ロックマン対策として自分のロックウーマン気質を改善するという手はどうでしょう?



人のふり見て我が振り直せってことですから、ああ、自分も彼と似たところがあるなあ、と思ったら積極的に自分を見つめ直し、本来の自分を取り戻していくこともかなりお勧めです。
そもそも似た者同士であることも多いですし、その結果、関係が好転することも非常によくあるんです。

いつも根本さんのメール配信、楽しみにしています。毎回題名だけで、自分と同じにおいなのか嗅ぎ分けられるようになりました。笑

ロックマンとの距離のあけかた、についてご質問させて下さい。
~私~
38歳、シングルマザー、最近女性性が目覚めだした武闘派系のロックウーマン、5人姉弟の4番目(4女)、母は宗教依存で父は、アルコール依存(現在私は宗教脱退時に家族から勘当され接触拒否)看護師(リーダー)目標は世界平和。好きな言葉はやってみないとわからない。です!∠( ̄^ ̄)
~相手~
30歳、学生時代ゴリゴリのヤンキー(暴走族)、19歳からアメリカ留学中、ロックマン(10年前に大失恋し、以降恋愛はゼロ、10人兄弟の6番目)

元々私と彼はSNSで知り合い、意気投合。でも相手は敬語。
電話をすると6時間くらい話し、お互いが両思いであることがわかりました。でも、敬語。
付き合う話しになった途端関係がもつれました。
はは~んお主ロックマンだな?と。それに元ヤンキーだったのもあり「お?逃げんのか?私をその辺の女と一緒にしないでくんない。全部受け止めてやっから、背負ってる不安とかぶつけてこいよ、ほらかかってこいよ」と。「あたしが証明してやっから」など、愛情を挑発した気でいました。
そしたら、彼はいなくなりました(笑)
私生活でもキムタクのセリフが出る時ってのはあるんですね「ちょ、待てよ」と。

その後6ヶ月間音信不通。
その後に私からメールすると当たりが強く「もう、○○ちゃんのこと信じてないです。」と。私は愛情を言葉で与え続けてました。
私はカウンセリングしていたのもあり自己愛が目覚め、なんで私がこんな当たりが強いことされなあかんの?と思い相手に伝えると、もちのろん音信不通。
1年後に私から急な用事でメッセージすると「○○ちゃんにはお世話になってたからその依頼やります」と語尾の泣きマーク。「敬語やめていいですか?」との返信。
その後、忙しくそっけない業務連絡にしたら「色々ありがとう、○○ちゃんも頑張って!」と突き放し系のメッセージがきました。

もーわからん!非常~にわからん!と白目を向いておるところです。ただ私と似てるなーとも認識してます。
先生の動画を見るとロックマン対策には女王様スキルを磨く…とありました。でも私は自分のロックマン気質を改善すれば、彼との距離感も感覚でわかるようになるんでは?と。いかがでしょうか?

根本先生、私の文も関係性もまとまりませんぬが、何卒アドバイスをよろしくお願い致します。

今日もこれから相変わらず、患者さんの鼻をホジホジして陽性陰性振り分けてきやす∠( ̄^ ̄)先生はどうか身体には気をつけて。レッツラご自愛でございます。
敬具
(Aさん)

兼ねてから看護師という職業は(あらゆる意味で)日本最強の職種だと思っておりまして、斬った張ったの第一線で活躍される姿を柱の陰からじーっと見つめている次第でございます。まあ、自武女率100%と言われる世界だけにうちのブログでの遭遇率も高いですね。

一方、ロックマン氏というのは理論武装度においては確かに強いのですが、メンタル面では最弱の人種とも言われ、それゆえ「看護師vsロックマン氏」の組み合わせというのはよくバランスが取れているとも言えるわけです。

そもそも看護師に限らず自立系武闘派女子を標ぼうされます皆様は、ロックマン氏の強そうな態度、ガタイ、発言に「もしかしてあたしより強いお方かしら?」という幻想を抱きやすく、「あら、あたし、ただ小指でちょこんと触れただけですのよ」という一撃で彼のガラスのハートを破壊してしまう危険性がありますので常々本ブログでも注意を喚起しているところです。

