なぜ、同じようなことが何度も起こるんだろう?



恐ろしいことに私たちはあるパターンを繰り返します。

「前回も今回もいい感じになったら急に連絡が途切れてしまうんです。」
「いつも好きになられて付き合って、私が彼のことを好きになったら振られてぼろぼろになるんです。」
「うまく行っている時に急に音信不通になるパターンが続いていて」

そんな体験はありませんか?

パターンというのは「心の癖」です。
無くて七癖、と言われるように、自覚はない心の癖が私たちにはたくさんあるものです。
その多くは潜在意識の中にあるので、自分ではなかなか気付けません。

あれ?似たような経験を前もしたことがあるぞ・・・という時に気づくんですね。


ある女性の話。

「元々根本さんにカウンセリングを受けるきっかけになった失恋と同じようなことが起こったんです。」

その時は付き合って3年ほどの彼がいたのですが、とてもうまく行ってたんですね。
2人で結婚の約束もして、この夏には両親にあいさつに行く予定で話を進めてました。
結婚式場も一緒に見に行ったし、新居をどこにするのかも楽しく話をしてました。
ところが両親の挨拶に行く1か月くらい前に突然
「お前との将来が見えなくなった。だから別れて欲しい。結婚のことも全部なしにして欲しい」
と言われたんです。

晴天の霹靂、何が起こったかは分かりませんでした。

もちろん、パニックになるし、ぼろぼろになるし、仕事も手に付かなくなるし、5kg以上も一気に痩せてしまうし、本当にヤバい状態だったんですね。

そこから3年。ようやく立ち直ってできた彼がいました。
前に痛い目を見ていたのでとても慎重なお付き合い。
彼は早速、結婚を話題に出しましたが彼女は素直に喜べませんでした。
ただ、1年くらいお付き合いが続き、彼の人柄も分かってきました。
決して人を裏切るようなタイプではないとの確信も。
しかし、そんな矢先、やはり突然「別れ」を告げられたのです。

もう彼女としては訳が分かりません。
不信感も募るし、パニックにも陥ります。

その話を伺いながら、こう聞いたんです。

「でも、前よりもずっとマシでしょう?」

そう。ダメージが全然違ったのです。
仕事も行けるし、友達にも泣きつけるし、食欲は落ちないし、眠れないこともありますが、でも、前のように朦朧とするようなこともなく、パニックだって全然マシ。

「成長の証ですよね」

もちろん、前と今回では付き合った年数も違えば、好きになった度合いも違います。
警戒があった分、まだまだ距離は空いていたかと思います。

でも、そのパターンは以前よりも「マシ」になっていることは注目に値します。

それだけ成長した、ということなのです。

私たちは同じこと、似たようなことが起きて初めて変化や成長を確認できることがあります。

例によって「そういう意味では振られて良かったですけどね・・・」とボソッと言ってみました。
彼女は「良くないです!!」と笑いながら言ってました。

そもそもパターンを作るのは心の痛みから。
その痛みが解放されるときに問題が生まれると考えられます。

だから、以前よりもパターンがマシになったということは、それだけ癒された、解放された、ということ。

そして、それを確認するために、そして、さらに癒しを進めるためにこの問題が起こった、とも言えるのです。

※なんと心理的、精神的な言い方なのでしょう!(苦笑)

だから、やることは同じです。
以前やったことの復習です。

もちろん、昔の彼を手放すよりも、ずっと楽にプロセスを見つめられます。
1回やったことだから、体も覚えています。

手放しのプロセスとは別にこんな質問をしてみました。

「じゃあ、あなたが成長したことは具体的にどんなことだと思う?」

「うーん」と考えながらも・・・

大人になった、自分のことばかりでなくちゃんと彼のことを考えられるようになった(以前は自分のことでいっぱいいっぱいで、振った彼のことを思いやる余裕が全然なかった)、寛容になった、ちゃんと人を好きになれることが確認できた、優しくなった、柔らかくなった・・・

等々の答えを導き出してくれたのです。

同じことが繰り返されるのは、それだけ自分が変化、成長したことを教えてくれる出来事だと解釈することができるのです。

だから、もし今回ダメだったとしても、成長が確認できたら、「次はきっと、もっとうまく行く」と思えるようになるでしょう。

ラブ・カウンセリング
男と女の心理学

こじれたココロのほぐし方 頑張らなくても愛されて幸せになる方法
 ★好評発売中!根本裕幸の近著。

あわせて読みたい