[174]遠距離の彼の両親に結婚を反対されたら、近くに気になる人ができてしまいました。



<リクエスト>

こんにちは、根本さんの記事をいつも楽しみにしています。
相談が少し長くなってしまいます。すみません。

私は彼の両親に結婚を反対されています。
彼の両親に反対されたことがキッカケで、
彼と2カ月くらい距離を置くことにしました。

距離を置いている間にもっと自分を磨いておこうと
ダイエッしたり趣味のバドミントンを頑張ろうと少し強いサークルに入ったりしました。

ちょうど彼と距離を置くのをやめたくらいに、
バドミントンのサークルの中の5つ下の子から好意を持たれ、
私も彼を知っていくうちに惹かれるようになってしまい、
関係を2,3回持ってしまいました。

5つ下の子には恋愛感情を持っていると思います。
だけど罪悪感があります。その子にも彼にも。
いろんな意味ですごくつらいです。

彼とは遠距離なので寂しい気持ちを5つ下の子で紛らわしているのかな、
とも思うんですが、その子にすごく惹かれている自分がいます。
実際一緒にいると楽です。

だけど、彼と電話で話していると安心します。
彼は両親よりも私を選ぶと言ってくれました。
だけど、彼の両親のこともありこれから先に不安があります。

私はどっちかを選ばなくてはいけないのですが、選べません。
何かアドバイスをお願いします。。

(じょんさん)


<根本からの回答>

心を見つめて本音を知ること、そして、話し合いをすること。

それは大変ですね・・・。
確かに苦しいし、まじめにちゃんと向き合おうと思えば思うほど、しんどいですよねー。
何とかしていきましょう。

今、どちらか選べ、というのは正直無理だと思うんです。
選んだとしても、100%その選択に自信は持てないはずだし、また、選び切れる余裕はないと思うからです。
そして、選んだとしても、その罪悪感を抱えたままではいい話も受け取れなくなってしまいます。(結婚する資格がないように感じたりね)

だから、ちょっと時間かけて、自分の心を見つめていきましょう。

ま、保釈中の身だと思ってください。
いつかは向き合うときがくるけれど、ちょっとだけ時間の猶予がある状態ね。

さて、心理学的に見ると・・・彼の両親に結婚を反対されたことで、何かしら感情、あるいは、もっと心の深いところで“ハートブレイク”が起きたみたいなんですね。
ま、ショックを受けた・・・というか。

それでちょっと距離を置きましょう、ということになるわけですが、そこでちょっとした心理的な変化がじょんさんの中におきたと思うんです。

隙間が生まれた・・・というか。

例えば、ちょっと幻滅していたり、自分はダメなんじゃないかと自己嫌悪したり、彼や彼の両親に不信感を持ったり、将来に不安を感じたり、という風に。

そうすると、その隙間というのが、5つ下の彼が入るにちょうど良い空間になったようです。

もちろん、それは意識してやったわけではないでしょう。
でも、あまりに自然にすーっと5つ下の彼とお近づきになりませんでした?

そういうところが不思議なところなんですよね。

だから、出会うべくして出会い、惹かれるべくして惹かれてる、と私は思うのです。

でも、この関係を続けていくことにはリスクもあれば、罪悪感もあります。
だから、そこから目を背けることは本当に辛いと思うんです。

ですから、この一連のできごとの中で起きた感情の動きをきちんと掴みたいところなんですよね。
両親に反対されてどう感じたのか?
その後、距離を置くことになったとき、どう感じたのか?
5つ下の彼と知り合ったとき、何を感じたのか?
その彼に惹かれていくことを、どのように感じていたのか?
その彼と関係を持ったときにどう思ったのか?

というところの本音を見つめていくんです。感情はひとつじゃありません。

でも、これは結論を出すためじゃなくて、自分を知るための行為ね。

で、そうすると、自分の何が問題だったのかが見えてきたりします。
その問題を解決していくことが、決断し易い道を示してくれることだと思います。

また、もう少し具体的には、私としては、まず年下の彼に全部を話して欲しいんですね。
彼を信頼して、そして、惹かれて行く気持ちも、結婚を考えてる彼のことも話しましょう。

そして、できれば、遠距離の彼とのことが一件落着するまで、一旦友だちに戻るのがいいと思うんです。
もし、年下の彼がじょんさんのことをちゃんと考えてくれるのであれば、それを受け入れて待ってくれるでしょうし、いい形で支えてくれると思います。

その上で、遠距離の彼に、この一連の中で起きた気持ちを伝えます。
年下の彼のことは、とりあえずは話さなくてもいいと思います。

そうして、これから二人がどうしていくのか?どうして行きたいのか?を話し合うんですね。
これは電話でいいですね。

そうすると、じょんさんの気持ちがまた色々と動き、その中で、一定の方向を指し示すときが来ると思うんです。

ちょっと時間はかかるかもしれませんが、人生の大切な時期ですので、逃げずに向き合って行きたいですね。

お手伝いできることがあれば、また私達を使ってみてください。

ありがとうございました。

=今日のミニレッスン=

「深呼吸をして、胸を張って、一歩、前へ。」そんなイメージをしてみてください。何度も何度も。

男と女の心理学

あわせて読みたい