もちろんそれはゴリゴリのヤンキーあがりの彼にしても同じことです。
あ、そもそも元ヤンのお兄様方は実に繊細なハートの持ち主であることも少なくないことを付記しておきたいと思います。それは本人たちも重々承知なのですが。

だから、自武女のみなさまが「ふつうにデートしよ」というのも、彼らからしてみれば「ヒグマと森の中を歩くようなものですから大変危険を感じる行為になるのです。

しかし、意地と根性で「怖い」などと口が裂けても言えない彼らは勇気を振る絞って皆様と森に蜂蜜を取りに行ってくれるのです。

そう考えたら「偉いなあ。頑張ってくれてるなあ。」と思いませんか?

さて、彼の気持ちなんて彼に聞いてみなきゃ分からんから、なんで彼がそういう態度を取ったのかを当てるのは難しいのですが、よくあるケースとして「何か踏み込んではいけない領域に土足で入り込んじゃったのかなあ?」という推測が成り立つものです。

一応、ロックマン氏も自立していますから、それぞれが独自のルールを持っているものです。(これは誰でもそうですが)

「ここからは入っちゃだめー!」という領域があって、人によってそれは「どこに住んでるの?」「どんな仕事してるの?」「休日は何してるの?」みたいなところに地雷が仕掛けられてる場合もあります。

その中でもよくあるのは「付き合う/付き合わない」という点でして、散々傷ついてきたロックマン氏にとっては「付き合う=責任=重たい=怖い=やだ」とか「付き合う=彼女が豹変=傷つけられる=やだ」とか「付き合う=結婚=支配される=やだ」みたいな思いから、「えーっ!?ヤることヤってるし、もう付き合ってるみたいなもんじゃん!」という時点でも一気にシャッターを下ろされることも珍しくなく、世界各地からそんな報告を頂いている次第です。

ま、そこで「ちょ、待てよ!」というセリフが登場するわけですな。

で、そうなったときに音信不通という常とう手段が駆使されるわけですけれど、多くの場合「返事のいらないLINE」などを定期的に送っていくと、向こうもなんだかんだ寂しいので、しばらく経つと何事もなかったかのように復活することがよくあるものです。

その“しばらく”は「踏まれた地雷のダメージに比例する」と言われておりまして、自分としては軽く踏んづけた程度だと思ったら相手にとっては激痛過ぎた!なんてこともありまして、ここは辛抱のしどころです。

で、その間に何をすべきか?と言えば、せっせと自分を磨き直すのが望ましく、知らないうちにますますいい女になっちまうことを目指すのです。

>先生の動画を見るとロックマン対策には女王様スキルを磨く…とありました。でも私は自分のロックマン気質を改善すれば、彼との距離感も感覚でわかるようになるんでは?と。いかがでしょうか?

もちろん、それもありです。
っていうか、特効薬はない上に、個別論になりますから、何をしたらいいかはひとそれぞれなんです。

そんな彼を包み込めるくらい懐のデカい肝っ玉母ちゃんを目指すもよし、
彼がついつい甘えたくなっちまうような聖母マリアさまを目指すもよし、
つい彼がおっ勃っちまうくらいの色気を振りまくお姉さまになってもよし、
彼のロリコン趣味を満たしてあげる可愛い少女になってもよし。

その辺は結局のところ「自分らしさ」を追求していくところに答えがありまして、それゆえロックマン氏は「いい女製造マシン」などと呼ばれたりします。

ロックマン氏を愛好する者もまたロックウーマンであることが多いので、じゃあ、自分自身のその自立系を手放して行こうか?というのも確かに良い作戦です。

っていうか、けっこう必須かもしれません。

ひとりで頑張りすぎる癖を手放して、誰かに頼れるようになることもその一つ。
自武女のみなさまは骨折程度のケガは唾を付けて治しちゃうと思うんですけど、敢えて病院に行ってお医者さんに頼ってみるのもいいんです。

