[39]やっぱり「男はみな若い女が好き」なの?で、どうしたらいいの?



<リクエスト>

年を取ったら夫から捨てられるのではないかと不安です。「男はみな若い女が好き」という考えから抜け出せません。

(ゆうさん)


<根本からの回答>

リクエストありがとうございます!
女性にとっては「年齢」というのはとても大きな心理的不安を煽りますよね?
やっぱり若い女の方がいいに決まってる・・・という思いに一度取り付かれると、なかなか拭い去ることは難しいのかもしれません。

ただ、ご主人の浮気についてご相談いただくと、その浮気相手が年上の女性であることも意外に少なくないんですよね。
中には一回りも上の女性と浮気をしている方もいて、実際のところは年齢ではないんだな・・・とありきたりな感想を持っています。

耳ダコかと思いますが、あえてお伝えすると、20歳には20歳の、30歳には30歳、40歳には40歳の魅力というものがあります。
年相応の魅力を発揮することの方が実はとっても大事なんですよね。
それはサバを読んで、干支まで計算しとくよりも、とても大切なことなんです。

年齢と共に肌は衰えるかもしれませんが、その分、内側から「その人の生き方」がにじみ出てくるようになります。
それは男性も女性も同じことなんですね。
だから、今の私らしさ、今の私の魅力にこだわることが大切です。
何も「若さ」や「肌つや」だけが、女の魅力ではありませんよね?
他にもゆうさんには魅力がたくさんあるはずです!

・・・。

さて、またちょっと違う角度から、このテーマを眺めてみたいと思います。

ゆうさんはどうして「男は若い女が好き」という考えを支持するに至ったのでしょうか?
別に学校の教科書に載っていたわけではないですよね?
お父さんや身近な人に、そう豪語する方がいらっしゃったのでしょうか?
あるいは、雑誌やTVなどの情報から影響を受けてしまったのでしょうか?

きっと、そういう考えを持つに至る(影響される)までには、何らかの歴史の積み重ねがあったと思うんですね。

例えば、「お父さんが女好きで、いつも若い女にばかりちょっかいを出していて、お母さんがいつも泣いていた」という体験を持つと、「男は若い女が好きで、女はそんな男にいつも泣かされる」という法則を心に持つようになります。

そうすると、そこに癒すべき心の痛みが見えてきますよね?
すなわち、「家庭を顧みなかったお父さんと向き合う」「泣いてばかりいたお母さんとの関係を見つめ直す」という点で。

そうして、お父さんに対する思いが変われば、「男は若い女が好きってばかりでもないかな?」と緩和されていることもあるんですね。

ゆうさんが当たり前のように「男は若い女が好き」だと感じているとしたら、その当たり前の法則に「なぜ?」をぶつけてみると、今まで意識しなかった世界が見えてくるんです。

そうすると、ご主人との関係にもやはり影響が出てくるでしょう。

さて、そういう意味ではご主人との今の関係にも着目する必要があろうかと思うんです。
もしかしたら、耳の痛い話になるかもしれませんが、できれば読んで下さいね。

もし、今、ゆうさんがご主人に対して、ベストを尽くしてる、自分なりによくやっている、と自己評価できる状態だとしたら、きっと「若い女に・・・」という不安は出てこないと思うんですね。

どこかに私は良い妻ではない、とか、女として不十分である、とか、そういう思いを抱いてはいませんか?

そういう点でも、ご主人に対して、今より1段階ギアを上げて、ご主人に与えていく(愛する)ことも大事なことではないでしょうか?
それは捨てられないように意識することではなく、ご主人のために、自分のために、してあげることなんです。

そうすると自信が今より芽生えてきます。
「あたしっていい妻だよな~。こんな奥さんを持てる夫は幸せものだ!」
なんててらいも無く言えるようになったら素敵だと思いませんか?

=お勧め!エクササイズ=

【パートナーがいらっしゃる方へ】

今の自分を100%、パートナーに与える日を作ってみましょう。
パートナーのために、自分なりのベストを尽くしてみるんです。
一緒にいるときも、一緒にいられないときも、今彼のためにできることはないかな?という思いで過ごしてみると、後からとっても大きなギフトが受け取れます!

【パートナーがいらっしゃらない方へ】

年相応の魅力をつけよう!と新たに目標設定をしてみましょう。
同世代の輝いてる女性を見つけて、目標にしてみてもいいでしょう。
ポイントは「アタシには無理」と諦めない事!!

できれば、ちょっと大胆なくらいの方が効果的かもしれません。
より自由な発想が広がりやすくなりますからね!

男と女の心理学

あわせて読みたい