私からは嫌いになれないので嫌いになってください。 (捨てられない/捨ててください)



嫌がらせとも思えるような態度、冷たい口調、目線。暴言、暴力。無視。ドタキャン。裏切り行為。浮気。嘘。

付き合っているのになぜ?
前は優しかったのになぜ?
そんなひどい態度を取るような人に見えないんだけどなぜ?

そういう疑問と同時に、とても心は傷ついていしまいます。
不信感もあるし、理不尽さを感じ憤りも出てくるでしょう。

その深層心理にこんな思いがあるのです。

「私からは嫌いになれないから、嫌いになってください」
(私からは捨てられないので、捨ててください)

もちろん、本人には無自覚なことが多いです。


罪悪感がとても強いタイプの人にはこのパターンがよく見受けられます。
「振る」と相手を傷つけて罪悪感を抱えます。
だから、「振ってもらう」ように仕向けるわけです。

それってズルい、汚い、と思いますよね。
確かにその通りなのですが、もう少し深い心理もそこには隠れています。

この「私からは嫌いになれないから嫌いになってもらう」という作戦。
裏を返せば「好き」なのです。

むしろ、めっちゃ好き、大好き、なのです。

しかし、好きでいてはいけないと思ってしまう事情がそこにあるのです。
昔ならば「僕たちは身分が違いすぎる。だから、一緒にはいられない。」なんて事情が目に浮かびそうです。

○夢や目標での事情。
・自分には仕事でやり遂げたいことがある。恋をしている場合じゃないんだ。
・もうすぐ自分は海外に行って会えなくなる。だから、今のうちに別れたい。

○感情による事情
・自分なんかといても幸せになれないから、今のうちに離れた方がいいんだ。
・これ以上好きになったら自分を見失ってしまう

○三角関係による事情
・君のことは好きだけれど、もっと他に好きな人ができた。
・やはり妻(夫)とは別れられない。

そういう事情があって付き合いを続けるわけには行かない、けれど、自分からは切ることができない、、、。
でも、大好きで、そんな状態で離れることはできない。
だから、嫌いになってもらうしかない。
・・・・。

やっぱりズルい行動かもしれませんが、私たちは弱い人間です。
だから、時にそんな行動を取ってしまうこともあるのでしょう。

辛い思いの中に、そういう事情が隠されていることを意識してみる少しは傷ついた心が癒されるかもしれません。

もし、自分がこうした状況にあると気付いた方。
そして、今実際冷たい態度を取って嫌われようとしている方。

できれば相手の傷を深めないためにも、早めにその素直な気持ちを伝えてみませんか。
好きだけどこれ以上関係を続けられないからと、相手を傷つけるのはやはり苦しいことです。
あなたも深い罪悪感を負ってしまいます。
だから、ここは正直になる勇気を持ってみませんか?

ラブ・カウンセリング
男と女の心理学

こじれたココロのほぐし方 頑張らなくても愛されて幸せになる方法
 ★好評発売中!根本裕幸の近著。

あわせて読みたい