また、つい競争心を発動し、知らず知らずのうちにマウントを取り、攻撃してしまう癖があるならば、そこを手放して「私は私、相手は相手」と自分軸を確立していくこともひとつの手です。

そもそもロックウーマンと化す裏側には「誰も守ってくれなかったから弱い自分を自分が守らなければならない」というマインドが隠れてるものです。

つまり、弱さを隠すべく強がってる部分があるってことです。

だから、カウンセリング等ではその内なる弱さと向き合っていくことなどをやっていくものです。

寂しさをずっと抱えていた。
怖いけれど歯を食いしばって耐えてきた。
恥ずかしいけど頑張って前に出てきた。
哀しいこともすべて我慢して頑張ってきた。
本当は繊細だけど思考でごまかしてきた。

まあ、人それぞれ歴史があるわけですが、自分の人生を振り返ってちゃんと承認してあげることが大事なんですよ、というお話です。

ウィルスだって怖がって近寄らない武闘派看護師の裏に、どんなか弱い少女が隠れているのでしょう?笑

よくロックマン氏を愛好する自武女のみなさまは「彼を助けてあげたい」なんて気持ちになってることが多いのですが、案外それも「投影」でして、「彼のことを助けてあげたいのは間違いないんだけど、ほんとうは自分が助けられたいんじゃない?」などという“嫌味”をつい言っちまったりするわけです。

Aさんはカウンセリングも使われているとのことなので、その点も扱っていらっしゃると思います。

そうした内側の自分と感情的に向き合うことが結果的に女性性を開くことになります。
思考ではなく、感情を扱うわけですから。

そうするとまず雰囲気が柔らかくなるんですね。
表情が豊かになったり、涙もろくなったり、よく笑うようになったりもします。

ただ、同時に今まで以上に心の動きに敏感になるので「あれ?あたし、弱くなった?え、やだ」と思うことも少なからず出てきます。

でも、それは順調な証拠。

確実に自立を手放せて来てるし、女性性のサポートを受けられるようになっているので、むしろめでたいサインなんです。

この辺になってくると職場の人間関係などに変化が現れることも多いですね。
周りから「なんか変わったね」と言われることも増えますし。

ただ、そうなったからと言ってロックマンのシャッターが開くかどうかは保障されていないのですが、女性性のサポートによって「本来の自分の魅力」が開かれているので、他の男が寄ってくることも非常に多い時期です。

そして、この辺はもう不思議としか言えないのですが、そうやって自分が変わったことで、彼の態度が急変することも少なからずあるんです。

「あれ?なんかふつうに返事が返ってきた」
「文章がなんか優しい」
「前とは別人?」

みたいにびっくりすることがある日突然起こるんです。

まあ、ちゃんとつながっているんですね。

ということで、そんな不思議な変化に「期待」するのはよくないけれど、彼に対してたいしたアクションが取れないなら、その間に自分を思い切り磨けばいいんですよ、というお話でした。

どんな方向で自分を磨けばよいか分からない方はカウンセリングとかグループセッションとかを利用してみてね~♪という宣伝ですな。

★素の自分で生きるための心のメイク落としの本&動画

『「いつも無理してるな」と思った時に読む本』(大和書房)

*セミナー動画:心のメイクを落として本来の自分らしさを取り戻すワークショップ3days

*セミナー動画:「鎧を脱いでありのままの自分を愛するワークショップ~素の自分とつながり、素の自分を愛する3時間~

★自分軸を取り戻すための本。

>新書版『なぜ、あなたは他人の目が気になるのか?』(フォレスト出版)

『人のために頑張りすぎて疲れたときに読む本』(大和書房)

◎女性性とセクシャリティとサレンダーとコミットメント~実習メインのグループセッション~
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/43397

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)
また、感想を送ってくださったり、SNSで感想をつぶやいてくださったりすると根本がめっちゃ喜びます!

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

また、お弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。
(こちらの方が圧倒的に採用率&回答率が高いです!!)


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!

『(準備中)』


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)

(準備中)


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

1か月通じて一つのテーマにてお届けする講座スタイルのオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい