルにしています。

ねもとひろゆきさん、なら、Hさん、という表記になります。ただ、特に決めてるわけじゃないので時々違うこともあります。


関連記事