立ち止まって前に進めないのも、今はまだその必要があるから。



ラブ・カウンセリング

年齢的なものもあるから焦るんですよね。早く次に行きたいのになかなか気持ちがついていかなくて。

そんなご相談を頂く機会も少なくありません。

先に進めなくて立ち止まっている状態も辛いですよね。
自分にイライラしたり、自信を喪失したり。

でも、よくよくお話を伺っていくと、今はまだ立ち止まっておく必要があるのかもしれないな、と思うことも多いんです。

ちょうど止まり木のように一休みしていることもあります。
激しい恋だった場合は特に。

また、正直なところ、お腹いっぱいで動けない・・・なんてこともあります。
整理がまだちゃんと付いていなかったり、男性不信や自己不信などの後遺症(?)が残っているような場合。

です。


私は「今の状態は必要だから起こっている」と考えるカウンセラーです。

だから、焦っても先に進めない、という状態の方は、今は先に進まないのが必要な状態として見ていくんです。

だから、「焦らなくてもいいですよ。じっくりと今を見つめましょう」という方向にカウンセリングを進めることも多いですし、「前に進めない理由があるんだと思います。それを探していきませんか?」と提案することも少なくありません。

そういうときは深呼吸をします。
大きく息を吸って、吐きます。お好みの呼吸法をお持ちの方はそのやり方で構いません。
3回、5回とゆっくり繰り返し深呼吸をします。
カウンセリングやセラピーなどでは、横に立ってサポートさせてもらうこともあります。
そうして、心を少しずつ落ち着けていくんですね。

その時、たとえばこんな言葉を口に出していただきます。

「私はまだ前に進みたくない」

どんな気持ちがするのか、確認していただきます。
腑に落ちることもありますし、すごく違和感を感じることもあります。
すーっと楽になることもあったりします。
そしたら、きっとそれが本音。

「私は彼を手放して、前に進みます。」

この言葉を言ってみてどんな気持ちですか?とお聞きしてみると、「いやっ!」て反射的に抵抗が出ました、という場合もあれば、力が湧いてきた、というケースもあります。
もちろん、どっちも正解です。

そうして、「今」の本音をこうした言葉で探っていくこともできます。

少なくても「今」を受け入れられると、心はスーッと落ち着くんです。

「今はまだ先に進まなくてもいい」
「今はまだ先に進む必要はない」

こんな言葉に胸がスーッとした、という方、とても多いです。
焦る気持ちを除けてみたら、本音はそんな気持ちだった、ということでしょうか。

いつまでここにいればいいの???と不安が募るかもしれませんが、心配は要りません。
心は基本アクティブで、私たちは原則、成長意欲が強いもの。
だから、今の自分の状態に素直になっておけば、自然と時期が来れば動き出します。
そこは心配なさらずに。

もし、「今はまだ進まなくてもいい」と言う答えにホッとしたら、一休み一休み、とお茶でも入れてゆっくりしてみてください。

そうしたゆったりした時間が心を癒し、休ませ、前に進む力を蓄えてくれるものなのです。

参考になりましたら幸い

あわせて読みたい